スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【罪と罰】 ドストエフスキー

罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)
(2008/10/09)
フョードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー

商品詳細を見る


憎みきれないロクデナシ。主人公ラスコーリニコフに対する感慨である。と同時に、
『この時代のロシアに現代の精神科医療があったなら

(こんな事件も起きずラスコーリニコフの熱病も無事解決、全ては円満に肩が着いたのでは?)
とまで考えてしまう。』絶望的な貧困を前に、学費を滞納し、遂には、

法律科の学生という輝かしい立場から転落してしまったラスコーリニコフ。
以来、友人ラズミーヒンからの家庭教師の仕事の斡旋も断り続け、

日がな1日アパートの屋根裏部屋にある薄暗い自室に籠って寝てばかりいる。
加えて、自暴自棄になっているもんだから、考えから正気は失われがちで、

絶えず荒んだ精神の中に身を置き、玉に意識が明瞭な状態に戻ったかと思えば、
自己嫌悪の念にきつく縛られているのだ。そんな風に自身も喰うや喰わずの日々を過ごしてると言うのに、

場末の酒場で知り合ったアル中の元役人マルメラードフ一家の自分よりも困窮している
有り様を目の当たりにすると、なけなしの小銭(金貸し老婆に買い叩かれた質草の代金、勿論生活資金)

を置いてきてやったりするのだ。他の誰よりも世界を呪ってる男が、
実は小心者で優しい心も持ち合わせ損ばっかりしてるのも妙な話だと思う。

肝心の金貸し老婆アリョーナを殺す計画も、街中で、
たまたま耳にした先進派学生の会話が引き金となったに過ぎない

『どう思う、ひとつのちっぽけな犯罪は、何千という立派な行いでもって償えないもんかね。
たったひとつの命とひきかえに、何千という命を腐敗や崩壊から救えるんだぜ。ひとつの死と、

百の命をとりかえっこするんだ。』この考え方には大変な衝撃を受けた!
殺人を堂々と正当化する思想がまかり通っていた帝政ロシア末期の世論。

それをハッキリと言語化してみせるドストエフスキーの筆の冴えを、自分の言葉を持たない、
現代日本の評論家やコメンテーターに、少しで良いから学習して欲しいもんだな、と感じた。


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【るきさん】 高野文子

るきさん (ちくま文庫)るきさん (ちくま文庫)
(1996/12)
高野 文子

商品詳細を見る


高野文子さんの描く漫画には、きちんと暮らす日々、生活が織り込まれている様に思う。
この『るきさん』からも日々を溌剌と暮らす姿が感じ取られて好印象を持った。

冒頭の一コマ目、バリバリ仕事をこなす為、長い髪を後ろで結んで凛として作業に臨むるきさん。
二コマ目は、彼女のお仕事(仕事にお、が付いてるのが何とも好印象)

お医者の保険の請求を加算機で打ち込みするのに、お薬の名前を呟きながらタイピングする
微笑ましいるきさんの姿が。この二つのコマで既にるきさんの事を好きになった。

彼女は一ヶ月分の仕事を一週間でこなし、プライベートでは髪の毛を解き、図書館に出掛けたり、
郵便局へと切手を求めに行ったりと充実している。夕飯を食べ、お風呂に浸かって、寝床で読書をする。

なんて肩の力が抜けているんだろう。うらやましい位に自然体だ。
友達の『えっちゃん』とも名コンビなのがよく分かる。ほっこりするなぁ、うん、気持ちがほぐれるよ。

ラストの飄々としつつも大胆な話の終わらせ方には驚かされたけど、
それもまた『るきさん』っぽくて好きだった。あ~、面白かったなぁ!!


