スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新装版 光に向かって100の花束】 高森顕徹

新装版 光に向かって100の花束新装版 光に向かって100の花束
(2010/11/02)
高森 顕徹

商品詳細を見る


本が好き!さんから献本いただきました。ありがとうございます!!!
帯に『心をいやし、元気がわくヒント集』とある様に、100個の人生へのヒントが1つ辺り、

およそ3分で読めるので、気構えることなく、本の中に集中する事が出来ました。
登場する人も多種多様で、宗教者、哲学者、医者、商人、軍人などから、

私たち一般市民の言動に至るまでが載っていたので、『次はどんな人物の言葉が読めるだろう!?』と
頁を捲るのが楽しみだったです。更に、面白く感じたのが漢字の成り立ちや意味の解説や、

教訓が込められた川柳。これには心の汚れや凝りを洗い流してもらった気がします。
では、特に印象に残った言葉やエピソードを紹介したいと思います。

『儲け』は「信用のある者へ」と書いてある。たとえ自分に不利益なことでも、誓ったことは、
必ずはたすのが信用の基である。はたせぬ約束は、はじめからしないこと。

相手に迷惑をかけるだけでなく、己をも傷つける。 この考え方は目から鱗が落ちる思いでした。
人を出し抜き利益を得るのではなく、あくまでも他人を活かす約束を果たすことが、

自分の儲けとして還元される。奥が深いなとしみじみ感じました。次に良いなと思ったのが
『かんしゃくの、くの字を捨てて、ただ感謝』ならぬ堪忍、するが堪忍。

『大切なのは心であり、心の持ちようである。短気と言うのは、どうかしたおりに、
自分自身が出すものだから、自分が出さなければ、どうして短気が出るものか。』

確かに思い当たる節があり反省しました。腹を立てるのは確かに自分の中で怒りを爆発させているだけに
過ぎないな、と。最後に特に印象的だったエピソードを書こうと思います。

『アレキサンダー大王がいたとき、ディオゲネスという哲学者がいた。彼は樽を我が家として、
あるときは街に現れ、あるときは里に出て、多くの人を善導した放浪哲学者であった。

大王は彼のことを聞いて感心し、ほうびを与えようと思って、彼を訪ねていった。
「国の人々を善導してくれて、まことにありがたい。必ずかなえてとらすから、なんでも欲する物を申してみよ」

ちょうど、いい気もちで日なたぼっこをしていたディオゲネスは、
「さしずめ、わしの欲することを言えば、おぬしがわしの前からのいてくれることじゃ。

おぬしのような大きなズウタイで、太陽の光線をさえぎられては、かなわんよ」と、
きっぱり答えている。四海にとどろくアレキサンダーの権威も、この男にかかっては、

ゴミやホコリほどの値うちもない。』「金も名誉も地位も命もいらないやつほど、
始末におえぬ者はない。しかし、そんな者でなければ本当の仕事はできぬ」といったのは西郷隆盛であった。

目先の権威や名声に尻尾を振るのではなく、目の前にいる人の中身こそが肝心なんだなぁ、
と正しい人間の見分け方を教わった気がします。この本の100個の教えの中から、

あなたはどんな光を見出だすでしょうか!?

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

短く深みのある言葉に惹かれます

箴言集のような本は、短く完結しているので、色々な雑事がある時にも少しずつ読めてありがたいですよね。私が今読んでいる本も、短いエッセイを集めたものですが、冴えた文章に抜き書き癖が再発しそうです。

敦さんへ

この本、宗教色がギリギリまで押さえられていて、エピソードも豊富だったので箴言集として最適でした。

抜き書きした言葉って、後から血肉に変わりますよね。
Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。