スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マダム小林の優雅な生活】 小林聡美

マダム小林の優雅な生活 (幻冬舎文庫)マダム小林の優雅な生活 (幻冬舎文庫)
(2001/06)
小林 聡美

商品詳細を見る


私は生まれ変ったら誰になりたい?と聞かれたら『小林聡美さん』と言うくらい彼女が好きである。
憧れである。そして、手にしたこの本。「マダム小林の優雅な生活」と書いてあるので
どんなに素敵なマダムライフを送ってらっしゃるのか!と意気込んで読んだら、
結構とほほな情けない話が満載でとっても親近感が沸きました。

あとがきで吉本ばなな(よしもとばなな)さんも書いている『函館の女』と言う話は、
えびな美どりに間違えられ、サインを頼まれてサインにも『えびな美どり』と書いてきちゃうところとか、小林さんのゴーゴーな姿が目に浮かんで流石だ!と思いました。

老後は海外で優雅に暮らしたいという夢を持つ小林さん。
その為に英会話を習いに行くのですが、そこに出てきたのは日本人のおっちゃん。
そして『カタカナ・イングリッシュ』で一年間も教室に通うはめになった爆笑エッセイが特に好きでした。
どうぞ、あなたも一度体感してみて下さいね!独特の文体も病みつきになります。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

こんにちは♪
私も好きです、小林聡美さん。
飄々とマイペースで気取っていなくって、面白い。
彼女の文章はまだ読んだことがありませんが、
人柄が出て面白そうですね。
これ、今度読んでみますっ。

こんにちは!

小林聡美さん、いいですよね~。
勝手な思い込みかもしれませんが、
物事に動じない感じが、私は好きなんです。

ちなみに、旦那さまの三谷幸喜さんも好きです。
二人の会話を聞いてみたいんですよねー。
何か面白そうだなぁって思うんですけど。

こんばんは。

小林聡美さんの本は一度も手にしたことがありません。
この記事を読んで、読んでみたくなりました。
今度生まれ変わったら「小林聡美さん」なんて、
なんというラブコールでしょう。






Runさんへ

こんばんわ♪

お越し頂きありがとうございます(*^▽^*)*☆

ほんとに、そうですよね!

おっしゃってる通りだと思います。

女性はやっぱり憧れますよね☆☆☆

是非、読んでみて下さいね。

小林聡美さんがお好きなら

もっと好きになる一冊だと思います。

コメント頂きありがとうございます!!!

とても嬉しいです。

myaanさんへ

こんばんわ♪

いらっしゃいませ(*^▽^*)*☆

いつもコメントありがとうございます。

そう、そう!そんな感じがしますよね。

わたしは小林さんの容姿にもすっごく憧れてしまいます。

わたしの中でストライク!!なんです。

三谷さんも面白い方ですよね◎素晴らしい方ですよね!

この本の中にもお二人のことが

書かれてたりして楽しかったですよ!(*^-゜)v♪

お手元に取ってみられたら面白いかもしれませんね◎

「ふーこ」さんへ

こんばんわ♪

お越し頂きありがとうございます(*^▽^*)*☆

わたしの記事を読んでこの本を手にしたくなったと

言うお言葉にとても恐縮&嬉しい思いをしています!

ありがとうございます。自分の大好きな本を紹介している

ので、そう言って頂けると本当に嬉しいです!!

そうですねo(*'o'*)oラブコールですね◎

本当に、大好きです、憧れの女性ですね。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マダム小林の優雅な生活

“家事全般をひきうけながらも、 一歩外に出れば女優という職業婦人であるマダム小林。 ある時はロケ先であわや突然死事件を起こし、 ま...

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。