スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ROCK’N’ROLL SWINDLE 正しいパンク・バンドの作り方】 嶽本野ばら

ROCK’N’ROLL SWINDLE  正しいパンク・バンドの作り方ROCK’N’ROLL SWINDLE 正しいパンク・バンドの作り方
(2009/01/30)
嶽本 野ばら

商品詳細を見る


♪【NOVALA is a PUNK ROCKER】。野ばらちゃん、最高!
そしてDRAWERS(ドロワーズ)メンバーの皆さんあんたら最低で最高にカッコいいっす!!

「乙女のカリスマ」野ばらちゃんが、『もう発表は随分前だというのに、
未だ『下妻物語』の嶽本野ばらといわれることにも、最近、大概、うんざりしていたんだよ。』

すっかりヤサグレちゃって、パンクに原点回帰♪。
どうしてもバンド組んでステージに立ちたくなってしまった。

まるで弾けやせんのに、エレキギターを買い求めた瞬間から動き始めるパンク・ストーリー。
ある日野ばらちゃんに懐かしい人から連絡が。その人の名は山本精一。

日本屈指の奇才で鬼才なギタリストであり、
大阪難波BEARSの店長(野ばらちゃんが関西のバンドマンだった頃出ていた。)。

嶽本野ばらが作家としてデビューするのが決まったと伝えた時、
『嶽本君、町田(康)には負けるなよ!』シンプルで強いエールをくれた人です。

きっと「野ばらがあちこちのパンクスのギグを観に来て、時々ステージに乱入もしてるらしい☆」って
話を聞き付けたのでしょうね。さらりと自分のライブに招待。

ぶっ飛んだステージは野ばらちゃんを魅了しまくった後、
『要はパンクや。俺はそれだけが解ってたら、ええねん』この一言最高☆

かくしてパンクス嶽本野ばらBEARS20周年に 出演決定!!作品のサブ・タイトルにもなってる
正しいパンクバンドDRAWERSは如何にして作られたか!?

奇跡的に集まった以外言い様のない聖なる阿呆4人。
以前はウェディングドレスに血糊をべっとり塗りたくった出で立ちで

世の中舐めきったパンクを繰り広げていたギターMieshaは関西人特有のボケ担当。
冷静にメンバー全員にツッコミつつも、練習初日このバンドを企画で終わらせず

『このバンドでフジロックに出なアカン!』とバンド愛は人一倍深い、リーダーでドラマーの魔太郎。
アニメの主題歌等シングルを何枚も出しているバリバリのシンガーYURIAは何故かベースを担当。

笑いと情熱(途中から野ばらちゃんが封印してた関西弁を解禁、ボケ倒したり)バンドならではの苦悩、
活動の継続への悩み、ホロリとさせる話もあって…。特典のDVDのライブへ!

中島らも【バンド・オブ・ザ・ナイト】大槻ケンヂ【リンダ・リンダ・ラバーソール】等の、
音楽小説に共通するアドレナリン出まくりの小説。

『パンクとはー――袋小路の絶望を希望に変える唯一の手段』いつかはぐれた心は弾み、
ねじれた体がほどけて踊り出す一冊!!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

SNS「本好きな人が集まる場所」作りました。皆様の楽しい情報交歓の場所となりますように
ご希望の方は↑から『友達招待』(上段真中にあります)をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【ミシン】 嶽本野ばら

ミシンミシン
(2000/10)
嶽本 野ばら

商品詳細を見る


嶽本野ばらさんの事はずっと気になっていた。中島らもさんが亡くなった時に出版された
追悼本に寄せられた野ばらさんの文章。皮肉混じりの愛情表現。傷みに厳しく向き合う覚悟。
美しい仕様の人だな、と。今回、本屋さんの棚に見つけたのも、引き寄せられたとしか言い様がない。

青い蒼い背表紙、異彩を放っている!!装丁から作品世界薫り立つ本、読まずに居られるものか!?
読書中何度も鳥肌が立ち、『優れた散文は詩を含んでいなければならない』そんな名言を想った。

文字面を軽くなぞる経験でなく、作者の身を刻んで書き付けられた言葉に向き合う、読書体験。
収録されている2つの作品に共通するのは、物語の向こう側に美の感覚を発信しようとする姿勢だ。

パンクを語る上で決して忘れてはいけない軽やかなユーモア精神をも身に纏う女の子たち。
ただ純粋に人を好きになる気持ち。日本文学の根底に脈々と流れている
情愛の念を受け継ぎ書かれて在り、人間本来の清らかな結ばれ方に落涙しました。

これぞ最高の純文学です!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。