スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ぼくは勉強が出来ない】 山田詠美

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
(1996/02)
山田 詠美

商品詳細を見る


長らく読まず嫌いをして来た作家、山田詠美。なんだかおっかない印象があったからだ。
所が、あらゆる時代の日本文学の魅力的箇所を抜き出した一冊の本を読んで印象がガラリ変わった。

ポップで、ユーモアに溢れ、適度に毒気をも含んだ文章から
何とも例えようのないチャーミングさを感じたのだ。で、代表作を読んでみることにした。実に良かった。

主人公の時田秀美くんは、学校の勉強なんて出来ない。けれども、高校生活の中で、
いわゆる高校生らしい学生生活なんて、ほんの些細な物だったよなぁ、って自分の高校生時分を思い出す。

すると、当時には気づく事の出来なかった事柄の意味がありとあらゆる記憶の中から実感を伴って甦り出し、
作品世界にスイスイと入り込む事が出来たのだった。多分、作者山田詠美さんは、

思春期未明の学生よりも、思春期が明けて久しい僕ら大人に、
挑戦状の様な形でこの本を書き上げたのだと思う。所で、あなたの感性まだ大丈夫?って風に。

はっきり言って時田秀美くんは平均的な学生より遥かに経験値も高いし、独立心も旺盛な高校生だと思う。
だからと言って彼が完全に成熟した大人である訳がない。年相応の悩みや問題に直面したりもする。

真夜中に、年上の恋人桃子さんに逢いたくなり、連絡もせず出向いては散々な目にあったり。
突然の友人の自殺に、日々過ぎ去って行く時間が、如何に個人の頭上を不平等に流れていくか考えたり。

かと思えば世間が『女で一つで子どもを育てる親は苦労をするに決まっている』と
レッテルを貼りたがるのに猛然と反発心を抱いたりする。この反発する気持ちや視点

(例:『おまえはすごい人間だ。認めるよ。その成績の良さは尋常ではない。』<略>
『でも、おまえ、女にもてないだろ』)などは結局、大人になっても一向に成長しないし、

薄まらない、どころか胸の奥、確実な塊になって居座り続けている、僕の場合は。
全く厄介だけど凄い痛快だ。痛快ってのは痛みの向こう側へと乗り移れた感覚がするので

タフな感じがして好ましいのだ。読んでいて何度となくニヤニヤしてしまった、良いぞ時田秀美くん!!。
そう思いながら読み終わると、あとがきで山田詠美さんが実に素晴らしいことを述べておられていて

猛烈に感動した。長くなるがここに書き記して置きたいと思う。
『私の心は、ある時、高校生に戻る。あな時と同じように、自分のつたなさを嫌悪したり、

他愛のないことに感動したりする。そんな時、進歩のない自分に驚くと共に、
人には決して進歩しない領域があるものだと改めて思ったりする。』

『そこで気付くのだが、私はこの本で、決して進歩しない、そして、
進歩しなくても良い領域を書きたかったのだと思う。』

『大人になるとは、進歩することよりも、むしろ進歩させるべきでない領域を知ることだ。』
自分の大人力に自信のない人や、自分探しの旅から疲れて戻った人にこそ読んで欲しい名著です!!。


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。