スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【武士道セブンティーン】 誉田哲也 ~武士道の先に2人の少女が行き着いた境地とは~

武士道セブンティーン武士道セブンティーン
(2008/07)
誉田 哲也

商品詳細を見る


香織と早苗の2人が、それぞれの武士道探しをした1年を描いた前作【武士道シックスティーン】を引き継ぎ、
今作で2人は17才、高校2年生に進級した。冒頭、父親の仕事の都合で九州に引っ越す事になった早苗に、

『転校したら何処で剣道を続けるのか?』そう問い掛けて来る香織に
『転居先では剣道するのは止めて元々していた日本舞踊の教室でも探そうかな…』

なんて心にもない嘘をついてしまう。この部分には、香織と早苗の関係が単なる親友ではなくて、
剣を交えながら互いに互いを認め合った後、戦友で剣友になったという経緯が関係していると思うのだが

2人らしくて、とても良いエピソードだと感じた。そんな早苗だが九州の強豪校・福岡南高校に編入後は、
慣れない稽古内容に戸惑いつつ、なんとか自分の武士道を見付けようと模索する。

ところが!青天の霹靂とでもいうべきか、福岡南高で早苗の親友になったレナは、超のつく程合理的思考の持ち主。
武士道ではなく剣道を理論的に高め、それを究めた後、実践して行こうという女性剣士だったのだ。

福岡の剣士達に負けず劣らず、自分剣道、否、武士道に大きな変化があったのが香織だ。
宮本“新免”武蔵を心の師として仰ぎ、入学当初、周りは全て敵として捉え、

信ずる物は己が武士道のみだった彼女も、おおらかで、マイペースな早苗の剣や、周囲の先輩、
中等部の後輩とのやり取りを経て、知らず知らずの内に、自分の武士道を一回りも二回りも、

大きく成長させつつ2年生としての日々を送っている。早苗の不在を埋める様な、
無邪気な後輩田原さんの存在や、情けないけど何処か憎めない所のある、

清水くんなどの面倒を口では嫌がりながらも、何だかんだで相手のペースに乗せられてしまう
若干お人好しな部分が顔を覗かせるのにも好感が持てる。香織にせよ、早苗にせよ、

関わる人や環境などで変わって行くものなんだなぁ、と思春期ならではの戸惑いも含めた展開に大いに惹かれた。
試合面=武士道でも、『勝負に勝って試合に負けた』と感じられるように変化しているのも、

彼女の中に幅と広がりが出来て来ているように感じた。対照的に、
どちらかと言うと東松にいた時は香織の強烈な個性の中和剤的な面が強調されていた早苗に、

強豪校ならではの清濁併せ呑んだ様々な出来事が襲ってくるのだから、
本当に世の中どう転ぶか分かったもんじゃないのだ。2人の再会にしても、

それまでには互いに紆余曲折を経験せずにはいけなくなっている辺りに、
このシリーズの底知れない面白さの秘密があるように感じた。そして秘密の先にはもう1つ、

隠された因縁の対決も待ち構えているのだから、この作者誉田哲也さんの、
筆力には思わず兜を脱いでしまった程だ!。これ以上内容に触れると、

せっかくの伏線のネタバレになってしまいそうなのでこれ以上書きはしないが、
無心になって読みハマる、バツグンの面白さなのは保証致します。是非ともご一読下さいませ。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。