スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【平台がおまちかね】 大崎梢

平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)
(2008/06)
大崎 梢

商品詳細を見る


この単行本、装丁からして洒落ている。平台がおまちかね、と書かれたポップ、
山積みにされた書籍の帯には『編集以外の出版社の仕事、知っていますか?』これには強く興味を惹かれた。

中堅出版社・明林書房の新人営業部員の井辻くんが、出版業界で働く日常の中で起きる、
様々な謎めいた出来事に、体当たりで挑む。その様子を描いた短編が五つ収録されている。

各話は緩やかに連なっていて、ミステリ部分は勿論、謎とされる出来事を解決する内に主人公が
成長していくのが分かるのが良いと感じた。更に、彼の普通でない、本との接し方の描写が非常に面白い!

曰く、『一冊の本が気に入ると、その世界にのめりこんでしまうんですよ』だそうだ。
のめり込みかたも尋常でない。『心ゆくまで物語世界に浸り、再読し、絵を描き、

舞台となる建物の図面を起こし、ジオラマまで作ってしまいます』更に、
彼は耽溺する本を『魂本』と読んでいるそうで…。本好きならば、誰でも程度や深度の違いこそあれ、

自分なりの『魂本』に行き着こうとするものではないか、そう思うだけに、
井辻くんの本との向き合う姿勢には見習いたい点が多かった。

特に『絵本の神さま』という作品に込められた人間の運命の不思議を優しく描き出している点に惹かれると共に、
感動して泣きそうに…。地域の皆に愛されていた小さな書店が突然の閉店を決めた際に、

実は隠されたエピソードがあってという話なのだが、『そうだよなあ、人間の運命に好不調はあっても、
捨てたもんじゃない、満更人生も。』と胸に沁みた。他にも、若手の井辻くんを『ひつじくん』と

呼ぶ他社の営業真柴を初めとした、個性的過ぎる、出版社営業マンたちの付かず離れずな距離感が
ユーモアたっぷりに描かれていたり、筆者の別作品の登場人物がチラリと顔を覗かせたりと、

巧妙な仕掛けが至る所に潜んでいて、終始飽きることなく楽しませてもらった。
このシリーズ、続編も是非とも読もうと思う。読むと元気になれる素晴らしい本です!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS
↑ご希望の方は『新規登録はこちら』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。