スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【きみの友だち】 重松清

きみの友だち (新潮文庫)きみの友だち (新潮文庫)
(2008/06/30)
重松 清

商品詳細を見る


大号泣しました!本を読んで、こんなにもボロボロと泣き声を上げて泣いたのは一体何時いらいだったかなぁ?
その位、小説世界が胸に響いて来ました。構成は、ある事故で歩けない足になってしまった恵美ちゃんと、

腎臓病のせいで学校を休みがちな為なのか、何をさせてもグズな由香ちゃんの2人が『みんな』の輪を離れ
2人ぼっちの友だちとして小学校、中学校と成長していく中で、

時々2人と接触する『友だち』の姿も記した部分と、恵美ちゃんの弟で、勉強に、
スポーツに大活躍の文彦ことブンと、ブンに匹敵する、スター、モトの2人が友情を育む中で、

彼らの周りの人たちから、様々なタイプの男子にスポットライトが当てられる部分とに
時系列を前後させながら進んで行きます。僕が特に良いなと思ったのが、

ブンのパートに出てくる大学生になっている、恵美姉さんの、
弟くん世代への直球過ぎる位に直球なアドバイスの仕方。冷めて、

ぶっきらぼうに見せつつも芯は温かい所に、奥深さを感じて、毎回ふむふむと頷かされました。
それ以外の部分も、勿論抜群な内容で、それぞれに『きみ』と呼ばれた主人公たちには、

『あぁ、こういう同級生いたなぁ』と。八方美人が仇になり、フラフラしてる内に
『みんな』から弾かれてしまった堀田ちゃんと恵美ちゃん、由香ちゃんとの、一瞬限りの交流。

中学生になり、みんなのスターになったブンちゃん。『今もまだ親友だよな、俺』と悩む三好くんに
恵美姉さんが教え諭す『ぐりこのグーでしか勝てない。人の半分しか勝てない子も居るんだよ』的な

アドバイス、的確さに舌を巻きました。親友だと信じてた子からの度重なる無神経な仕打ちに、
神経性視力障害になってしまったハナちゃん。恵美ちゃんはハナちゃんにこう言います。

『わたしは、一緒にいなくても寂しくない相手のこと、友だちって思うけど』恵美ちゃんの、
この覚悟は何処から湧き出て来るんだろうと感心すると同時に、少し不憫にも思ったのが、

正直な所でした。補欠中の補欠のサッカー部員。良い所無しの佐藤先輩が、
ブンや恵美姉さんとの関係から見つけた等身大の自分自身、この作品からは冴えなかった

中学生の自分が見えた様でした。前の中学で受けたイジメの傷を抱えて転校してきた西村さん。
彼女が千羽鶴に込めた思いと、またも顔を覗かせる【みんな】の残忍さ。

そんな中で、【みんな】から独立している恵美の姿は、西村さんにどの様に写ったでしょう?
その様な流れで作品は終盤を迎える訳ですが、ここに大いなる泣かせ所があります。

ただ、読んで感じたのは、単なるお涙頂戴には、決してなってはいないという事。
それは多分、恵美と由香の刻んできた月日が、並々ならぬ覚悟で過ごして来たからに違いありません。

なので、この場面、最終的には清々しい涙を流せたと思っています。
そして、明かされる生徒たちを『きみ』と呼んでいた人物の正体には、

驚きと共に、祝福の拍手を贈りたいと思います。素晴らしい物語に乾杯!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。