スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アーモンド入りチョコレートのワルツ】 森絵都

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
(2005/06/25)
森 絵都

商品詳細を見る


Library*Style【読書スタイル】の*kiraraさんの日記で紹介されていてタイトルに興味を覚え、
初めて手にした森絵都さんの短編集。なんで今まで読まずに来たのだろう!!それ位感動しました。

この気持ち忘れずに、ずっと持っていよう。大切な記憶の一つずつに、そっと。
微笑み掛けて来てくれる、優しさに溢れている森さんの文章。あの頃から今まで。
長い間知りたかった、確めたかった、思いや言葉が頁を捲る度飛び込んで来る。

1つ年上のお兄ちゃん章くんとの夏休みの日々を描いた【子供は眠る】。
そうなんだよ、年上って絶対だったからこそ眩しかったし反発したんだ!。
不眠症という秘密で知り合った、ぼくと藤谷【彼女のアリア】。うんうん。
互いの欠けてる所こそに惹かれるんだよね。そんな風に読み進んで行って、

【アーモンド入りチョコレートのワルツ】。<ワルツはわたしに教えてくれる。
何を忘れて、何をおぼえていればいいのか。何もかもすべてをおぼえているわけにはいかない。
楽しかったことをおぼえていなさい、とワルツは言う。大好きだった人たちのことをおぼえていなさい、とワルツはうたう。>目にした時、涙が止まりませんでした。

人間、いい事ばかりをおぼえている訳じゃない。
でも、森さんのようにキッパリとした覚悟で優しく言える人と出逢えるなら、
おぼえていることも素敵じゃないか、と。うん、これでいいのだ!!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

おはようございます!

コメントありがとうございました^^。
いろいろな本を読んで、感想を残すのっていいですね~。
森絵都さんのこの本、読みたくなりました。

森絵都さんのファンです

こんばんは、kiraraです。
わたしの感想を読んで、フーガさんも読んでみたくなってとは、
うれしいです。
しかも、そんなに感動していただけるなんて!

児童文学ジャンルとは言え、森さんの表現は、
やさしくてきれいで、惹かれるものがありますよね。

>myaanさんへ
こちらこそコメントありがとうございます。

感想書く事で、読んでる時に味わった興奮や感動などを、再度確かめることが出来るし楽しいです!(^^)!。

それにいろんな方と本についての話しが出来るのが、とってもうれしくて。

この本、一話ずつが短いし、読むのに時間もかからない上、どれも話しが面白いから特にオススメです!!。

>kiraraさんへ
素敵な作家さんの素晴らしい作品を紹介して頂き、本当に嬉しく思ってます\(o^▽^o)/

特に表題になってる作品。実は僕も子供の頃に、大変お世話になった音楽家の御家族がいらっしゃって。そこのお姉さんがピアノの先生にそっくりで。あれこれ思い出が吹き出して余計泣けて来ました。

森さん、人間の弱さやカッコ悪さなんかも丸ごと丁寧に描き出して、それを受け止めて受け入れてるなぁ、とビックリしました!!

これから読みまくりそうですo(^-^)o
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『アーモンド入りチョコレートのワルツ』 森絵都

こちらに参加しております。ポチっとな まず、この「森絵都」という名前。 以前から、この名前に惹かれていました。 なかなか読む機会がなかったので、今回これが初絵都です! 3つの短編からなるこの作品集。 子供が何かを捨てなくてはならない、何かから旅立...

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。