スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【いねむり先生】 伊集院静

いねむり先生いねむり先生
(2011/04/05)
伊集院 静

商品詳細を見る


これは伊集院静氏が自己を再生するまでの様子を克明に描いた私小説と読むことも可能だし、
『いねむり先生』こと作家阿佐田哲也=色川武大氏について描いた伝奇小説とも取れる。

どちらにせよ非常に慈愛に満ち満ちた作品である。最愛の妻、夏目雅子さんを癌によって亡くした筆者。
心身ともズタボロに成り果て重度のアルコール依存症と、ギャンブル漬けの日々を送るのみだ。

主人公サブロー青年の実感でも『どう考えてもボクは人間として失格者だった。』となってしまっている。
全国各地に賭場を求め、根なし草の如く転々墜ちるばかり。そんな彼を見兼ねて先輩Kさんから、

『是非逢わせたい人がいるから、上京しないか?』の誘い。それを契機に【ギャンブルの神様】等々、
数多くの異名で呼ばれていた先生と、サブロー青年の不思議な付き合いが始まった。

先生が兎に角チャーミングな人物として描かれているのが強く印象に残る。裏路地を歩いていて、
突然ポン引きの男が親しげに話し掛けて来る。何やら話し込んだ後、先生は男に幾ばくかの金を渡すのだった。

Kさんが先生に問い質すと、昔の知り合いの名前を言ってたから…との事。一事が万事この調子、
あらゆる人間を丸のまま受け止め、受け入れるだけの器の大きさを有した傑物なのだ。

だが、その優しさの裏側には、想像を絶する精神の難病を患いつつも、
闘病を挑んだ先生の激烈な生きざまがあったと思う。先生はサブロー青年の中にも

同じ病気が巣喰っているのが分かっていたようだ。だからこそ、
連れ立っての『旅打ち』ギャンブル旅行の最中、青年に盛んに小説の話を仕向けたのだろう。

ちょっと引用したいと思う。『こんなふうに言うと、君は気を悪くするかもしれないけど、
私には君の小説のよさがよくわかります』『私はただサブロー君が小説を書いてくれたらいいと思ってることを言いたかっただけなんです』

ラスト付近で幻覚発作に襲われもがいていた筆者に手を差し伸べ、
『大丈夫』引っ張り上げてくれた先生の力で、その後、発作からサヨナラ出来たサブロー君。

文学者から文学者への、魂のバトンの継承を読ませてもらって、温かさに感動しました!
貴重な読書体験を持ててうれしいです!!


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS
↑ご希望の方は『新規登録はこちら』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。