スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人質の朗読会】 小川洋子

人質の朗読会人質の朗読会
(2011/02)
小川 洋子

商品詳細を見る


絶え間ない生と死の狭間を僕らは生きているのではないだろうか?この本を読みながら何度も感じた事です。
小説としての構成、内容共にまごうことなき傑作だと思います。反政府ゲリラの人質として捕らわれた、

八人の日本人が、人質解放の為に行われた強行突入の際、ゲリラの仕掛けていたダイナマイトの爆発により
全員が爆死したと、冒頭に明かされます。けれども、衝撃的事件から二年の歳月が流れた後、

人質事件は思わぬ形に姿を変え再び人々の元へ戻ってくることとなって行きます。
彼らが捕らわれていた、小屋の中での日々の暮らしを盗聴したテープが発見されたのです。

テープには八人が自ら書いた話を朗読する声が残っていました。
この朗読の意図する所は決して遺言を残すと言った物などではなく、

むしろ今自分たちに必要なのはじっと考えることと、耳を澄ませることだと言う意味合いを持ったものでした。
考えるのは、いつになったら解放されるのかという未来じゃない。

自分の中にしまわれている過去、未来がどうあろうと決して損なわれない過去の記憶です。
このようにして『人質の朗読会』は続けられました。八人共に実に深い、

人生そのものを切り取って語って行くのですが、どの人にも共通するのが、
日常の中に在る死の周辺の出来事について触れた経験があるという点で、何より現実的に響いて来ました。

朗読会の最後には朗読者の職業と、旅行に参加した経緯の説明もされるので、
過去の体験が現在に如何なる影響を与えたか思い知らされます。そして八人の朗読が終わり、

九人目の人物が話し出す時、あなたは運命の不思議さに唸らされる事でしょう。
是非とも手に取って頂きたい、完璧さを持った小説です!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。