スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ハチ公の最後の恋人】 吉本ばなな

ばななさんには、きっと、その時、その年代、その時代の空気を
普通の人以上のアンテナでキャッチする力があるのだろう。
この本を改めて、パラパラと読み返してそんな風に思った。

私はこの本を読んだ時、24歳でまさしくこの主人公たちの様に大恋愛をしてしていた。
明日、終わるか、終わらないかそんな切ない思いをしていた様に思う。
だから、まるで自分の事が書いてある様で思いっきり自分を投影してしまった。
そして、わんわん泣いた。

出てくる主人公たち全員がなんの裏もなく純粋で
真っ直ぐで「切ない」とはこのことだ!と言うピッタリな言葉が何個も出てくる。
風景にも言葉にも振る舞いにも。

終わってしまうものに対しても情熱的で、今を生きるものの別れについて
「私はハチを忘れないが、忘れるだろう」の
一言に集約されている様に思った。

ばななさんの作品を読む度に思う感情。きっとその時の社会の闇や心の闇のようなものを
しっかりと見て代弁してくれているのだろうと思う。
切なくて甘くて泣けて、そして若い大恋愛のお話。オススメです!


ハチ公の最後の恋人 (中公文庫)ハチ公の最後の恋人 (中公文庫)
(1998/08)
吉本 ばなな

商品詳細を見る

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。