スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【赤塚不二夫対談集 これでいいのだ。】 赤塚不二夫

赤塚不二夫対談集 これでいいのだ。 (MF文庫ダ・ヴィンチ)赤塚不二夫対談集 これでいいのだ。 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2008/12/20)
赤塚不二夫、タモリ、北野武、松本人志、立川談志、荒木経惟、ダニエル・カール、柳美里

商品詳細を見る


赤塚夫人真知子さんからの
『生きてる間に、赤塚らしい対談本を作ってもらえれば…』と言う要望で出来た本。

出版されて2年後に先生が病に倒れ、再び意識が戻る事なかったのを考えると、
よくぞ実現させてくれました!と賛辞の拍手を贈りたくなる。

対談相手もタモリ、柳美里、立川談志、北野武、ダニエル・カール、荒木経惟、松本人志。
実に豪華だ。更に、この面々と相対す為、赤塚先生のしていた準備が物凄い。

朝方病院に出向き、アルコール抜いた後、
開始2時間前にホテル入りし点滴打ち終えてから対談に臨む。

いざ話し始める。やはり、対人恐怖症を和らげる為飲まずに居られない。命懸けの滅茶苦茶。
常識をどんでん返し、ナンセンスなギャグで笑い飛ばす赤塚漫画を体現した生き方。

そんな赤塚不二夫との対話。

ゲストも皆、知らぬ間に破天荒な赤塚ペースに乗せられてか、
普段は決して話さないであろうエピソードや本音を吐露し始めるのだ。

タモリが語る、ビートたけし。

いろいろな上の世代からの否定をかい潜って同時代やってきたという戦友意識と、
自分に関係なかった伝統的なことを跳ね返して来た姿への敬意を感じているのが分かる。

これに対してたけしは、演芸系の自分たちにはない、
文化人色の強い笑いとして距離を置きつつ見ていたようなのだ。

大物2人に、ここまで核心を喋らすのが可能なのも、
生涯現役でギャグや笑いを追い続けた人ならではだと感じる。

他にも。荒木経惟にアラーキーの愛称を名付けた当時、
『赤塚!二十年後見てろよ。俺の写真が本物になるぞ』と言い返されたという。

天才同士意地を張り合った逸話。

松本人志のコントに出てきたダブル・ボケは、多少ならず『天才バカボン』の影響からだったとの告白。

神様手塚治虫は遅刻の言い訳にバレバレの嘘。
『大変だぁー、羽田で、飛行機が爆発した!』平気で騙る、愛すべき大ウソつきでもあったとの仰天暴露など。

読み応え満点、書き尽くせないほどの面白さ!!一冊を読み通してから冒頭の師弟対談を再読。

すると。早くも伝説と呼ばれているタモリさんの弔辞こそ、
人生を笑いに捧げた巨人・赤塚不二夫さんが最後に放ったギャグだったんだな、と思えます。

『これでいいのだ。』

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

この本は読んでいませんが、これまでに「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」などTVで放送された作品もありますね。
奇想天外な笑いは、幼いころに兄弟の死や貧乏な生活の中で、明るさに飢えていた環境からの心の叫びのようなものとさえ私には感じられます。
「これでいいのだ」も楽観ではなく達観であるような…その人間味をこの本から感じてみたいですね。

この本、店頭で見てずーっと気になって買おうか買わまいか迷っていました。「これでいいのだ」ー天才バカボン言うことのこのセリフはすごくpositiveな名言だと思います。バカボンワールドはある意味不条理な世界なのかもしれませんが、貧しくも美しく楽しかった日本にはあの明るい笑いは必要だったんだなぁと思います

風小僧さんへ

>風小僧さんへ
レス遅くなり大変申し訳ありません。

赤塚先生の自伝など読みますと、シャイさの余りに長年うまく表現出来なかった物を、漫画作品の中で一つずつ解放されていったんだろうなぁ、って感じを受けますよね。

心の内側にあって熟成されて来た言葉やギャグ。
以前に何処かで、赤塚の赤は赤ん坊の精神を体現したものである、という記述を読んだ時に、確かに赤塚先生のギャグって赤ん坊のオギャーに匹敵するエネルギーを持ってるよなぁ、と感じたのを覚えています。

全身全霊での命からの雄叫びを繰り返し、天才バカボンで辿りついた、『これでいいのだ。』の精神。

楽観ではなく、達観。

言い得て妙ですね。

是非お時間出来ましたら、読まれてみて下さいね。コメントありがとうございました!!

赤坂王子さんへ

>赤坂王子さんへ
レス遅くなり大変申し訳ありません。

天才バカボンで放たれた『これでいいのだ。』

バカボンのパパの持つ、前向きに突破していく気持ちが一言に濃縮されてますよね。高度成長期の真っ最中に流行っただけあるなぁ、って感じがします。あの時代から生まれ、時代に愛された言葉だと。

『賛成の反対なのだ。』とか、いっかい世界の常識やら何やらをひっくり返した後に、明るく笑顔で『これでいいのだ。』と言う。

今、社会が再び激震してるタイミングでの、この本の文庫化。是非手に取られて見て下さいね。

コメントありがとうございました!!。
Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。