スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな音が聞こえるか

大きな音が聞こえるか大きな音が聞こえるか
(2012/12/01)
坂木 司

商品詳細を見る
坂本司『大きな音が聞こえるか』パート2

30時間を超えるロングフライトの末、やって来たのはブラジル・ベレン。マンゴー茂るアマゾン河流域最大都市。

ここで、エイくんは、遥々日本からポロロッカに乗りに来たサムライとしてホスト・ファミリーに紹介される。

彼は、この地で一途な恋に落ち、身も心も成長することになるのだ。

それにしても、何てエイの身辺には、うねりが近づいてくるのだろう⁉︎

しかもグッド・ハートの持ち主ばかり!

ポロロッカには、小さな小さな企業がスポンサーのCM撮影クルー達とオンボロ客船に乗って出掛ける。

雇ったコックがイタリアンと聞いていたら、実はイタリア系のブラジリアンで、無理しなきゃ喰え
ないレベルの、インチキなシェフだったのだが。

少年はそれで、じぶんが代わりに作ることを提案するが、彼の現地での保護者・剛は即座に拒否する。

『日本料理を作るなら、まだ良い。でも余興を超えて、彼の料理に手を出すのは、彼の仕事を奪うことになる』と。

凹むよな、きちんとした理由で叱られると、、、

でも、シェフのアントニオは必死にエイに喰らいついて来て、字の読めない自分でも、美味いものが作れるように教えを乞うのだ。読者への問題提起も坂木作品の魅力で、痛さの中に在る真実まで覚悟を持って書いてあるから、改めて素晴らしいと感じ胸にジーンと来るものがあった。

船はポロロッカに備え支流を走ってるんだけど。
さすがは大河アマゾン!2つの支流が同時に交わりながら流れてるだなんて、まさに自然の驚異だ!

CMクルーのエイ少年への台詞がカッコ良い。

『大人は、子どもの楽しさを超える楽しさを経験できる。自分の人生を自分で好きな方に変えることができる。大人は、フリーだ』と。

そうこうしてる内に、ポロロッカ接近!

ここからは是非とも読んで味わって欲しいです。

大きな音の意味するところを感じて欲しいから。


←皆様の応援が励みになります。

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。