スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【武士道シックスティーン】 誉田哲也 ~2人の女剣士の青春グラフィティ~

武士道シックスティーン武士道シックスティーン
(2007/07)
誉田 哲也

商品詳細を見る


これぞ青春!スカッとした気分になれます。
前々から色々な方々がブログにて絶賛されていたのを読んでいて、

『いつか読みたいな』と思っていた内の一冊。剣道を全く知らない僕の様な者にも、
一つずつキチンと、解説が為されているので、頭の中が混乱することもなく、

自然体で物語と向き合えるからとてもスムーズに、感情移入しやすくて良いんです。
場面毎ハラハラドキドキ、手に汗を掻きながら応援出来るのが、もう実に心地良くて!!

主人公は個性が対照的な2人。全中準優勝を成し遂げた、女性兵法者磯山香織。
けれども、彼女自身は自分の敗けを認めてはおらず、モヤモヤした想いを断ち切ろうと、

市の小さな剣道大会に参加する。そこで偶然と言うか、必然と言うか、後に好敵手となる、
甲本、いや西荻早苗と対戦し不覚にも面を打ち込まれてしまう。新免武蔵を心の師と仰ぎ、

斬るか斬られるかを自分の進む剣の道だと決めて突き進む香織は、早速、相手を見つけ出し、
雪辱を果たさん!と一念発起、敵国(早苗という敵の居る高校)に足を踏み入れる決心をする。

香織の言葉遣いや意識が、まるで侍であるのには、家庭事情、家族事情も関わってくるのだが、
ここまで一心不乱に己の剣の道だけに没頭出来る香織は羨ましくも思える。対して、

香織の好敵手として成長する早苗は、日舞から剣道へ転向した変わり種で
性格もおっとりした大和撫子なタイプ。剣に対しても、勝ち負けだけではない己の

精神鍛練との意識を持って取り組んでいる。
その為、強い相手から競り合いの末に一本奪ったかと思えば、

それほどでもない相手にアッサリ負けてしまったりする。正直、強いのか弱いのか、
計りかねる早苗の剣道に事あるごとに食って掛かる香織。

「あたしが、本気で負けたと思ったお前が、実は弱かったなんて……
あたし、そんなふうには、思いたくないんだ……」と本音を吐露してまで早苗に奮起を促します。

後、高校生ならではな不器用な友情の姿が強く印象に残ったのが、
香織が早苗に自分を呼び捨てで呼べよ!と命令口調で告げる所。自分の好敵手として、

早苗を見ているだけに何故だか苛ついている香織。いくらなんでも呼び捨てでは呼び難い早苗。
思春期独特の、照れや意地の張り方がなんとも面白いです。そんな風に、

不思議な友情関係を保ちながら、お互いに刺激を与え合う2人。曰く、早苗の
「お気楽不動心」剣道に反発を覚えつつも、彼女の「勝ち負けには拘らない。好きだからやる」姿勢に、

今まで自分が知らずにいた、まったく異なる種類の剣道が存在するって事を意識せざるを得なくなる。
その意識は次第に大きさを増していき、「私は何故剣の道に 生きようとしているのか?

勝ったからって、その先に何があるっていうのか?」突然の大スランプに陥ったりもする。
それでも結果的には友情のパワーで、見事に復活して来れる辺り、

剣道という武道の持つ底知れない魅力を感じました。
武道とは、決して独りぽっちでやるものではないんだなぁ、という点にも感動を覚えました…。

剣術が好き、兵法が好き、剣道が好き―――。
好敵手同士であると共に友達同士でもあるから辿り着いた境地。

彼女達のライバル関係は、更に進化しつつ、【武士道セブンティーン】へと続いて行きます。
それはまさしく、装丁の赤と白の栞の様に!!この小気味良さをあなたにも。大お薦め致します!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。