スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年度に読んだオススメ本ベスト3!

∞∞《 2009年度・ベスト3 》∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  
  【 1 】お縫い子テルミー 栗田有起

流しの『お縫い子』を始めたテルミーの、恋に仕事に生きる日々が描かれた物語。
大都会ならではな、孤独と、優しさを丁寧に折り重ねていく、
主人公テルミーの人物造詣が秀逸です。併録の【ABARE・DAICO】は、
ここ数年で読んだ少年が主人公の作品の中で、ダントツに面白かった作品。
栗田有起さんを未読の方にオススメです!
     
  【 2 】つむじ風食堂の夜 吉田篤弘     

今年度最大の収穫は、吉田篤弘さん、及び、吉田さんが夫婦でなさっている本造りユニット
【クラフト・エヴィング】の存在を知ることが出来た点に尽きるだろう!!
作品の舞台である月舟町に出向いて、交わされる会話を、
言葉まるごと、拾い上げたい位に感じます…。日常こそ愛おしい。

  【 3 】ねにもつタイプ  岸本佐知子
     
既存の【エッセイ】の枠組みを軽々吹き飛ばす、驚異のスーパー・エッセイ。
毎日の暮らし、日々のあれこれ。岸本さんの日常には、
実にさりげなく妄想が差し込まれている。抱腹絶倒、間違いなしです!
是非とも体験されて下さいませ!!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

読了本、お譲りします!

私たちが運営しているSNS「本カフェ」の中でとっても良いコミュがあります。
その名も「読了本、お譲りします!」です。liquidfishさんが発案して下さいました☆

『オンラインの交流を通じて本があちこち飛び回るようになったら楽しいなーと、そんなのが夢です』
と、語る彼女に胸を打たれて、それでは私も一緒にその夢を追いかけたい!

そんな気持ちになりました。それで、私もささやかながら、お手伝いさせてもらってます。

ここでは、「本カフェ」で貰い手がつかなかった本を期限なしに掲載します!
「本カフェ」では期限があります。宜しければ、「本カフェ」の方の読了本もみてみませんか??



メンバーさん、随時入会、歓迎致します<(_ _)>
本をお譲りする方ですが、コメント交流のある方、面識のある方に限らせてもらいます。

どうぞ、よろしくお願い致します!!!それでは、こちらがそのラインナップになります☆★
ラインナップは随時更新中です。

。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆

■ぼくんち1/西原理恵子
中古です。単行本。
漫画・カバーに汚れが目立ちますが、中は綺麗です。

■情熱チャンジャリータ/ゲッツ板谷
中古です。エッセイです。単行本。
カバー、中も少し汚れがあります。くたびれてます。

Cocco/音速パンチ (シングルCD)
3曲入ってます。レンタルビデオコーナーの中古品です、袋に入ってます。

■もう消費すら快楽じゃない彼女へ/田口ランディ
初期作品・エッセイです。少し表紙がぼろいかもです。

■ビートたけしの黙示録/ビートたけし
たけしさんの暴露本です!

。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.

ご希望の方は、備え付けのメールフォームからメール下さい。待ってます!!!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【時の雨】 高橋順子

時の雨時の雨
(1996/11)
高橋 順子

商品詳細を見る


日々の暮らし全てを、包み隠さず、赤裸々に、掘り下げていく詩人の姿。
詩人高橋さんと小説家車谷長吉さん。2人の結婚は私小説とも違う、私詩集の凄味が。

『時の雨』には、読み進める内、時々、夫婦2人の間に独特で濃密な、生活観や緊張が、
顔を覗かせる瞬間がある。例えば結婚したばかりの頃を書いた、『あなたなんかと』という詩。

長い間、ずっと、あなたなんかと、と言われ続けて来た
『「偏屈」と「物好き」が組み合わさったのだから、呆れられこそすれ羨まれることはない』

一先ず笑わせて、『まさかと思っていた人たちの心づもりを裏切ることをした』と皮肉り、
最後には『悪いことだと思うからです。いい気になってと思うからです。』こう結ぶ高橋さん。

自分の内部を、しっかり外の世界に結わえているような感じは、この先詩人夫婦の身に一体何が?
と気になりました。やがて、強迫神経症に襲われた車谷さんの狂気と暮らす日々が、

詩として紡ぎ出されます。『虎の家』と題された詩、
2人とも物書きだなんて家の中に虎二匹いるようなもの、そう言われたよと、笑う男の言葉を、

男が虎になり居なくなってしまった家で思い出す女。この辺りから、ラスト迄は、
自分たちのことを書いているのに、男女が互いに持つ狂気、であったり、

人間、誰もが抱いているであろう、孤独や闇に向けて、光ある景色を放射したり。
現実を消化し、昇華させる事が出来た人の言葉は重みがあります。

後書きにあった、『なりふりかまわず、書かずにはいられなかった。』という正直過ぎる告白。
だからこそ、こちらの胸に響くのだろうなあ。傑作詩集です!

