スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【卵のふわふわ】 宇江佐真理

卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし (講談社文庫)卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし (講談社文庫)
(2007/07/14)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


時代小説が苦手な人にこそ読んで欲しい、胸がジンと熱くなる傑作です。

かつてテレビで人気を博した時代劇と同様、江戸の町に生きる人々の日々の暮らしが、
人情味たっぷりに描き出されて行きます。

主人公のぶは奉行所の役人、椙田(すぎた)正一郎の妻。
少女時代から密かに慕い続けていた人の所に嫁ぐ夢を叶えました。

さぞや、幸せな夫婦生活を過ごしているのだろう、と思いきや…。

正一郎は将来を約束した女性から、結婚直前で余りに手酷い裏切りを受けて以来、
女性を信じる事が出来なくなっていて。嫁の言動に絶えず難癖付けてばかり。

のぶは二度の流産から来る負い目があり、じっと耐えて居ます。しかし、ある日の晩飯の食卓。
偏食の激しい事を嫌った正一郎から、のぶは『ものを喰らうのがいやなら死ね』とまで罵られ、

その夜を境に夫婦間の溝は加速度的に深まって行くのです。

そんな嫁のぶを心底大切にし可愛がる舅の忠右衛門。
堅物の伜とは正反対で、江戸市中の裏も表も知り尽くした奉行所の生きる伝説。

食道楽で粋な忠右衛門が教える『食の喜び』に触れた事が
結果としてのぶに様々な変化をもたらしていく。

話の伏線として登場して来る食べ物が、実に色々な状況を生み出していくのも面白かったです。
特に、表題作にもなっている【安堵卵のふわふわ】。

病に倒れた忠右衛門の為、料理に取り掛かろうとした、
のぶの所に現れた夫、正一郎の無骨で居て優しい感じ。ぽつぽつと、本音を吐露しあう二人。

そんなやり取りの後不意に、食という行為の持つ真実に気づくのぶ。

そこまでの道のりが丁寧に描かれているので、その後の話で、
この不器用な夫婦が果たしてどうなってしまうのか気になり、夢中になって読み終えました。

奉行所の事件に思わぬ所で食べ物が関係して来たり、
ラスト付近で明かされる忠右衛門夫妻の伝説の謎があったり。

内容的にも、年末年始の時期に読むのに丁度良いと思います。
江戸の風情を存分に味わって下さいませ!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

TBありがとうございます。
ほんと、年末年始にぴったりの本ですね。
心がほっこりします。
ラストもお茶目な忠衛門さんらしくって大好きです。忘れた頃にお腹すかせてひょっこり帰ってきそうですよね(^^)
何とも冷たい旦那さんだけど、でも徐々に夫婦の心が寄り添ってく過程にドキドキしてしまいました~!

るるる☆さんへ

こんにちは♪

コメントありがとうございますo(^-^)o

忠右衛門さん、語り口調も優しいし、和ませてもらいました。

頭の中で勝手にキャスティングした忠右衛門さんは
橋爪功さん、ふでさんが加賀真理子さん。

のぶさんが酒井美紀さんで、若旦那の正さんを堤真一さん
(後半の難しさも演じられそうですし)で

イメージして楽しみました。

脇役の人たちもよかったし、
NHKで五回のドラマにしてくれないかなぁ、なんて(^_-)-☆

素晴らしい本を紹介して下さり感謝です(^_^)。

こんにちは、私も読みました。

こんにちは、YO-SHIです。ご無沙汰しています。

この本、私もるるる☆さんのブログで見て、読みました。
江戸の風情が感じられる1冊でした。確かに年末年始の
時期が合ってますね。
夏休みに海で読んでも感じでないです、きっと。

NHKで5回のドラマ、いいですねぇ。
 

YO-SHIさんへ

こんにちは、こちらこそ中々伺う事が出来ずご無沙汰をしてしまいすみません。
YO-SHIさんも、るるる☆さんのblogが縁で読まれたのですねo(^-^)o

今年blogを始めてよかったなとしみじみ思っています。
特に、皆さんの書かれている魅力的な作品紹介に導かれ、

今まで知らなかったり食わず嫌いしていた作家さんの世界を知る事が出来たのは
何より人生の宝物になりました。

この作品、確かに夏の海水浴場には合いにくいかもしれませんね。。

NHKのドラマの部分にも共鳴して下さり、嬉しいですp(^^)q。
コメント本当にありがとうございました!!。
Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。