スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【四畳半王国見聞録】 森見登美彦

四畳半王国見聞録四畳半王国見聞録
(2011/01/28)
森見 登美彦

商品詳細を見る


もう、登美彦氏ってば阿呆なんだから!でも男汁だくだく、
ぐだぐだの愛すべき阿呆たちの生態を書かせたら登美彦氏の右に出る者は居りますまい!!

今回の作品も思う存分楽しませて頂いた次第である。森見作品と言えば、
世にも阿呆な団体や名称が次から次へと登場してくるのが常なのだけども、

四畳半王国の王者を自称する者、阿呆神の存在を侃々諤々、ひたすらに議論する者たち、
四畳半統括委員会、詭弁論部に、図書館警察、大日本凡人會等々、こうなるとこちらも半分ばかり阿呆になり、

半開きの口から涎をたらし呆けて状況に流されるより他には手段を持たなくなるのだ。
更に登美彦氏の作風の魔力、もとい、魅力として人物造形の巧みさが挙げられるであろう。

【夜は短し歩けよ乙女】にも登場した天狗を自認する樋口、阿呆の中の一輪の花、黒髪の乙女。
他にもマンドリンの演奏を辻説法と無理矢理合体させサークルを追われる事と相成った阿呆学生丹波。

大学で栄養学を教える傍ら、世界各地へ美味いもの探しへ出かけては、
連続冒険活劇さながらの調査を遂行することで著名でありながらも、

背中に貼り付いたヤモリに怯え甲高い悲鳴を上げる、愛すべき存在淀川教授。
空海の高みを目指しては、まず手近な鞍馬山を攻めて、遭難し、野生の猪の突進から、

危機一髪で生還した茅野。黒髪の乙女に言わせると、そう『見渡すかぎり阿呆ばっかり』なのである。
で、あるがしかし、作家森見登美彦氏の特別である所以は時空間を悠々と泳ぐような筆捌きで、

『一切は蝸牛(かたつむり)の角の上で繰り広げられていたということを忘れてはならない。』と、
寸鉄読者を刺す、絶妙の皮肉な哲学具合に在るのではないだろうか。作家論はともかくとして、

この短編集に所収の七作品、べらぼうに愉快だった。中でも不条理かつ、
訳の解らない筋書きが次第に滑稽さを加速させる【グッド・バイ】が最高だった。

笑える本が読みたい方、世界の不条理を嘆いている方等に読んで頂きたい傑作です!


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。