スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【むかしのはなし】 三浦しをん

むかしのはなし (幻冬舎文庫)むかしのはなし (幻冬舎文庫)
(2008/02)
三浦 しをん

商品詳細を見る


限りなく壮大な試みに挑戦した作品集である。昔話を現代社会に採り入れて作品を展開させたら、
語り手や聴き手は果たしてどの様な存在になるのが相応しいかというテーマに真正面から取り組んでいる。

決して安易なパロディーに走らず、今の社会の取り立てて大きくはない日常から非日常性が立ち上がるのを
目を凝らして観察した結果が、収録されている七つの中・短編小説として昇華されているのではないかと思う。

冒頭に記された言葉も頁を捲るに連れ、加速度的に印象が強くなる。ここに引用したい。
『わたしを記憶するひとはだれもいない。わたし自身さえ、わたしのことを忘れてしまった。

胸のうちに、語り伝えよという声のみが響く。これはたぶん、思い出のようなもの。
あとはただ、ゆっくりと忘れ去られていくだけの。』

現在が過去に、それより遥かに時が経ち、風化して、我々現代人も
『むかしむかし』と語られるような日が来るのだろうか?想像してみると、

なんだかじんわり楽しいではないか…。改めて、書き手としての三浦しをんさんの手腕には脱帽する。
更に中盤に収録されている【入江は緑】から、当初は一つ、一つの小説が個別に独立しているかの様に

思わせられていた、作品同士が、実は微妙な相互関係の下繋がっていた事に気付かされ、とても驚いた!
『地球は三ヶ月後に衝突する隕石によって滅亡する。だから木星までロケットに乗って脱出する人類を、

都合、一千万人抽選する。当選者番号は随時ニュースで発表される。』特にヤラレタ!と
思ったのは冴えない空き巣が刑事相手の調書に応えているだけだと思っていた、【ロケットの思い出】と、

【たどりつくまで】に登場する、怪しげなタクシーの乗客との接点に気付いた瞬間だ。
これ以上いうとネタバレになるから言わないが、この伏線の回収以外にも様々な仕掛けが用意されているので

是非とも探される事をオススメする。それにしても。一千万人を木星に運ぶのには何回ロケットを
飛ばさなくちゃいけないのだろう?なんて事を本編中唯一の中編

【懐かしき川べりの町の物語せよ】を読みながら思った。作中の主人公で伝説の不良モモちゃんは、
あっさりとロケットに乗ろうとするあがきは捨て『死ぬことは、生まれたときから決まってたじゃないか』と

滅亡する運命に従ったのだ。だが。モモちゃんとの、ある夏の日は語り手が居る以上、
永遠の物語りとして聴き手に受け継がれてゆく。三浦しをん作の、傑作昔話の誕生だ。

小さな頃、【桃太郎】や【浦島太郎】を語り聴かされた時の様な胸のときめきを持って読んでもらいたい。
最良の読書時間をお約束致します。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

初めまして

初めまして、璃薇と申します。

三浦しをんさんの本が好きで、久しぶりに本棚から引っ張りだしたのが昨夜。
読み終えた後で、この本を読んだ他の人はどんな感想を持っているんだろうとネットで調べてみたら驚きました。

まさか、こんなに詳しく本のお話をしてらっしゃる方がいるなんて。
感想や書評を読んでいると殆どの方がやれここが面白くない、この文章の意味がわからない。
なんて書く人が多くて。
わからないかったり好きになれないのなら、【自分には合わない】と表現すればいいものを。
確かに消費者である読者は批判をする権利を得ては居るけれども、本が好きならどんな本でもどんな作者でもまずは敬意を表するべきでしょう?

そう思いながらいつも眉間にシワを寄せてパソコンの前に座っていた私でしたが、今回このブログに出会った時には喜々としました
なんて深くまで読み込んでいる方だろう!
私が気付きもしなかった点まであるようで、驚きました。
例えばタクシーの乗客と空き巣の接点。
このブログを読んでからもう一度目を通しましたが、どうしてもわからない!
それが嬉しくて仕方がありません 笑

あぁ、やっぱりこの時代でも読書家はいるんだ。
私の周りにいる人達は私が読む本を難しいと言って興味も示さないけれど、読み込んでいる方がいるんだ!
仲間を見つけた気がして。(すみません、勝手に 苦笑)
またこれからもこのブログにお邪魔させて頂きたいと思います。
ちらっと拝見しただけですが、管理人様(すみません、お名前がわからないので。)の本の好みが私と似ているような気がしたので! 笑
私が知らない世界を教えて頂きたいですし、自分が読んだ世界にまた違う目線で触れるというのも楽しくて好きなので。
「あー!そうそう!」「そうか!そう云うことか!」なんて、騒ぎながら楽しく拝見致しますね 笑

では、乱文失礼致しました。
そうそう、タクシーの乗客と空き巣の接点について。
何処かでお話頂けないかな?なんて、少しだけ期待していますので! 笑

璃薇様へ

初めまして。

夫婦にて、このブログを運営しています、ジーナフウガの書評担当

風雅と申します。身に余るお褒めの言葉を頂戴致しまして

汗顔の至りでございます。ましてや、持病を抱えている為

皆さまの読書ペースの三分の一ほども読んでいない私を

読書家と呼んで下さり光栄です。とにかく書評はその本から受けた

喜びや驚きなどのプラスの感情を書き綴っていこうと

考えて書き続けて来ました。璃薇様の仰る通り作者への

感謝の念及び素敵な時間を過ごさせてくれたことに対する敬意

だけは常に持ち続けていきたいと思っております。

なにより、読書は人生を豊かにしてくれる

宝石の様なものだと、考えていますので…。

璃薇様の喜びが私自身、非常に嬉しく励みになります。

今後とも相互交流をして頂ければ幸いです。

璃薇様のところにも寄らせて頂きますね。

三浦しをんさんの『むかしのはなし』への評価

ところどころ、現在、忘れかけていますので

再読して、またお知らせいたしますね。

それでは、寒くなりましたのでお身体には

充分お気をつけ下さいませ<(_ _)>

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。