スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【夜のピクニック】 恩田陸

夜のピクニック (新潮文庫)夜のピクニック (新潮文庫)
(2006/09)
恩田 陸

商品詳細を見る


心の垣根がほぐれて取れる瞬間。人と人とか知り合い、触れ合い続ける中で、
『今この時、お互いの距離が決定的に近づけてるぞ!』と思える奇跡のような瞬間が確かに、ある。

生きていると。まぁ奇跡的な確率で発生する事態な訳で、そうそう味わえることじゃないが、
『 生きていて良かった!』と、明るく胸張って言える魔法が人生に刻まれて行く、
そんな1日の様子が書いてある本。主役の男女の頑固さが空回りする性格。
男女互いの親友が秘かに持っている秘密。こういった長時間の行事になると必ず出てくる、

オンとオフの差が激しいテンション高く飛ばす男子(このタイプって野性的な迄に空気読む、
気ぃ使いでイイ奴なんだよなぁ)。それから学校の規律は私が守る的、保安官みたいな男女。
ここぞとばかりにチヤホヤされたくて自己アピールに励むも結局イタイ子になってる自分に
気づいてない女子。 これら登場人物が、それぞれに関わり、長い時間歩き続けてった時。

ある一方に向いて動く集団の意識中から、1人1人個人の無意識がほどけ零れ始める。
ここら辺りからラストに至るまでの展開は本当にドキドキした。
さぁ、あなたも夜のピクニックに出掛けませんか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

面白かったですっ。

こんにちは、Runです。

「夜のピクニック」、
10代のイタさがすっきりと書かれていて、気持ちよい読後でしたっ。
ただこの行事、100%文化系の私にはちょっと辛いです(・・;)

こんばんは。

「みそいち」のおゆです♪
実はこちらでもブログをしているので、お邪魔しちゃいます。

大好きなんですよ、『夜のピクニック』。
本も映画もどっちも好きで何度も読み(観)返しています。
この年頃ってつまらない事でも友達といたらすっごく楽しかったりしますよね。そんな懐かしい日々を思い起こさせてくれるんですよね~。
また、読み(観)たくなってきました!

Runさんへ

こんにちは。

10代のイタさ、じれったさが、バンバン描かれているだけに、
惹きこまれる小説でもありますよね!(*^-゜)v♪

自分も、ど文科系なので、なかなか辛い所があります(>_<)

搬送車組みかもです・・・。

おゆさんへ

いらっしゃいませ♪

映画版も素敵ですよね\(*^∇^*)/♪

あの夜の街灯に光る路面や空気感、イメージを新たに拡げて
もらえますし。

心の初々しさ感じる小説って日々に潤いを与えてくれますよね。

何度も読み返せるのも魅力だなぁ、と思います。

こんばんは。

不器用だけど真っ直ぐに生きている登場人物達、
みんな、魅力的です。
好感が持てました。
素敵な物語でした。

「アヒルと鴨の~」と、「彼女について」とこちらに
トラックバックさせていただきました。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜のピクニック 恩田陸

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。 たった一晩、ひたすら歩く伝統行事。 淡々と進んでいく物語です。 高校生たちの辛さや葛藤。微妙...

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。