スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ロッパの悲食記】 古川緑波

ロッパの悲食記 (ちくま文庫)ロッパの悲食記 (ちくま文庫)
(1995/08)
古川 緑波

商品詳細を見る


衣食住に、喰う・寝る・遊ぶ。食欲は人間の三大欲求なのであるからして
【食】をテーマに書かれた著作物に古今東西、名作傑作が多いのも当然の事であろう。

数多くの【食書】の中でも群を抜く面白さを持つ一冊がある。
昭和初期に喜劇の王様・榎本健一(エノケン)と並び称された喜劇人、古川緑波(ロッパ)。

この人の書いた悲食記は戦争末期の昭和十九年、全国的に食糧難の時代に、
ロッパが自身の持つ人脈と金脈を総動員し、なんとか美味い物にありつこうと東奔西走する様が
克明に描かれている怪作だ。恐るべきは、ロッパの食への執着!!。

例え戦時中であろうとも不味い物には目も呉れず、ひたすら美味い物を喰し満腹感を得ようとする。
ふぐを60人前食べたり、滞在中のホテルのメニューを上から下まで全部平らげたり。

そればかりか、少しでも多く割り当てにありつこうと、
帝国ホテルからの食券を自分と付き人二名分用意させた上、
付き人には一口も喰わせず、「許せ!」とだけ書き記す暴君振り。

そんなロッパが何でも存分に食べられる様になった戦後には人気を落とした事。
料理店から大好きな西欧風の味わいが消え、アメリカ風の味付けばかりが流行ってしまった事が

皮肉だ。まさに悲しい食欲の記録。日記の所々、ロッパが食から得たエネルギーの全てを
喜劇に注いで来たのが透けて見えるのも興味深いです。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

悲食記、気になります!
私も食べるの大好きで、食をテーマにした本に弱いもので…。

それから、前に紹介されていた小林聡美さんのエッセイ、読みました。
思わず笑ってしまう文章が面白かったです。
ありがとうございました♪
そのうち自分のブログで感想書こうかなーと思ってます。

Runさんへ

>Runさんへ
こんにちは、Runさん♪

コメントありがとうございますo(^-^)o

悲食記、昭和の日本の食事事情の移り変わりも分かりますし、面白い本です。是非、機会ありましたらどうぞp(^^)q。

小林聡美さん、素敵な文章書かれてますよね!(^^)!このblogから興味を持って頂けた事、とっても嬉しく思います(*´▽`*)

こうやって、読後の感想を伝えあえるのって、凄くありがたいです。
Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。