スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【武士道エイティーン】 誉田哲也

武士道エイティーン武士道エイティーン
(2009/07)
誉田 哲也

商品詳細を見る


予約の波を掻い潜り、ようやく借りられた、【武士道エイティーン】
このシリーズ三部作最終巻に当たる本巻も抜群の面白さだった!!

それにしても主人公の成長ぶりに驚かされた。シックスティーンの時は
『斬るか斬られるか、周りは皆敵と思え』と自分に言い聞かせていた香織が、今作、

エィティーンでは最上級生として自分の剣道をチームの為に活かす、
いわば活人剣を振るう迄に変化を遂げたのだから!!。変化という面では香織のライバル、

早苗も負けていない。入学当初、香織から『お気楽不動心』等と呼ばれた性格や言動の上に、
しっかりとした根が生えたというか。前作セブンティーンでスポーツとして安全に当てるだけの、

目先の勝負にだけ拘り続ける剣道を標榜していた、同級生黒岩怜奈と決闘を果たした事が大きいのだろう。
何と言うか風格まで漂わせているのだ。何処までも好対象な香織と早苗。

二人の最終目標であるインター杯での再試合、互いの剣道を確かめあう約束をしているのが、
青春らしくて爽快に感じられた。そして、この剣士二人に大きく関わって来た脇役にもズームを当てた、

見事なスピンオフ作品群四編も実に読み応えがあった。
『あぁ、なるほど、あの伏線はこういう感じで回収されていく訳なんだ』的な

若干ミステリーを感じさせた香織の師匠のエピソードには
本格ミステリー作家である筆者の実力が窺えた。剣道とミステリー、奥深い剣の道。

武士道とタイトルに付けられるだけあるなと感じた。運動競技の経験はないのだけれど、
こうして読んでみると、実際に会場に足を運び、生で試合を観戦したくなるから不思議だ。

武士道シリーズ、実に、実に素晴らしいシリーズだと思います。この夏、一気読みは如何でしょうか?

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。