スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【草祭】 恒川光太郎

草祭草祭
(2008/11)
恒川 光太郎

商品詳細を見る


背筋が、ぞわり!と泡立つ。けれど快感なり。日本人が民俗学的にも、
DNAの中にも有していると思われる『畏さ』に訴え掛けてくる恒川光太郎の、独特の『和』の世界。

読んでいて、凄みが心臓を直撃してくる感じさえする時がある。
なのに、一旦読み始めると、止められない、止まらない感が生ずるのは何でなのだろう?

この作家にしか書けない視点が確実にあるから中毒になってしまうのだろうが…。
のっけから、興奮気味に作者を紹介してしまったが、もう本当に、一度体験して下さい、お願い致します。

そう懇願したくなる程の作家なのである。それでは、いよいよ、内容と感想の紹介に移りたいと思う。
物語は美奥(びおく)の町を舞台にした短編が、連作となって記されている。

一作品目【けものはら】ある日突然、行方知れずになった親友を探そうとして、
自分達が小学生だった頃に迷い子になって足を踏み入れてしまった、

団地の奥にひっそり存在した怪しげな野原の事を思い出した主人公。
そこは、実に禍々しい場所で、じっとしているだけでも、魔に魅入られそうな空間であるにも関わらず、

探し当てた主人公の親友は、ずぶずぶに、野原の呪力に運命を支配されてしまっていた…。
美奥の町の図書館の古い文献にも、伝説的逸話が記されている【けものはら】。

果たして主人公と親友の身の上には、どの様な結末が用意されているのだろうか?
二作品目【屋根猩猩(しょうじょう)】美奥の更に奥にある尾根崎地区には、屋根神様として、

猩猩像をのっけるしきたりが、今も息づいている。お酒が好きで、いたずら好きな妖怪。
昔、屋根の上で宴会をしていて、人間ともよく取引をしたらしい。そんな民間伝承の主は実在していた!

屋根神を名乗り、何処か得体の知れない所がある少年タカヒロと遭遇してしまった、主人公の美和。
度々美和の眼前に現れては不可解とも取れる言動を繰り返します。

美和も、謎だらけのタカヒロに付き合わされる格好で彼が持つ神通力の様な物を知る羽目になります。
そうしてタカヒロは、クラスメイトから嫌がらせを受けている美和への解決方法として、ある、

とんでもない手段を用いるのですが、身の毛がよだつとは、こういう現象を言うのであろうな、と。
三作品目【くさのゆめがたり】山奥に庵を結び住み暮らす叔父の元、自然界の中を生き抜いて来た少年テンの、

半生を描いた短編小説。ラストに近づくに連れて切なさが加速していき圧巻。四作品目【天化の宿】。
父親の歪んだ価値観に支配されている家を飛び出したゆうか。いつしかクトキ=苦解きの旅の旅人と見なされ、

旅の宿で苦解きの為のゲーム『天化』をするよう言われる。世界そのものを模したかのようなゲームは、
対局する度ごとに自分の人生を解いて行きます。ゆうかちゃんは最終的にどうなってしまうのでしょうか?

遂に最後を飾る五作品目【朝の朧町】です。主人公香奈枝は、ある悲しい事件に巻き込まれた女性。
彼女が居候させてもらっている長船さんは、過去も現在も同時に存在する幻の町を、

森の奥に造り、その場所の創造者として、現実と幻とを運営するような存在だったのだが、
惜しくも病気により亡くなってしまう。残された香奈枝は、どのようにして現実へと帰還出来るのか?

この作品を終わりに持ってくる恒川さんの審美眼の確かさを感じた。
幽玄なる世界の奥深さに震えて下さい!本当に素晴らしい本です。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。