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【夜の光】 坂木司

夜の光 (新潮文庫)夜の光 (新潮文庫)
(2011/08/28)
坂木 司

商品詳細を見る


ひきこもり探偵シリーズを読んで、たちまち虜となった作家・坂木司。
現代社会の抱えている諸問題に堂々と正面から向かい合っては、真の意味で人間と人間の新たな繋がりを、

提示してみせようとする真っ正直さに心底震え、『この作家を追おう!』と決意させた。
それで次に手にしたのが、タイトルに惹かれたこの本だ。ジャンル分けするなら青春もの、

なんだろうけど決して一筋縄では行かない、そんな風にヒリヒリした物語の立ち上がり方に
正直かなり面喰らった…。更に率直に言わせてもらえるのなら、

『本書は読者に挑戦を仕掛けて来ているな』とまで思えた。坂木司の書く物語にポジティブな面だけではなく、
これほどまでの刺と毒が潜んでいたとは、驚きだが、視線を逸らさず読みきったならば、

真の光に触れられるのではないだろうか。高校生活とは戦場を生き延びる事、
自分達は各自が任務を遂行するスパイだ、と言ってのける4人の天文部員が主人公。

ジョー、ゲージ、ギィ、ブッチと互いをコードネームで呼び合い、馴れ合わず、
互いのエリアを侵犯しない距離感で付き合いを続けて来た3年間。だが、最上級生になった時、

新入部員もいない為、改めてこの4人だけになった時、部活動での関係は新たに進化と深化を遂げる。
屋上に於ける星空観測会。同じ夜空を見上げ、美味しい夜食に舌鼓を打ち、熱々の特製コーヒーに、

互いの胸を温める。彼ら、彼女らが、任務に忠実に現在を生きるにつれ孤独は磨かれ、孤高の光を放つ。
スパイ・ギィの呟きから引用したい。『隠し事などせず、考えていることと言うことは同じで、

他人も自分も迷わせない。』思春期独特の意志の持つ力強さが何とも言えぬ位に眩しいではないか!
かつての少年と少女だった、全ての大人たちにお薦めしたい一冊です。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【闇の公子】 タニス・リー

闇の公子 (ハヤカワ文庫FT)闇の公子 (ハヤカワ文庫FT)
(2008/09/05)
タニス・リー

商品詳細を見る


浅羽さんの訳は、麗々しく、格調高い文体こそ、本書の内容と調和していてとても相応しいと感じる。
妖魔の貴公子アズュラーンの、ただ耽美のみを求めて生きる様は、気紛れで少しの醜さも決して見逃さない。

その為、アズュラーンに直接的にであれ、間接的にであれ魅入られた人間は、些かでも油断したが最後だ。
まず、憎しみや悲しみの感情の芽を膨らませられ、怒りや妬みのどん底にまで突き落とされてしまうから。

地底の都でアズュラーンの寵愛を受けて成長するに従い、闇よりも太陽の光を求めるようになり、
公子の怒りを買ってあっさり捨てられてしまうシヴェシュ。

滅亡させられた王国の唯一の生き残りの王女は醜女であった為に、惨い前半生を過ごしてきたが、
これも又アズュラーンの気紛れから絶世の美女に変えられた為に、

美貌と憎しみを武器とした侵略の女王へと変貌を遂げる。彼女が狙いを着けたダイヤモンドの保有量が最高の、
ある国の皇子との宝石と己がプライドを賭けた騙しあいに継ぐ騙しあいには、

人間にとって尊厳の力が、如何に心強い武器になるかを思い知らされました。
連作短編である本作品の凄い所は、全ての事件の種を蒔いたアズュラーンの身にも、

地球や人間に起きた変化からは無関係で居る事が出来ないという点だ。
人間が巨大な憎悪の怪物の手により滅茶苦茶にされると、わざわざ神々に対面を求めに出掛け、

神々の関心のなさを知ると、驚くことに自ら身を呈し、ある行動に出るのだ。
結局、複雑な形であるが、アズュラーンは人間に美しくあって欲しいのだろう。

深く考えさせられた一冊だった。


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。