スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【かのこちゃんとマドレーヌ夫人】 ~犬も猫も人間も~

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る


奇想天外な作品を次々と世に送り出して来た万城目学氏最新作は、
書き下ろし新書と言う読者にうれしい1冊だった。その優しい姿勢に作品全体が覆われているので、

読んでいて心が『ほんわり』柔らかく揉み解されて行くのが感じられる。
猫のマドレーヌ夫人を初め、彼女が理解する外国語によって種族間の垣根を

乗り越え夫婦関係を築いている柴犬玄三郎、そして鹿からのお告げによって
(万城目ファンにはニヤリとしてしまう演出だ。) 「かのこ」と名付けられた春が来ると

小学校に入学する主人公かのこちゃん。動物、人間を問わず、登場して来るキャラクターの姿が
実に丁寧に描かれていて微笑みを覚えずに居られない。指しゃぶりを、

どうしても止められなかったかのこちゃんが、マドレーヌ夫人との画期的なやりとりを経て、
知恵が啓かれる場面の描写等は、些細な日常生活の中から、

生きる上で大切な知恵に気づくのだなぁ、等と得心した次第である。
そこから小学一年生のかのこちゃんが凄いスピードで知恵を吸収していく日々が始まる。

思わず、『そうそう!低学年ってば、そうだよな!!』との実感があったのが『これは何?』
『あれは何?』と疑問をぶつけ始める点や、「難しい言葉かつ変な響きをもつ言葉を覚えたがり使いたがる」

点だった。子供なのに、その中に大人的な成分が入ってくる快感を懐かしさと共に思い出した。
だから「男子と女子、どっちが難しい言葉を知っているか合戦」の、

男子や女子の白熱するプライドを賭けた勝負の行方には、こちらも熱くなる物があった。
その他に、もう一つ、小学一年生にとっての大切な事。友達をつくる事!

これはどんな友達でも良いと言う訳ではなくて、ある意味、人生で初の自ら友達関係を築く為に
行動して得る友人である。かのこちゃんのお父さんが言う通り、正に『刎頸(ふんけい)の友』でなくてはならない。

かのこちゃんが出逢い、大親友となるすずちゃんのなかなか簡単に
友達にならない意地の張り方には爆笑してしまった。負けず嫌いもここまで行くと超一級品である。

さて、かのこちゃんと並び作品タイトルに名前が表記されている、猫のマドレーヌ夫人の事を書き記そうと思う。
雷鳴る日に、庭に現れた彼女。かのこちゃんによってマドレーヌと名付けられたメスのアカトラに

「夫人」との名称が冠せられたのも、猫族で、彼女のみが「外国語」=「犬語」
を話せる不思議と無関係ではないだろう。ご主人である老犬玄三郎さんの全て大らかに包み込む、

器の大きさも手伝って嵐の日の二匹の出逢いのシーンには犬と猫とが互いの
「言語」の壁を乗り越えるだけの圧倒的な美しさが存在する。美しさは優しさへと通じ、

優しさは愛や絆を強く深くさせ、奇跡さえも起こしてみせる!マドレーヌ夫人の身の上に生じた魔法は、
一重に、玄三郎さんやかのこちゃんへの純然たる想いがあるからで凄く素敵だなと感じた。

愛や、絆についても考えさせてくれて心が暖まる一冊です。大切な人を思いながら読んでみて下さいね!!


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。