特に、本のタイトルとなった詩がオススメです!!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本が好きな人と、カフェでまったりしたい人が交差する場所
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【ヤミーさんのおうちで毎日カフェ気分―いつもの道具でできるドリンク224品】 ヤミー

ヤミーさんのおうちで毎日カフェ気分―いつもの道具でできるドリンク224品 (vela BOOKS) (vela BOOKS)ヤミーさんのおうちで毎日カフェ気分―いつもの道具でできるドリンク224品 (vela BOOKS) (vela BOOKS)
(2009/03/12)
ヤミー

商品詳細を見る


表紙と紙の質感とタイトルに惹かれて購入した本!SNS「本カフェ」を運営しているので、
カフェの気分を少しでも日常に取り入れたい、けど、手間がかかるのは嫌だなぁ。

だけど、可愛いくてオシャレなのがいいなぁ、なんてわがままを全部カバーしてくれたこの本。
見ているだけでも、カフェ気分を味わえて、とってもお得。

なんてったって、作り方が簡単で、いつもの道具でできちゃうから素敵。
春・夏・秋・冬のドリンクメニューがなんと224品目も書いてある。

例えば、トマトラッシーやカフェ・コンパナやパイナップルカルダモン等など。

ヤミーさんのおうちカフェへの愛情の深さと、楽しみ方がギュッと詰まったこの本。
あなたも今すぐおうちカフェはじめませんか???

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本が好きな人と、カフェでまったりしたい人が交差する場所
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【らんちゅうのマリリン】 マルコ・レイ

らんちゅうのマリリンらんちゅうのマリリン
(2007/06)
マルコレイ

商品詳細を見る


きゃぁ~、可愛い。和むぅ。そんな本です。
らんちゅうのマリリンちゃんに対して質問が書いてあります。

それに、マリリンちゃんが答えると言う、なんとも可笑しな方式。
だって、金魚なのに焼き肉が好きな食いしん坊なんです!

それにおとぼけさんで、「なんでマリリンと言う名前なんですか?」と聞かれても、
「さぁ、なんででちうかね?」なんて答えるのです。マリリンの口ぐせは「ちう」なんです。

「です」を「ちう」と言う所が、可愛くって、真似したくなります。
しかも、この赤のもこもこは取り外し可能なんですよ!

で、取り外したマリリンは変な白の棒状の生き物になるから、
モザイクがかけられて見る事が出来ません。もう、たまらなく脱力系&可愛い!

休みの日はごろごろしているし、誕生日にはケーキを一人食いするし、見ていて飽きない。
なんでもネットで火が付いたキャラクターみたいなんです。

私は、義母にこの本を頂いたのですが、これからも和みたいときにはこの本を開くと思います。
ホッとしたい時に、あなたも読んでみませんか?おススメです。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。


テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

2008年版・厳選のオススメ本≪後編≫

前編から合わせて読んで頂けますと幸いです。では早速後編の紹介です、どうぞ。

◎タイトルをクリックしてもらえれば書評も読めます◎

。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆

【エッセイ部門】




立川談春:【赤めだか
あの名人・立川談志をして「俺より上手ぇ」と言わしめた若手実力落語家立川談春。
その壮絶な修行&青春時代 。読むと必ずや落語が好きになる事請け合いです!!

長嶋康郎:【古道具ニコニコ堂です
事実は小説より奇なりを地で行くエッセイ集。
数々の小説のモデルになっただけあります!!珍妙な味わいを。。

岸本佐知子:【気になる部分
とにかく驚異的な妄想力爆発で、お腹痛くなる程笑いました。頭の中を見てみたいです!

。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆

【人生の側に!部門】




岡本太郎:【強く生きる言葉
太郎さんの言葉は生命の真芯に響いて来ます。

水木しげる:【本日の水木サン
天衣無縫な水木サンの放つ名言を、うるう年も入れて1年分366個。
たっぷり楽しめます!!あなたにも妖怪の姿が見える風になるかも!?

