スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ここに消えない会話がある】 山崎ナオコーラ

ここに消えない会話があるここに消えない会話がある
(2009/07/24)
山崎ナオコーラ

商品詳細を見る


更に面白くなっている!。最初の1ページに並んだ言葉の配列と、
小気味良いリズム感で書かれた文章を読んでそう実感した。独特の甘酸っぱさを含んだ、

これぞナオコーラ節だと思える行間。そんな作家は滅多にいないので嬉しくなってしまう。
この作家さんの一番の良さだと捉えているのが、僕たちが生きている世界の芯は決して空洞なんかじゃない!

そう信じる気持ちが、作品の推進力となっている点だ。今作でも、僕にとって、
至る所に抜き書きしたくなるような表現が散りばめられていた。例として。

『佐々木と広田は同い年なのだが、佐々木は広田に敬語を使わず、広田は佐々木に敬語を使う。』
コミュニケーションのぎこちなさ、繋がりの微妙な匙加減こそ、現代を生きる人の姿や、

関係性を端的に象徴している様に感じるし、何よりリアルな質感を持った表現ではないか!?。
敬語を使う関係か、タメ口にまで近づいた関係なのか、同じ年齢でも距離感が物を言う場面は多々あるのだし、

一つ二つの年齢差がある場合、それは尚更なのだから。舞台となっているのが新聞のラテ欄担当班で、
全員が二十代なのも『敬語』や『距離』を微妙に意識してしまう年代だよなぁ、等と頷きながら読み進めた。

それにしても、登場する各キャラクターの性格や人物造詣が優れているので、
ラテ欄の仕事(十文字で番組の内容が伝わる様な文字列を組んだり)も興味深く読めたし、

ある面で青春小説を読んでいるかの様な良い意味での爽やかさが感じられた。
一応の主人公的なポジションの広田くんのキャラの惚けっぷりが良い!

食事は何時も生の食パンにバターやジャムを塗った物で『栄養っていうのは幻想ですからね』
と広言して憚らないし、新聞の勧誘も断り切れずに、うちには洗剤がたくさんだと言う…。

かなりダメな感じも漂う変人な言動には、ついつい噴き出してしまう様な魅力と、
同じ位純粋な人間味が詰まっていた。彼と同じくらい魅力的なキャラクターなのが岸さん。

彼女の存在は作品のテーマである『会話』に幅と奥行きをもたらしている様に思う。
彼女は常に何か考えている人で、そこら辺が仕事中に等身大の自意識として表れてくる。

そんな風に意識した物事の積み重ねが会話を生み出し、日常へと繋がっているのだなと、
読みながらそう実感出来る会話の力があった。ラテ欄担当の仕事柄、普段の情報は何処から得ているか、

についての広田くんと岸さんの会話に、グッと胸に迫ってくる物があった。
表も裏も含めた情報が直に手に入る場所として、ネットを、2ちゃんねるを見ると言う広田くん。

『知っている人と知らない人、二つの種類の人間がこの世にいるんだったら、
知っている人になりたいじゃないですか』その考えに対して岸さんが口にする

『鬱屈した不満があるから、「自分は大事なことを知らないんじゃないか」って考えちゃうんじゃないですか?
人を傷つけるような、恐ろしい言葉を見ないと世界とつながっている実感がないっていうのは、

セックスでしか愛を感じることができない人と同じで、本質をさけている気がします。
なんとなく不安で、無法地帯を覗きたくなっちゃっているだけなんじゃないですか?』という言葉には、

しばしページを捲る手を止め、自分にとってネットってなんだろう?考え込みました。
広田くんも同じく問い返します。『岸さんは、何で情報を手に入れているんですか?』と。彼女は答えます、

『私は、本<中略>真新しい情報なんて、私の人生では必要ないですよ』
ネットに書評をアップしてる自分のような人間には、確かに2人の会話は消えない物になりそうです。

何故読むか?、何故書くか?、それらのコミュニケーションを取る事で何が得られるか?
これ以外にも、ずっと考えて行きたい会話のやり取りが多く強く印象に残る作品でした。

併録の短編小説『ああ、懐かしの肌色クレヨン』も、世界が体裁を整える為、
肌色とは言ってはいけませんって風になった等の例を挙げながら、

人と人とが分かりあう為のヒントを全身で考える女の子が登場してきて素晴らしかったです!
装丁もキュートだし、大・大・オススメ致します!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

No title

アマゾンの中古の本の売買ガイド!
運営者の浜田健次郎と申します。

内容に深みがあるサイト運営をなさっていることに素晴らしいと思いました。
そこでと言ってはなんなのですが、そのようなサイト様とぜひとも
相互リンクをしていただきたいと思い、連絡させていただきました。
なお、貴サイトは既にリンク済みとなっております。

サイト名・・・アマゾンの中古の本の解説!
サイトURl・・・http://used-book.tongari-pocket.net/
連絡先・・・manabukurosawa@infoseek.jp
貴サイト様リンク掲載URL・・・http://used-book.tongari-pocket.net/links2.php
アマゾンで中古の本を売買して、有効利用するためのアドバイスを行います。

よろしくお願い致します。

浜田健次郎さま

ありがたいお申し出に驚いております。

当サイトは不定期更新になりつつありますが、それで構わないのでしたら、よろしくお願いいたします。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。