スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【つむじ風食堂の夜】 吉田篤弘

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)
(2005/11)
吉田 篤弘

商品詳細を見る


『あなたはまだ この面白い小説を知らない』。帯に自信満々の言葉!
これには心底ヤられちゃいました、青山ブックセンター六本木店の間室さん…。

全国の書店員さんが選んだ文庫本フェア。
最初に目が行き、速攻レジに、ええ、向かいました、ましたけど、何か!?読書開始。頁をめくります。

ほ、ほぅ…!。『その食堂の皿は本当に美しかった。』冒頭の一行から、そう来るんですね。
…予感が、この本は名作である、そんな予感がひしひし。

予感は的中、名作と言うよりも傑作!です、この作品。
『優れた物語は何時でも詩人の言葉で書かれている』そんな法則を打ち立てたい位、

文章や言葉に愛しさを覚えました。舞台の月舟町に出向いて、交わされる会話を、
言葉まるごと、拾い上げたい位に感じます…。「雨降りの先生」の愛称で呼ばれる主人公、私。

『そもそも都会の喧騒にうんざりし、それでも街を離れられず、
なんとかこの屋根裏の静寂を探し当てた』と言う辺り、何やら訳ありそうですね…。

でも、この人、『先生』と呼ばれるだけあって、不思議と、周囲の人たちに愛される存在です。
食堂に来てる人たちから、胡散臭げに思われてる帽子屋さんが

怪しげな名前と講釈を付けて売っていた、実に他愛もない装置を、唯1人買い求めたり。
したか、と思えば、本業のライターの仕事の為、

どうしても必要な【唐辛子千夜一夜奇譚】<空中一回転書房>なる本を手に入れたくて、
古本屋の『デ・ニーロの親方』の元を訪ね、(本当は親方の口から出任せな、嘘の値段なのに)

月舟町中を駆けずり回る始末で。どうにも憎めません。
先生に魅力を感じるのは、同じ月舟アパートメントに住んでいる、

舞台女優の奈々津さんも同じ様です…。仄かな恋心、
中を取り持つオレンジや手品の演出も粋なら、物語の最後、ササッと火を止める加減も粋で!!

読了後の余韻も、読み手の想像力を掻き立てるに充分過ぎる程。
次はあなたが、この面白い小説を体験してみませんか!?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

こんにちは!
「つむじ風・・・・」吹かれちゃいましたねe-275
この食堂にデジャヴを感じませんでしたか?
エスプレッソマシンが夢に出てきませんでしたか?

”アナ・トレントの鞄”から、”十字路・・・”経由で、
この”つむじ風”は私にとって三番目の吉田篤弘さんでした。
これで完全虜になった、ゆんでございます。
ジーナフウガさんもしっかりハマったご様子。
うれしい!うれしい!

ゆんさんへ

コメントありがとうございます、とても、うれしいです(^-^)。。

本当に素晴らしい本を書かれる作家さんと出会えて、僕も
もう、吉田さんの作品を読んで行きたいなぁ、って決めました。

ありがとうございます!!!

初めまして

初めまして、寄らせて貰いました。
Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。