スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スターバト・マーテル】 ティツィアーノ スカルパ

スターバト・マーテルスターバト・マーテル
(2011/09/14)
ティツィアーノ スカルパ

商品詳細を見る


この本のことはbk1さんのオススメ書評欄に掲載されていた書評で知り、どうしても読まねば!
と言う気になり手に取った次第です。それにしても、170頁に満たない、この中篇小説は、

とんでもない吸引力を放っていました!全編を通じて、養育院に住み暮らす、
孤児の少女チェチリアが己の孤独や、自らの死をも含め、自分を捨てた母親に向けて、

赤裸々に独白するるのですが、その切実過ぎる内容から、目が吸い付いて離れなかったです。
養育院では、孤児の少女達から、特に芸術的才能を有する者を選り分け、音楽の英才教育を施す。

そんな日々を繰り返す中で、チェチリアは自身の持っている創造的感受性に押し潰されそうになる度、
秘密の闇夜の場所に隠れ、黒蛇の頭をした、象徴としての《死》に語り掛けるのです。

その生々しさと来た日には!!少々長くなりますが、引用をさせて下さい。
『お母様が感じたはずの恥を、自分でも感じてみようとします。自分の中に過ちを宿すって、

どのような気持ちなのでしょう。なにが第一なのでしょう?誠実であること?けがれない処女でいること?
自分のけがれを愛すること?自分の過ちを自分の心の中にもち続けること?子供を見捨てないこと?

なにが第一なのでしょう?なにがいちばんだいじなのでしょう?』黒蛇は意味深に応えます。

『人の話を聞くとき、あなたは彼女らの口の中の黒い歯を見ている。
生きている間に言わなければならなかったたくさんの言葉のせいで、黒くなってしまった歯を。

それにあなたは相手の目を見ないで、その少し下を見ている。
生まれたときから見なければならなかったたくさんのことのせいで、くすんで腫れぼったくなった隈が、

あなたは気になってしかたがないのよ』わたしたちはまだ生まれてはいない。
そう信じ込んでいたチェチリアの小さな世界を壊し、より外の世界へと向かわせようと登場するのが、

新任の、アントニオ・ビバルディ神父。神父の型破りで、芸術至上主義なやり方は、
チェチリアの内側を、轟音と共に鳴り響く稲妻と化して、いたいけな少女に襲い掛かって来て…。

クライマックスに向かう局面の圧倒的な描写を是非あなたにも味わって欲しい、孤独とは?
生や死とは?を深く考えさせる一冊。是非、読んで震えて下さい!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS
↑ご希望の方は『新規登録はこちら』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【天球儀とイングランドの魔法使い】 マリー・ルツコスキ

天球儀とイングランドの魔法使い (創元推理文庫)天球儀とイングランドの魔法使い (創元推理文庫)
(2011/02/12)
マリー・ルツコスキ

商品詳細を見る


本が好き!さんから献本いただきました。ありがとうございます!!!

その本と自分との間の相性を図る時、まず大切なのは冒頭の一文が自分に迫って来るかどうかだ。
その点に於いて、この小説は最適だと言わざるを得ないだろう。何しろ、全ての始まりの出だしが

『朝からなんだかいやーな日というのがある。だれにでもある。』ってんだから!
果してこれから主人公の身の上にどれほどの波瀾万丈な物語が待っているのだろう!?と

問い質したくなるのも至極当然ではないか!!主人公は十三歳の女の子ペトラ・クロノス。
ボヘミアに住み暮らしてる。が、ある日突然、襲って来た、正体不明の怪物の手により、

生死の境をさ迷うことになる。しかし、次にペトラが目覚めた時に居た場所は遥かな異国である、
イングランドにある館の中だった。その館の主の名はジョン・ディー。

敵か味方か、の疑念を上手くかわす怪しげな男だ。ディーの館でペトラを待ち受けていたのは、
幽閉されての剣術、魔法の修行の日々だった。面白いと思ったのは、壮大なスケールの、

シリーズ第二部なので、主人公ペトラが未だに自分の能力を把握しておらず、
各章が進む度に、彼女の中に秘められていた才能が、次々に開花していく様子をつぶさに観察出来た事だ。

そして、早速目覚めた彼女の才能は、大英帝国宮廷に巻き起きる、様々な陰謀の原因追求へと結び付いていく。
謎から謎へ筋書きは進むので、読み続けるのにハラハラドキドキ、常に手に汗握る状況だった。

このファンタジーに、更に奥深い要素を与えているのが、ある空間から、
ある空間へと一瞬で飛んで行けるリフトの存在だ。世界中のリフトを司る、二つで一対のグローブ、

地球儀と天球儀の行方を巡る攻防も物語りの重要な鍵となる。
行方不明のペトラを探しに旅に出たトミックと、ロマの少年で海賊でもある、

魔法の指の持ち主インドラニールとが、リフトの悪戯か偶然に互いを知らぬまま、ライバルになったりして。
最終的に、謎はどの様に解けるのか?大英帝国内に渦巻く陰謀の糸をペトラがどのように

断ち切るのかが見物だと思う。冒険活劇と、ミステリを、二つ一挙に楽しめるオススメの本です!


