スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神去なあなあ日常】 三浦しをん

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05/15)
三浦 しをん

商品詳細を見る


物語の書き出しから、もう、神去(かむさり)の村が、
どういった場所かと想像力を掻き立てられるところに作家・三浦しをんさんの筆の冴えを感じる。

肩の力を抜いて、安心して小説の流れに身を任せられる、それだけ信頼を置ける作家さんは、そうはいない。
よって。僕にとって三浦作品を読むことは、至福の読書時間を過ごせることを意味する。

今回も又、抜群の発想で造り上げられた物語世界が存分に楽しめた。
高校の担任が、主人公に内緒で、勝手に申し込んだ『緑の雇用』制度。

それで成り行きから『林業研修生』として、三重県の、携帯も圏外の僻地、神去村まで、
派遣されることになったのだから、設定からして、笑わせてくれる。

加えて、主人公が神去村での生活を表も裏も包み隠さず、記録する形で、
語りかけてくる告白体の文章形式が、斬新で面白い。主人公・平野勇気くんを出迎えたのは、

『ケータイ』の電池を『どうせ圏外や必要ないやろ』との、己に都合良い理由で、
いきなり沢に投げ捨てる野生児ヨキ。けれど林業の天才、空っ惚けた『なあなあ』な性格の持ち主でもある男だ。

肝心の勇気の職場。林業会社・中村林業の面々も、バラエティー豊かな顔触れだ。
『おやかたさん』と村の衆から慕われている、遣り手若社長清一さん。

教え方が荒くて厳しいヨキの代役で勇気の教育係を務めることに相成った巌さん
(子どもの頃、山の神様に認められて特別な体験をしている)。

飄々と惚けてるがいまだバリバリの現役な山男三郎じいさん。全員が、山仕事は仕事じゃなく、
生きかたそのものです、って感じなのがカッコいい。最初は神去村からの脱走を企てたりしていた勇気だったが、

山仕事のいろはから身に付けていく内に、林業仕事に誇りを持つまで成長していくのも面白い。
だが、現実では嫌な事もある。僻地な上、長年、顔見知りのみで住み暮らしていた神去村。

最初、勇気をよそ者扱いし邪険にする。が、ある事件の起きた時、
名前に負けない勇気を見せて大活躍した勇気を、徐々にではあるが、

神去村の一員として認めようとする。それもこれも、神去山の神様の威厳を、
住民全員が信仰し畏れ敬う念が、色濃く息づいているからだろう。クライマックスとなる、

オオヤマヅミの神に捧げる大祭の描写は圧巻の一言!それにしても三浦さんは、
作中人物の暮らす環境や立場の違いなどから来る心理状況を描き分けるのが上手だなぁ、と思いました!!

あ、蛇足ですが、勇気が惚れた女性含め、おかみさん達(山の神って言いますね)
の凛々しさも読後感を爽快な物にしてくれています。青春小説の大傑作をオススメ致します!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS
↑ご希望の方は『新規登録はこちら』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。