スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【山彦ハヤテ】 米村圭伍

山彦ハヤテ山彦ハヤテ
(2008/02/27)
米村 圭伍

商品詳細を見る


久々に読んだ時代小説は、溢れる人情味が全体に小気味良いテンポをもたらすのに成功している、
短編四つからなる連作短編集だった。父である藩主が急死を遂げた為家督を継ぎ、

新しい殿様として国許へと戻って来た三代川正春が主人公。
帰国早々にして彼は、領地である折笠藩五万石を二つに割った権力闘争に巻き込まれ

、命を狙われる事に。命からがら逃げた山中、遂に意識を失って、倒れていた所を助けてくれたのが、
この山に一人隠れて暮らすハヤテと名乗る謎の少年。山育ちの童と、

身分を隠しマサと言う呼び名に生まれ変わった殿様、加えて尾の千切れた狼『尾なし』
二人と一匹の奇妙なチームが出来上がる様子を描いたのが冒頭の作品【雪虫】。

実に味わい深く描かれていて、物語世界に引き寄せられた。追っ手をあの手この手で退治した後、
チームに訪れる惜別の時、山麓に木霊するハヤテが唄う童歌が心に沁みる。

お城に戻ってからもマサは藩内部に渦巻いている様々な陰謀に手を焼き、
その都度、事態から逃げ出してばかりなのだけれど、人徳があるのか、天運に恵まれているのか、

ハヤテ初め周囲の助力を得、次第に一国一城の大名の貫禄がついていくから不思議だ。
マサの成長は、少年ハヤテにも影響を及ぼし、山出しの自由児だった彼が、最終話【通せんぼ】では

江戸に向かう大名行列の輪に加わり、ある重要な任務を遂行するまでになる。
のだが、作者はラストにもう一つ、ハヤテに試練を与えるのだ。ハヤテは江戸の旗本の所に

届けるようになっていた品物を置き引きされてしまう。
途方に暮れていた所を地元が縄張りの餓鬼大将に助けられ、犯人に辿り着くのだが。

何と犯人はハヤテを捨てて国から消えていた父親だった!
さぁ果たしてハヤテの運命や如何に!? 時代小説らしい結末の妙味に痺れた次第であります。

読み応え満点エンタメ小説をあなたにも!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。