スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【バンド・オブ・ザ・ナイト】 中島らも

バンド・オブ・ザ・ナイト (講談社文庫)バンド・オブ・ザ・ナイト (講談社文庫)
(2004/02)
中島 らも

商品詳細を見る


酒に生き、酒で逝った中島らもの最低で最高な大傑作。
らもさんの数ある著作の中でも、特に好き。

サービス精神旺盛で、いつも万人に向けたエンターテイメントを発表しては、
楽しませてくれた人が、思い切り赤裸々で身も蓋もない、

賛否両論真っ二つに割れるような作品を書き上げた!
その事実に多少戸惑いながらも、とても酩酊状態の最中に書いたとは思えない、

圧倒的に美しい散文の洪水には心底痺れさせられた。
作家、中島らもが誕生するまでの乱行と乱交で迷走する日々。

ある意味、これはデカダンな青春小説なのかも知れない。
会社を辞め、「フーテン」に逆戻りした、作者の分身である、大島。

クスリによるクスリの為の生活が始まった。薬物中毒連中=ジャンキーに、
ヘル・ハウスと命名された自宅には、「万引き」を職業にしている者や、

壊れたギターを出鱈目に掻き鳴らす、ノイズミュージシャンのモヒカン青年、
年がら年中問題だらけなのに、『ノー・プロブレム』が口癖の陽気な外国人、

などが気ままに居候を決め込んでいる。そこにいる誰もが、ならず者からも脱落している、
なれず者。バンドを組み、やっとの思いで、自主製作レコードの録音を終えた、

主人公の大島にしても、一晩を共にした女の子に、レコードのプレス費用を、
そっくり持ち逃げされてる始末だし…。そんな無頼で自堕落な日々への様々な思いが、

ぐるんぐるん脳ミソを掻き回し、そこから散文が溢れ滲み出す…。
『炎で焼かれた文字、判読不明の、山と海にはさみうちにされた街、神戸の街角、

京都の百万遍、大阪のじゃんじゃん横丁、途方に暮れる四つ角、
何者でもないおれと発狂するDNAと「コショウを回して下さい」と乾電池をなめた味、』

といった具合に。逝った具合に。それでも、生き延びようとコピーライター養成講座に
通う大島がいじましい。ある時代の、ある街角に、実際に存在した、ある痛み。

生き苦しさ、息難さ、それでも生きていたいミノムシ。十字路。
祈りながら倒れた人の胸に刻み込まれたのは生存許可届け。

職安で尋ねられた『君の特技は?』『物を書くこと、詩や散文を』アーメン、合掌、合唱、ハレルヤ!
この小説が、中島らもの実体験を基に書かれたものだけに、ヘル・ハウスの人々が、

一人、また一人と気配を消していくのが切ない。そして、最後『おれは吐く。君のために。』
サバイブする大島の、クスリと手を切る時の描写には堪らなく込み上げて来る物を覚えました。

誰にでもオススメ出来る内容ではないけれど、
このレビューの締めとして中島らもが晩年やっと辿り着いた、

ロック・ミュージシャンとしての生き方から詩を引用します。ピン!と来た方は是非この小説を!!

『君がイイ奴で、だからダメな奴で、自分が何者なのか、
ぜんぜんわからなくても!?いいんだぜ、いいんだぜ』

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【永遠も半ばを過ぎて】 中島らも

永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)
(1997/09)
中島 らも

商品詳細を見る


冴えた空気割って三日月輝き出す季節を感じる頃、決まって読み返したくなる一冊。
亡くなるまで終始コミカルにシニカルに世界を笑い飛ばしてみせたエンターテイメント職人
中島らもの真骨頂ここに在り!!電算写植機軋ませながら、今日も机に向かう俺。

漏れ溢れ出す、無意識が筆を動かせる自動書記。この世のものとは思えぬ程に、
麗し美文で綴られて。幽霊が書いた作品やも!?と。詐欺師、というよりゃ、ぺてん師登場。
編集者相手に丁々発止。知恵比べ、化けの皮!剥がし剥がされ、ヨヨイのヨイ。