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【ホット・ロック】 ドナルド・E.ウエストレイク

ホット・ロック (角川文庫)ホット・ロック (角川文庫)
(1998/09)
ドナルド・E. ウエストレイク

商品詳細を見る


矢鱈めっぽう面白い!帯の謳い文句にある様に、二転三転する展開に、ハラハラドキドキする一冊だ。
天才的な犯罪プランナー、その名もドートマンダー。彼に寄せられた依頼は、

アフリカにある2つの小国家の間で部族の威信を懸け、
奪いあいを続けているバラボモ・エメラルドを奪還して欲しいという内容。

成功報酬は1人頭3万ドルで、上限は15万ドルまで、つまりは、
最大で5人のチームを組んで仕事に当たって貰いたいという何やら曰く在り気な条件付き。

早速、相棒のケルプと手分けして腕利きの泥棒仲間3人に電話をするドートマンダー。
(この時電話の向こう側で誘い出されることになる3人がしている事が、

3者3様かなり変わっていて爆笑せずにいられなかった。) ともあれ5人組は蠢き始める。
が、思うように事は運んでくれない。何故か?それは圧倒的にドートマンダーのツキがないからである。

ツキがない、ならばどうするのか?天才的な犯罪のプランを立て皮肉な運命を打ち破る。
彼らと対峙している依頼主であるアイコー小佐のキャラも良い。何よりも好きな物が、

自分が交渉をしている人間の身上調査書作成で、相手を知りたがり、又、支配したがる。
おまけに自分の故国がアフリカの小国である事を理由に何かと理由を付けては、

宝石奪還が無事に成功するまでの間の、週200ドルの必要経費の捻出さえ無理矢理抑えさせようとし、
ドートマンダーとぶつかる始末だし。それでも乗り掛かった船とでも言うべきか、

バラボモ・エメラルドの追跡を諦めようと、すればするほど、事態は転がり続け、
簡単にはヤマから下ろしては貰えなかったりする。なので、渋々、

愚痴も挟みつつ前進するより他ないドートマンダー強盗団。
中々入手困難な宝石を追い掛けて、あれこれ奇想天外な手を仕掛け続けるのだが、これが、実に破天荒!

しかも、携わる仲間も型破りなので、犯行現場は常にスリリング。
『なんでそうなるの!?』思わずツッコミを入れたり、余りの馬鹿さ加減に噴き出したりと、

読んでいるこちらを片時も飽きさせない。深夜の刑務所破りも、白昼堂々と乗り込む警察署突入も、
思いもよらない発想力で実現させてしまうので痛快だ。更には、一読しただけで怪しい、

遣り手弁護士も登場して来る。彼は果たして味方か敵か?どちらにせよ、
一味の運命を左右する存在になるのは間違いないのだが。さてはてドートマンダーは如何なる手段を使い、

次々襲い掛かる悪運を跳ね飛ばし、宝石の奪還に成功するのだろうか!?
めくるめくスペクタルを存分に堪能出来る、そんな一冊として、

心からオススメ致します。あ~、面白かった!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【いつかわたしに会いにきて】 エリカクラウス

いつかわたしに会いにきて (ハヤカワepi文庫)いつかわたしに会いにきて (ハヤカワepi文庫)
(2002/02)
エリカ クラウス

商品詳細を見る


こちらの本もliquidfishさんから、ゆずって頂いた本です。本当にありがとうございます♪

せつない、これがこの本を読んだ感想の大きな部分を占める。
知的、自由の象徴、巧みな言葉遊び、色々な読み方が出来るのもまた、ひとつです。

好きか嫌いかと尋ねられたら、好きと言える女性である。
冷たい様でいて、実は不器用、人との距離の取り方を知らない女性が数多く出てくる。

女たちは、最後の場面で悩み、苦しむ。はじめは、
あっけらかんと言葉遊びを楽しんでいたのにも関わらず、そういうせつない状況になる。

そういう自然の流れを書くのがとっても巧いと思った。
最後の場面で挑発気味だった女たちが弱さを見せる。そこが、なんともたまらず、愛おしかった。

ユーモアセンスにも優れ、(知性で笑わせるタイプである)実に軽快!
女性の自由の獲得を徹底的に追求した、この本に圧倒されました!!!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【星の王子様】 サン=テグジュペリ

星の王子さま―オリジナル版星の王子さま―オリジナル版
(2000/03)
サン=テグジュペリ

商品詳細を見る


何度読んでも、その度新しい気持ちで読める【星の王子様】。冒頭に書かれた作者の献辞。
初めて読んだ子どもだった頃。『なんで、この人は、僕ら子どもに謝りっぱなしなんだろ!?

