スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東と西 1】 いしいしんじ、西加奈子

東と西 1東と西 1
(2009/12/01)
いしい しんじ、西 加奈子 他

商品詳細を見る


表紙に書いてあるキャッチ・コピー『日本じゅうを言葉の力で縦横無尽に飛んでいく新しい小説集。』
『日本には、まだ小説がある。』と言う何とも言えない、力強さに惹かれ手に取った一冊。

東西6名、実力作家の手による書き下ろし中編小説集。いしいしんじ作品【T】
とにかく、もの凄い破壊力を持った文体を直球ど真ん中で、ズシンズシン放ってくる。

読んでいて、ひたすら圧倒されまくりだ。例えば…。
『Tがいなくなった。そんでまた回転してあらわれた。(中略)なんでこんなネバネバすんだろうな。』

と来られたら、こちらは平身低頭のまま、言葉を浴びるしかないではないか!?
信州松本で育った『池田』という苗字の男の数奇な成長ぶりが語られる前半、そして、

松本に居る時に身に付けた、土方仕事を通じ就職した大阪樟葉(くずは)で
土着的な生活を過ごす穏やかな日々が描かれた中盤。だが、物語後半、文字通り池田の身の上に

奇想天外な事態が起こる!是非とも、読んで体感して欲しいシュールな世界だ。
西加奈子作品【猿に会う】中学生から短大まで一緒で、卒業してからも変わらず

仲良しな実家暮らしの関西人女子三人組の日々を、淡々とした筆致で切り取って見せてくれる。
なるほどなぁ、と思ったのが、スパゲッティが食べたいと言った女の子に、別の女の子が、

『今時はパスタって言うんやで』と教え諭すシーン。男子では知り得ない真実味を覚えた。
それにしても、この作者は、何気なさ過ぎて見落としてしまいがちな、

日常にほんのすこしだけドラマ性を与えているはずのエッセンスを丁寧に拾い上げ、
物語に抑揚を付けるのが巧い人だなと感じた。栗田有起作品【極楽】

河童のQが長い長い旅路の果てに行き着いた極楽とは一体、どのような場所なのか?
独特のブラックユーモアが散りばめられた快作です。お次は、この本の装丁担当をしている

池田進吾さんの初の作品【赤、青、王子】装丁をされてるだけあって色を表現する手際の良さが素晴らしい。
赤いインクに、青いインクを練る仕事。まだまだ世の中には奥深い職業の世界が広がっているようだ。

藤谷治作品、これが出色の素晴らしさ。花魁清鶴と酒問屋の若旦那進兵衛の恋模様
【すみだ川】はまるで古典落語の人情噺に触れているようで、ちょっとグッと来る物語でした。

この独自の内容世界を持つ作品集もいよいよラスト。森絵都作品【東の果つるところ】
日本人が歴史を通じて守り抜いて来た『家』と『家族』その家が、家族が守って来たものが、

狂信的な左右対称のみ良しとする名付けの歴史だとしたら、あなた一体どうしますか?
非現実的な現実が迫り来る筋書き。冷や汗をかきつつ読み切りました。

それにしても読書筋力を鍛えられる良い企画のシリーズが読めたと満足しています。
是非あなたも体験されてみませんか?

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。