かくして揃った3人組。波多野、相川、宇井美咲。
文壇はおろか、揚げ句の果てに極道たちをも巻き込んで…。
文字が言葉が繋がって唸り出す、踊り始める。純度高い芳醇な香りのスピリッツ。

一瞬に込めた永遠。そして永遠から解き放たれた一瞬。生きている真っ最中の半ば。
ロックンロールな作品です。豊川悦司主演の映画版『Lie Lie Lie』と合わせてオススメします。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【僕に踏まれた町と僕が踏まれた町】 中島らも

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)
(1997/08)
中島 らも

商品詳細を見る


古くは、漱石太宰中也。最近では村上春樹愛好者をハルキストと言うように。
ある種の人間にとって、著作を読む前と読んだ後とで、人生観が丸で変わってしまう位の
激烈な体験をさせてくれる作家が居る。僕にとっては、中島らも

存在が劇薬、痺れっぱなしだ。この本には、如何にして彼が、
中島らも的な思考や生き方に辿り着いたかが書かれてある。

難関校として有名な灘校に優秀な成績で入学。したものの。
中学生でシュールレアリズムに傾倒、書道の時間テーマ無視した『自動筆記』
(内容の余りのアホらしさに爆笑)をやらかし、親呼び出され。

高校時代、授業サボって校舎裏で酒盛りしてる時に
三島由紀夫の死のニュース聴いて呆然としたり。
と、周りや世界から、堕ち零れていく様子が描かれていく。

特に印象的だったのが浪人時代の仲間の自殺に触れている所。
絞り出すように『生きて、アル中になって、醜く老いていって、
それでもまんざらでもない瞬間を額に入れてときどき眺めたりして、
そうやって生きていればよかったのに、と思う。』って文章に
刻む事の出来る姿勢の美しさ。キッパリと覚悟ある立ち方で書けるからこそ、中島らも。

圧倒的にリアルに響いて来るんだよなぁ。コミカルに、シニカルに世界を描く
らもさんの視点の原点が詰まっています。是非一度読んでみて下さい!!。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

今日7月26日は中島らもさんの命日

らもさんが突然いなくなって、今年で四年。四年、か。淋しいなぁ。
命日には毎年、らもさんの事について、あれこれ思いを巡らせる。
その位、僕にとっての、中島らもさんの存在は大きい。

初めて読んだ、らも作品は小説【超老伝】。
狂人を職業としている老人(しかも逆立ちして闘う格闘技カポエラの達人)が主人公。
余りのはちゃめちゃさに、「こんな小説もあるのか!?」と
目から鱗が剥がれ落ちる感覚と言うのをリアルに味わう事が出来た。

なので俄然興味が沸き『 他にはどんな作品を書いてるのだろう? 』と次に手に取ったのが、
今夜、すべてのバーで】。らもさん自身のアルコール依存症での入院体験を、
徹底的に見詰め直し、一級のエンターテイメント作品に仕上げている、
この小説を読んで、もう完全に中島らもの放つ底知れない魅力にヤられてしまった!!。

人間の持つ、どうしょうもなさや愚かさを、
『どうしようもない事や悲しい事に世界が溢れてるのは分かりきっている。
だからこそ自分は、如何に笑い飛ばして、楽しめる作品に仕上げるかに全力を注いでいる』として、
真っ正面から受け止め表現し続けた、らもさん。

明るい悩み相談室】シリーズはじめ沢山のエッセイや、対談集、芝居の脚本、
詩集や音楽活動に至るまで幅広く。読む度に新たな発見があるし、
『あぁ、なんとか生きて行けそうだ』って思えて来る。らもさん、ありがとう。

◎ジーナオススメ本は【ガダラの豚】今まで読んだ本の中で1番のエンターテーメント作!!



ブログランキング・にほんブログ村へ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。