言いわけって言うけれど、子どもじゃない人に絵本をささげるのは、
悪い嘘ついた時みたいな気分なのかな…。でも、不思議だな、言いわけする大人は沢山いるけど、

子どもに謝る大人って少ないのに。最後まで謝ってあいさつ終わっちゃったし。あれかな♪
おひげを生やしたおじさんも昔は子ども~、を思い出して欲しいのかな…』

胸の辺りにポカンと穴が開いて風が吹き抜けていった感じになりました。
それから、高校生時分に、『思春期のバイブル』的リバイバルが来て、

その時は昼休み好きな女の子が読んでたのを発見しら再読。

『そのおとなの人は、むかし、いちどは子どもだったのだから、わたしは、
その子どもに、この本をささげたいと思う。おとなは、だれも、はじめは子どもだった。』涙が出た。

妥協せず大きな人に、子どもをすっぽり包み込める位の、大人になりたいと思ったら、
泣けて来たのだ。それから何度読んだか分からない。大切な本の一冊に。

砂漠に不意に現れた、王子様の年齢不詳な風貌、
でも確実に少年になる一歩手前の子どもな感じが大好きです。

(少年特有の変なハニカミや人見知りをしない、王子様カッコいい!)この話読むと、
皆さん何処かに自分と重なるキャラクターを見つけられる筈だと感じますが。

僕が今回の再読で、参っちゃったな…と感じたのが、
王子様が故郷の星のを後に旅続けてる時に立ち寄った呑み助が住んでる星。

王子様と呑み助との会話に、子ども時代は怖かった酔っぱらいに、
現在の僕はしょっちゅう変身してる点、呑み助の言い訳めいた独り愚痴

『はずかしいのを忘れるんだよ。』『酒のむのがはずかしいんだよ。』
いうなり、だまりこくってしまった心境などアラフォーの喉元を熱くさせるのでした。

作者サン=テックスの目に映った子どもの真実で、大人の現実を生きざるを得ない任務。
純粋とかリアルって言葉への解答が詩的散文で綴られた本。

死や生を問われるような、ニュースが繰り返し、報道される時代にこそ読んで欲しい名作です!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

SNS「本好きな人が集まる場所」から名前変更「本カフェ」になりました
皆様がカフェにいるような楽しい情報交歓の場所となりますように
http://heartgraffiti.sns.fc2.com/
ご希望の方は↑から『友達招待』(上段真中にあります)をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【音さがしの本―リトル・サウンド・エデュケーション】 R.マリー・シェーファー

音さがしの本―リトル・サウンド・エデュケーション音さがしの本―リトル・サウンド・エデュケーション
(1996/12)
R.マリー シェーファー今田 匡彦

商品詳細を見る


図書館の児童書コーナーで出会った本。
「音」に対する感性を磨くための100の楽しいゲームと課題が載っています。

『朝起きて1番最初に耳にしたのは何の音?』や『昨日寝る前に最後に耳にした音は?』
『あなたが普段聴いている中で1番心安らぐ音は?』日常の音に耳を傾けたり。

『赤や青の色が持ってる音は、どんな感じ?擬音で表して見よう!』とか、
『月の光が降り注ぐ時の音はどんな風に聴こえるだろう…!?』新しい音を発見したり。

様々な角度から周りの音世界に耳を澄まして、新鮮な感動を体験してみませんか!?
姉妹本の大人版サウンドエデュケーションと併せて大オススメです。

ちなみに今現在の僕の耳に。赤は、焚き火の燃えるパチパチ、プチプチいう音。
青は、湧き水の泡がコプリプワリいうイメージで聴こえて来ます。
皆さんなら如何でしょうか!?是非この本で色々な音をさがして見て下さいね。


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【ディア・ベイビー】 ウイリアム・サローヤン

ディア・ベイビー (ちくま文庫)ディア・ベイビー (ちくま文庫)
(1991/06)
ウイリアム サローヤン

商品詳細を見る


些か青臭い書き出しで申し訳ないが。詩を書き始めたばかりの学生の頃、
数少ない友人の1人から「お前が真剣に言葉を探してるってんなら、これやるよ!」と手渡された本。

ボロボロになるまで読んだ本。初体験のアメリカ文学。その後連れ合いと出会った時、
仲良くなる切っ掛けをくれた本。 ディア・ベイビー。親愛なる世界に宛てて書かれたラブ・レター。

美しく幽けき散文。純情で無骨なボクサーの生まれて初めて手にした、いいもの、美しいもの。
それなのに。『お前に逢ったことだけが、俺の人生の取り柄なんだ。』チャンピオンになれた夜、
悲しい呟きは独りぼっちだ。少年は憤る、盗まれた自転車。自慢のピカピカ愛車。

『タダじゃ置かないさ!』若者は空中ブランコを漕ぎ、いくらか文章が書けること意外、
能はないけれども。【生存許可願】を書かせてやっちゃくれないか!?

ディア・ベイビー、親愛なる世界よ。みんな揃って、あんたに片想いの真っ最中なんだぜ、オイ!?。
秋の夜長に読んで欲しい素晴らしい短編集。オススメします。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。