スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【芸術脳】 茂木健一郎

芸術脳芸術脳
(2007/08)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


これは読む『アハ体験』刺激的な対談集である。
しかも読書中更に嬉しくなるのは、脳科学者云々を取っ払い、誰よりもなによりも、先ず、

人間が好きで好きでたまらない、茂木健一郎個人の生身の姿が浮かび上がって来る点である。
ホスト役を務める茂木さんが、ゲストに向けて、肉体も精神も、

丸ごとぶつかっている様が相手に伝わる事で、相手も肩書が外れ、
赤裸々な対話が開始されるや、話題は核心部分へと流れて行く。

その様が何とも小気味良いのである!!『自分の内側から湧きおこる“これが好きだ!“
これが楽しい!という「ステュディオス」のめり込む状態になることを提唱する、佐藤雅彦さん。

(ポリンキーのCMや、ピタゴラスイッチの企画・監修をした人)それは単に、
昆虫が好きだとか、囲碁が好きとか、釣りが好きとかでも良くて、

なにか夢中になれる楽しいことを持っている人。でも、端から見てると、つい、
「何が楽しいの?」 って聴きたくなっちゃうような。言語化して説明しにくいような部分を、

自己内に持つことで、自分ひとりで世界と対峙しているという感じが生じる。
そんな時の、まだ言語化していない気持ちや状態を、新しい言葉を含め、

何か新しい表現にしていく、という佐藤さんの発想が面白かったです。
対話で更に面白かったのが、2人のネットとの向き合い方。

「ちゃんといいものを創っていれば、ネガティブな評価よりポジティブな評価の方が
絶対に多くなると気付いたんです。」と茂木さん。受ける形で佐藤さんが語った

「悪意って人に受けるんですよ。目立ちますし。」って言葉からは強い衝撃を受けたし、
書評を書く上では、佐藤さんの「ポジティブなものだけでちゃんと社会に認知してもらえるんだぞ」

って言葉が座右の銘になっています。【気づき、という至上の喜び。】
それにしても各界から様々なゲストを集めたもんです!いとうせいこうから松任谷由美に至るまで。

ライヴで行われた対談だからこそ、相手の息や、発言の間を読み、
その人の真意を汲み取ろうと出来るのではないか、と思います。

特に、現代美術家内藤礼さんが発した、いちばん厳しい状況にあっても美しいものを感じるのは
不思議ことだと思う。「なにもいえないときも、ただ美しいといえた」という提言は、

とても幽かな一言ではあるけれども、突き詰めれば、人間の心の中に眠る巨大な原動力なのかも
知れないと感じます。【世界と自分を結ぶ「なにか」を求めて】喜ぶという感情の中でも、

特に、笑いって感情は人間の持つ情念の中で、一番単純で一番複雑に出来ているように思う。
イギリスのコメディ・ユニット『リトル・ブリテン』の場合、タブーを笑いに替えはするが、

笑いをもっと洗練して、弱者の周りにいる、偏見をもった人たちを笑い飛ばし負け犬化することで、
より強烈で斬新な笑いへと変化させている。ユーモアがあれば、

そこに人間性や生命力も見えてくるという姿勢に大いに共感しました!
芸術をより身近に感じながら、自分自身を見詰め直すことが出来る絶好の一冊です。

大オススメです!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

軌道しましたね~♪

芸術脳、面白そうですね~♪

アートの刺激で、
私もずいぶん、
脳トレさせて貰っています!


ジョゼさんへ

各界で活躍している、アーティストと、茂木さんの丁々発止のやり取り。

ロマンティスト、茂木健一郎の面目躍如と言った感じで刺激的ですよ。
Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。