スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【昨日みたバスに乗って】 小林紀晴 ~WhO am I?『私』とは誰のことなのかを巡る問題~

昨日みたバスに乗って昨日みたバスに乗って
(2009/11/06)
小林 紀晴

商品詳細を見る


アジアを旅する日本の若者たちの姿を写真と文章で描いてみせた、名作ルポルタージュ、
【ASIAN JAPANESE】で、世界と日本人の距離の様な物を否応なしに読み手に提示して来た作家、

小林紀晴さんの小説集ということで、若干の緊張と、多くの好奇心とで手に取った一冊。
四つの作品が収録されている。9・11後のニューヨークに滞在する筆者と思しき主人公コバヤシ。

作者の他の作品同様、この場所でも異邦人である自分が果して何者なのか探しあぐねている。
そんな彼が足繁く通うのは、異邦人ばかりが集まり夜通し続くパーティー。そこで『料理の鉄人』

よろしく彩り豊かな各種料理を振る舞う。グリーンの日はタイのグリーンカレーを、
オレンジの日にはインドのチキンカレーを作った。 そして…。遂にレッドの日、

【トムヤムクン】がメニューに上がる日がやって来た。彩りの法則に隠された真実、
及びグランドセントラル駅でコバヤシが体感した事実に、圧倒的なリアリティーを覚えた。

と、同時に『頭のなかで英語を日本語に、日本語を英語に色を染め直すように変換しながら聞き、
口にしながら、僕らはいま正しく会話しているのだろうか。』と心の中で呟くコバヤシに、

自分と他人との関係を見詰める異邦人ならではな厳しさを感じた。表題作【昨日みたバスに乗って】も、
やはり異邦人であるコバヤシが異文化交流を通じて、何とか他者とコミュニケーションを取ろうとする奮闘記である。

彼が慕ってい写真家、サクジさんがやはり、9・11後の世界に今飛び立つ事は出来ないと、
メキシコでのアートスクールでのワークショップの講師の代役を半ば強引にコバヤシに押し付けて来た事で、

コバヤシ自身も写真と、他者との関係性を考えさせられる様になる。
教室での一応の、日本語通訳花ちゃんの日本語能力の実力不足さ加減と、サクジさんの実の息子、

キセイ・ヤマサキとして下手な外国語を駆使してでも、
なんとかして授業を成立させないとならない困った事情が重なり、

その分、写真が持つ意味や言葉を越えた部分でのコミュニケーションの大切が浮き彫りになってくる所が良い。
ハプニングだらけのワークショップ最終日、それでも作品を完成させ、

名も無き作品の繋がりに流れと名前が出来て行く様に一種、皮膚的レベルでの感動を覚えた。
遥々インドまで記憶の喉仏に引っ掛かったままの小骨を、忘れることの出来ない過去を、拾いに旅に出た著者。

ある一時期、自分の合わせ鏡の様に、行動や考えを伴にしていた唯一無二の友だったはずなのに
『自殺』という最悪の形で、 この世から消えてしまった『蓮』。

彼の足跡を辿るべくインド各地を旅する筆者。予想外の旅の道連れが出来たり、
まさかの運命的な再会を果たした男が旅行ガイドだったり…。旅は二転三転しながら

ガンジス河の流れの様に悠然と命を運び続けて行く【ガンジスに問う】そして最後に故郷長野で育った日々よりも、
地元を離れて旅人の様に世界各地で暮らして来た歳月の方が長くなった事を、

父の葬儀後、ニューヨークで現像した父の写真から実感する事になる【海までの道順】全ての作品に
『日本人という名の異邦人である自分は、国籍や民族を越えた所では一体、どのような人間なのか?

を問い続ける姿勢があって素晴らしいと思った。安易な『自分探し』では落ち着かない点も、
この本の価値を高めていると思いました。オススメです!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。