スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鴨川ホルモー】 万城目学 ~拍手喝采雨霰、あぁ青春よ、ホルモーよ!~

鴨川ホルモー (角川文庫)鴨川ホルモー (角川文庫)
(2009/02/25)
万城目 学

商品詳細を見る


兎にも角にも、楽しい読書時間を過ごせた!
まずは、落語か講談のような日本の話芸からの流れを汲むとおぼしき会話体の文章が良い。

全体のリズムが和風なので、無理せずともスイスイ読み進められる。つまり、それだけ面白いのだ。
はじめにと題された冒頭部分を読めば、語り手である主人公の安部に果して何が?

ホルモーとは、それほど迄にドラマ性を湛えた某かなのか、と知りたくなる。
これは極、自然な成り行き、天の為せる業とでも呼べるものであろうか、

読み手をグイグイと異世界に誘い込むだけの物語力があるのだ。
鼻の形フェチな主人公安部が、秘かに熱烈な、さだまさし信者だってのも、

好感が持てる青春の自爆装置じゃぁないか。次に登場人物の造詣が秀逸である。
安部の親友である高村くんは何故だか近藤勇のTシャツを着てるし、

大木凡人そっくりな楠木さんは超が付く位の無口で、
たまに口を開けば毒舌極まりない辛辣な女性な訳だし。

学生物の出来、不出来を左右すると言っても過言ではないのが、

主役に勝るとも劣らない存在感を発揮する狂言回し達を如何に魅力的に描けるか、
である様に考えるのだが、その点でも、「こんなにブッ飛んだ学生たちは居ないだろ…!?

いや待て、自意識過剰の結果、出鱈目な風になる破天荒を、
地で行く奴が現れるのが学生時代だったっけか…、ふっ。」(表紙イラストのちょん髷青年を参照のこと)

ニヒルに笑い飛ばしたくなる程、作中の人物、1人、1人に心当たりを見出だせるから、
感情移入しまくりで、彼らの青春を全力応援したくなる。

ホルモーについては、神秘的な競技であるとしか言いたくない。ネタバレは極力したくないのだ。
実際に、この興奮は、読んで確かめて欲しい。大丈夫。人知を越えたものの存在を語る時にも、

『全国に八百万おわすとされる神の一人くらいが、てるてる坊主を見つけて、
少しだけ明日の天気をいじっちゃおうかな、と思い立つ』的に、重苦しさもなければ、

軽々しく扱う訳でもない、そんな匙加減が小気味良いから。陰陽道や安部晴明、と言った、
夢枕貘先生や京極夏彦先生が扱う内容を、噛み砕きに砕いた、単純明快さも、読んでいて更に、

心地良さを覚える筈だし。もっと付け足しても良いならば、この小説は根本的に、愉快、痛快、爽快、
軽快で明るく「ガハハハハ!んな阿呆な!」大笑いしながら読むのこそ、

ふさわしい読み方な気がするのだ。学生時代、サークルならではの、一方的な片思いや、
喧嘩や、悩み事、頼りなさそうだけれど、やるときはやる先輩の存在等などの、

ピリリと小説を締める要素も抜群で、まるで先の展開を読ませない緩急自在の書き分けが、
後半に向かうに連れ、爆発的に加速していく。恐るべし、ホルモーの吸引力!くどいようだが、

この小説の良さを知る為にも、是非手に取り、ホルモーが醸し出す雰囲気に酔って欲しい。
天晴れな小説を是非アナタに!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

おはようございます

ブログにもお邪魔します♪
『鴨川ホルモー』はまだ未読なんですが、映画は今年見た日本映画の中でTOP3に入るぐらい好きです♪
ハリウッドでのリメイクも決定したみたいで、ホルモー人気は益々上がるのかな~と思ってます。ただこの和風の世界観をアメリカ人がどんな風にするのか?チョット心配でもあります。やっぱり原作本早いうちに読もうと思います♪

asaさんへ

映画も評判良いですね、鴨川ホルモー。

映画は未見なので、これは是非見てみようと思います!!

ハリウッドでのリメイクですかぁ…。

何はともあれ、原作のホルモーを作り出した発想の凄さを楽しまれて下さいね。

「んな阿呆な!」は正しいと思います

YO-SHIです。

「んな阿呆な!」と言いながら、ゲラゲラ笑って読む。
私もこれが正しい読み方だと思います。

万城目作品は、続編というか短編集の「ホルモー六景」と
「プリンセス・トヨトミ」を読みました。どちらも「んな阿呆な!」
と笑える作品でした。
特に「プリンセス~」はスケール極大の「阿呆らしさ」でしたよ。

YO-SHIさんへ

コメントありがとうございます。

「んな阿呆な!」に賛同頂きありがとうございます。

この万城目さんて人は民俗学にも国文学にも、博物学までにも慣れ親しんだ上で、とてつもない妄想とユーモアでもって、

誰にでも分かりやすい陰陽道小説を書いている、凄いのに笑える所が最高ですね!

追いかけたい作家の一人になりました。

『プリンセス・トヨトミ』お勧めしてくださり感謝致します。
Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。