スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーナとフウガの対談レビュー 佐藤雅彦:四国はどこまで入れ換え可能か

ジーナ:う~んとねぇ。21世紀の【さくらももこ】とか。

フウガ:斬新だけど懐かしいって感じかなぁ・・・。古くて新しいってのは、よく使われるよね。
     この本の場合は、斬新で居て、どこか懐かしいって感じる。そこがミソやね!

ジーナ:(この漫画)凄い数学的なのが新しい!と思います。
     数学が叙情的になって描かれてるって感じた。そうじゃない??

     今までは数的、数学的なものが人を「ホッと」させたりするって発想は
     (一般的には)なかった訳よ。国語的なもので表される事はあってもね。
     
     それが数学でも可能なんだぞって示して見せた。

フウガ:(喰い込んで)小学生の時はさ、絵を描いて【さんすう】したよね!?
     あんな感じかなぁ。 特に、この【冷蔵庫でドキドキしながら出番を待つ納豆】の話。
     読んでみて欲しいなぁ!!

ジーナ:時間や数字が叙情的になるって事やろ。

フウガ:それを、冷蔵庫の納豆の気持ちに成りきって描ける佐藤雅彦さんは凄いって事??

ジーナ:そう、そう、そう、そう。。【だんご3兄弟】の絵の人だし。
     誰にでも描ける絵のタッチ。ってのがさ、人を「ホッと」させるんじゃないのかな。

     「これ、あたしにも描けちゃうよね。この絵?」って(思わせるところが)。

フウガ:そうだねぇ。。

ジーナ:誰にでも描ける絵じゃない??なつかしみ!! 駄菓子の(デザインの)イメージ。

     自分がチラシの裏に描いた絵の懐かしさ、とか。
     隣の家のお姉ちゃんが描いてくれたラクガキの絵って感じ。。


フウガ:見る。と 読む。を合体させてるよね。

     それから、佐藤さんって描いてる物に成りきってるよね。
     物の気持ちに感情移入して妄想する
     とか言うけど、この人の場合、物そのものになってるもん!!

     ディテール(細部)にまで神経が行き届いてる。
     だからこそ、読み手のイメージも膨らんでくる。

     読んでる時って細部の風景まで浮かんでくれば、より楽しめるよね。
     イメージが浮かんで来るのさ。

ジーナ:この漫画から??

フウガ:そう、そう。連想が繋がるんよ。「あ、俺も。コレに似たエピソード持ってたなぁ」とかさ。
    「こういう話なら、そう言えば・・・。」って。より身近な記憶が動き出す、話し出す!!

ジーナ:湧き出てくるって事よね。うん、うん、うん。

フウガ:そこが良いよね、素晴らしい!!

ジーナ:この本。一見凄くないって所が良いよねぇ・・・。

フウガ:ジワジワ来る。だってさぁ、この【透視能力】って作品。
     「あ、能力だもんね。これもありか」って感じが強烈でさぁ。

    「・・・。(降りて)キてるなぁ」って。

ジーナ:「キてる」ってよりは「キク!」って感じじゃない?
     私は「キクね、これ!!」って印象。

   
     ・・・・・・。これは・・・。「キク!」(ボソッと)。


四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)
(2005/10)
佐藤 雅彦

商品詳細を見る

テーマ : 日々の想い・思い
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。