花輪和一:【天水
日本人に生まれ、この名作を読む事が出来、本当に良かったと思う。
日本の漫画史に残るであろう傑作です!!

。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆

来年は今年よりも更に幅広く読んで行こうと思っています。
海外の作品、ミステリ、SF、等など。

未読ジャンルにもドキドキしそうな作品が多そうですし。
日々読書の感動を伝えられる様に精進しますので、改めてよろしくお願い致します。

。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆

≪ジーナより一言!!≫

今年は皆様に書評を読んで頂けて嬉しい1年でした。
お陰様でブログ村・本&書評・レビューランキングで1位も獲得することが出来ました。

本当に、本当にありがとうございます\(*^∇^*)/♪
来年もどうぞよろしくお願い致します。良いお年をお迎え下さいませ。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

2008年版・厳選のオススメ本≪前編≫

今年6月にオススメ本紹介のレビューを始めてから半年。
無我夢中で読んで書いて来ました。感動をくれた数々の本。

全ての本に感謝の気持ちを込めつつ、出逢えた本の中から、
特に強く印象に残った本を厳選し順位は付けず、改めて紹介させて頂きます。

書評に目を通して下さった方々、1人1人に心よりの御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。それでは御覧下さいませ。

◎タイトルをクリックしてもらえれば書評も読めます◎

。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆

【短編小説編】




森絵都:【アーモンド入りチョコレートのワルツ
タイトルにもなっている短編の中のフレーズに涙しました。

いしいしんじ:【雪屋のロッスさん
稀代の物語作家いしいさんが紡ぎ出す、30篇。極上のファンタジー味わえます☆

川上弘美:【どこから行っても遠い場所
今年度最大の収穫は川上さんの作品に辿り着けた事!!

神様】も捨てがたかったのですが、新作のこちらを推したいと思います。
決して語られない思いを丁寧に掬い取って、言葉にしていく。人生を肯定してくれる本です。

。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆

【長編小説編】




高橋源一郎:【日本文学盛衰史
純文学界の怪人高橋源一郎さんが明治の文豪たち相手にがっぷり四つに組んで
奮闘している傑作です。お堅い文士連中を、現代日本に連れて来たらさて果てどうなる!?

小路幸也:【キサトア
心地よい風が吹いている傑作ファンタジー。児童文学や、ジブリ作品好きな方にもオススメです!

よしもとばなな:【彼女について】誰の身にも起こり得る不幸や
人生の不条理について書き続けて来た作家、ばななさん。

魂の再生と、自らを癒す道筋が描かれた、夜明けの光みたいな本です。

。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆。、:。.:・'゜★。.:・'゜+。、:。.:・'゜☆

明日の後編に続きます。お楽しみになさって下さいね\(*^∇^*)/♪

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

≪紹介文・後編≫【半歩遅れの読書術〈1〉】 日本経済新聞社

≪紹介文・前編≫【半歩遅れの読書術〈1〉】 日本経済新聞社←こちらからお読み下さいませ♪

この本の中で紹介されている、様々な本との付き合い方に
実に沢山の事を学ばせてもらったように思う。

自身、古書店も経営されている出久根達郎氏が提唱する【かくれんぼ読書】のススメ。

『本は毎日眺めていると飽きる。書棚に並べて半年間、ついに読まなかった本は、
箱に詰めるなりしていったん隠す。隠して忘れるのである。
久しぶりに現れた書物は、ひどく新鮮で、おや、こんな本があったと発見し、その場で読む。』

これなんかは、勢いで買ったものの、長い間【積ん読】していた本を再発見するのに、
とても役に立った。自分が選ぶ本の傾向が判ったり、いつかは読もう…。と、

敬遠して来たタイプの作家との驚きの出逢いが持てたりで、
一石二鳥にも三鳥にもなったので感謝している。

この本の更なる魅力でもある、執筆者によるオススメ本の紹介。
やはり知的好奇心や読書意欲が、より一層膨らむ物が取り上げられていて興味深く感じられた。

坪内祐三さんが書いている通り、良い書評の最大の魔法とは、
その本を読みたくなってくる事なんだと思う。

例えば向井敏さんが紹介するサマセット・モーム
【読書案内】中の一節を引用した箇所には読書欲を駆り立てられた。

『どんな名著であろうとも、「ぜひとも読まねばならぬ義務は何人にもない」
読むでのあれば、楽しみの為に読まねばならない。
読んで楽しくないならば、その書物はあなたになんの意味も持たない。』

自分自身がブログにオススメ本を書く時の座右の銘になった。

最後に、川上弘美さんが書いている言葉を引用して、この最良の一冊の紹介文を締め括ろうと思う。
『こういう本があるんですよ。みんな見て、見て。手に取って。』どうですか、読みたくなったでしょ!?

