スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やっぱし板谷バカ三代】 ゲッツ板谷

やっぱし板谷バカ三代やっぱし板谷バカ三代
(2009/02/28)
ゲッツ 板谷

商品詳細を見る


来客には必ず、牛乳のサイダー割り、その名も【サイ牛】をふるまう初代バカ、婆さん。
本質的に真面目な性格である反面、超が付く程の体力自慢かつ、お調子者で、

庭の雑草をバーナーで焼いていた火を母屋に飛び火させ、家を丸々一軒、
全焼させた二代目バカこと、板谷家の大黒柱でもあるケンちゃん。

高校入試でラビットの訳をウズラ?と書き入試を失敗し、仕事に関しても、ある日突然、
『今乗ってる会社のトラックの色が青じゃないから嫌だ』と言う、単純明解な理由で、

辞めて来ちゃったりするのがバカの核弾頭、そして筆者ゲッツ板谷氏の弟でもある、
三代目バカことセージ。このバカの大三角形が巻き起こす、突き抜けまくりの、

バカなエピソードにそれぞれの友人や親戚をも含め、日常を逸脱しまくった笑いに、
腹の皮が捩れ、涙が止まらなくなる程笑わせてくれた、前作、【板谷バカ三代】!!

あれからの板谷家の様子が知りたい!と続きを望む声が多かったのに、
中々発表されなかった続編が本書である。それはやはり、理由の1つとして、

実在する板谷家の人間をネタとして、内輪の恥を暴露するのは如何なものか!?
との声もあったからであるらしい。が、しかし、今作に於いて、

発表が先延ばしにされた最大の理由はと考えると、前作と異なる、
様々な身内の不幸事が板谷家の面々を襲うシリアスな場面も、

多分に描かざるを得なかった点にある様に思われる。勿論、タイトルからして、
【やっぱし】とあるように、何時【バカ】な逸話を繰り出すか、予測不能なのが、

板谷家ならではの馬鹿力なのだけれども…。弟の急な訃報を聞き、逆上し、
『取り敢えず弟の家に行かねば!』出発したケンちゃん。

しかし、肝心の弟の家が、半年前、近所に引っ越していたのを忘れていた為、
周辺をグルグル歩き回った物の、遂に遺体とは会えずに、スゴスゴ帰ってくる始末。

弟のセージも遺品の中に、自分たち兄弟が幼い頃、
多摩川河川敷でおじさんから遊んでもらっていた思い出の写真を発見するや否や、

死体を棺桶から引きずりだし、トラックに乗せたまでは良いものの、
一旦降りた河川敷の坂を上る事が出来ず、深夜に警察を呼ばれたりしてるし…。

そう彼らは、バカが付く程純情な人達なのです!(行き過ぎちゃうけど)
故に、家族愛や結束も並外れて強く、特に、中盤辺りで、婆さんが倒れた時に、

それまで裏から、このヤンチャな一家を支えて来て、そんな自分も今、癌の床に臥せっているのが、
悔しくて堪らない、オフクロさん。そんなオフクロさんの癌治療の少しでも励みになればと、

必死に書き続けてる最中に、自身も、脳出血で倒れてしまうゲッツさん。
ここからオフクロさんが取った執念の行動は凄まじい!の一言に尽きます。

脳出血の薄れた意識の中で、ゲッツさんは、毎日誰かが、自分の足を酢でマッサージし続け、
意識の回復を図ろうとしていたのを憶えていると言ってます。正に母は強し!ですね。

息子が意識を回復したのを見届けてから、静かに息を引き取る母。
後書きでゲッツさんは、『今回の本は、オレがオフクロの死を乗り越えるために書いたのだ。』と

言い切っています。だからこそ、文字通り板谷家の家族の記録として、思いっ切り笑えて、
ホロリと泣ける名作に仕上がっているのだと思います。

作家よしもとばななさんとのエピソードも、胸にズシッと来る、素敵な逸話でオススメです!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

はじめまして

本カフェに入らせていただきました。
よろしくお願いします。

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。