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

≪紹介文・前編≫【半歩遅れの読書術〈1〉】 日本経済新聞社

半歩遅れの読書術〈1〉私のとっておきの愉しみかた半歩遅れの読書術〈1〉私のとっておきの愉しみかた
(2005/10)
日本経済新聞社、

商品詳細を見る


この本には救われた!!現在僕はこうして、ブログに本についての文章を書いて行ってる訳だが。
読書熱再燃したのも。今年、病気療養の為に時間の余裕が出来たからで。

学生の頃からすると10数年分のブランクがある。
自分は随分と遅れた本読みなのだ。と、引け目を感じる時も正直多い。

『この本について書くのは遅れているんじゃないか!?
今さら何言ってやがる!って馬鹿にされるぞ、恥掻くぞ、やめとけってば…。』

変な声聴こえ、嫌な汗掻いたりして。なので。書棚に、この一冊を見付けた時。
大袈裟かも知れないけれど、本に呼ばれた気がした。

【まえがき】の時点で全身に雷が走る。長い引用になるが紹介させて頂きたい。
『結論から言えば、本を愛する人にとって、今ほど遅れて見る目が必要な時代はないのである。

<中略>川のように流れ去る新刊書のなかに、価値に気づかず見過ごした本があるやもしれない
という思いは、消すことはできない。情報を得るための読書がある一方で、

人生の不思議さ、物語の面白さに、打ちのめされる読書もある。
後者のような読書体験は、流れ去る情報の渦より、ずっと後にやってくることが多い。』と、

この本の編集された意図が述べられている。手前味噌だが、自分が迷いながらもやって来た事
赦された気がして嬉しく、大いに勇気付けられ、涙が出た。

実際、これまでの人生を通じどれ程、書物に生きるヒントを貰い助けられて来た事か!?
そんな感動の体験や、わくわくした気持ちを書かずに居れないので書く。

理由は至ってシンプルな事だったんだよなぁ。

本編には、評論家の川本三郎さんや、坪内祐三さん。
作家の川上弘美さんや、堀江敏幸さん等など。

名うての本読みが、各自の持つ『本とつきあう独自の方法』を発表しているので
≪紹介文・後編≫では内容についても、触れさせて貰おうと思います。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【私の1冊 日本の100冊スペシャル】 番組レビュー

本を読むのって楽しい。それをシンプルに力強く伝えて行こう!!とする番組が始まりました。
本を読むようになったきっかけも人それぞれ。

今回見たスペシャルの中で特に印象的だったのが国生さゆりさんの話。
アイドルとして活動していた学生時代は忙しく1冊も読み通した本がなかったと言う国生さん。

彼女が女優業をスタートさせた時に転機はやって来ます。
『何で、みんな台本を読んだだけで、動きがつけられるのだろう!?』。

悩んでいる所にアドバイスをくれた先輩が、名取裕子さん。

『本を読みなさい!自分の好きな人を本の中に見つけたら、その人がどういう感情で動いているか
計算出来るようになるから。最初は5行でも、だんだん読み慣れて来る内に読めるようになるから。』

気が付くと本の中に心の旅が出来るようになったというのだから、
本を読む楽しさや素晴らしさが凄く実感を持って伝わって来ました!!

そんな、国生さんが選んだ私の1冊は馳星周さんの【不夜城】。
冒頭の数行からぐいぐい引き込まれたそうで、俄然読んでみたくなりました。

作家さんの本棚紹介コーナーでは。
『(本を選ぶ時には)開いたページの字面を見る。面白い話は字面がきれい。』と語る海堂尊さん。

角田光代さんは『1ヶ月に7、8冊を全部並行して同時に読みます。』
お昼ご飯の時用には心が和むタイプ、寝る前用にはアメリカの小説。文体の美しさがお気に入り。

分けて読むやり方だと全部のストーリーが何処かで繋がって進んでるだそうです。

番組はこれから、色々な読書の楽しみ方と本から得られる喜びをたっぷり100人分
紹介してくれるそうなので、期待しています。

放映時間はBS2で月曜~金曜の朝8時~8時10分。BShiで8時45分~8時55分。
BShiでは土曜日朝7時45分~8時35分まで1週間分をまとめてだそうです。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ 
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。