スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)】 三上延

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
(2012/06/21)
三上 延

商品詳細を見る


まずは一言。本当に抜群に面白かった!!人気シリーズは第3弾から、
ぐぐっと内容が核心に迫り始めた様に思われる。その位読み応えがあったし、

シリーズ未読の方には、3巻一気読みをお奨めしたくなる充実ぶりを
今回の作品は示しているように感じられさえする。

正直、前巻の内容も素晴らしかったのだけれど、本編を読む際のネタバレとなるような代物しか
僕には書くことが出来なかった。なので改めて、ビブリア古書堂シリーズを紹介出来る喜びに震えながら

紹介文を記しているのだ!プロローグを、今までのシリーズの流れからすると意外な、栞子の妹、
篠川文香が語りの担当者になっている所から意表を突かれた。(なるほど、そう来たか…)と

。文香の観察している主人公2人の関係性の捉え方に人間的なセンスの良さを感じ、
流石は古書探偵・篠川栞子の妹だと唸らせられた。特に、もう1人の主役・五浦大輔さえも、

文香の眼には戦士みたいな体つきのくせに、性格はなんか侍従っぽいと容赦ない判定を下すので、自然と、
2人のシリーズ上の微妙な距離感を知る読者は微笑せずにはいられないはずだ!?

全くそれにしても、ビブリア古書堂シリーズは、登場人物の日常に於て古書が、
どの様な立ち位置に据えられているかをスッと描いてくれる。

ので、気付いた時には、無性にその本が読みたくなる。本読みにとっては、
魔性さえ孕んでいるといっても過言ではない。個人的には、第二話で常連客がおぼろ気な記憶から

捜索依頼を出してきた『タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの』に胸を打たれた。
母娘の近親憎悪で絡まった糸を、古書探偵・篠川栞子が快刀乱麻の働きで一件落着させる筋書きに

人間臭さを覚えた。栞子が事件を解決する毎にシリーズ最大の謎である、失踪した栞子の母親、
篠川智恵子の足跡が、かって智恵子と何らかの接触を持った関係者から得られる情報により、

栞子と大輔の日常に炙り出されて来る点も、今後の展開から余計に目が離せない要素だろう!!
シリーズは続いていく…。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS
↑ご希望の方は『新規登録はこちら』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【ビブリア古書堂の事件手帖】 三上延

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


この小説には一冊の本への惜しみない愛情と、読書という行為の持つ素晴らしさを広めて行こうとする熱意が、
全四篇の連作短編からなる全体の隅々から感じられる。

その点が、何よりもこの物語の魅力的な筋書きが放つ吸引力を増幅する事に成功している様に思う。
加えて、登場人物の造詣が、主役は勿論の事、脇役に至るまでしっかりしているから

物語の中へと入り込み易いのではないだろうか?それにしても。
主役級2人の対称的な描かれ方は凄い発想力の賜物だと謂わずばなるまい!

恐らく幼少期に激しいトラウマを背負った為に、本を読む行為、いや、活字を追う行為ですら、
身体に異変がもたらされる『体質』の持ち主五浦大輔。普段は極端に人見知りな性格なのに、

古書に関する話題になると、途端に饒舌となる『人格』の持ち主、篠川栞子。
出会い方も一風変わっていた。夏目漱石とサインされた全集中の一冊、

その真贋を見抜いて貰う為に大輔が向かった先は、何と総合病院の一室だった。
そう、栞子は怪我の為、入院していたのだ。ここに病室の名探偵が誕生した!

栞子さんの、謎を解く時の、古書に関係した人物へと向かう深い洞察力の裏には強い人間愛が感じられる。
だからか、自分も取り上げられる古書の質感を片っ端から追体験したくなった。各章を順番に紹介しよう。

大輔のお婆ちゃんの形見、夏目漱石の【それから】。
ホームレスの『せどり屋』志田が唯一肌身放さず所有していた、小山清の【落穂拾ひ】。

坂口という過去に秘密を持つ男の人生を丸ごと、考え方や話し方に至るまで変えた劇的な本。
ヴィノグラードフ・タジミン【論理学入門】。各章の流れは最終章に集約されて行く。

そして、本作品最大の謎、何故にマドンナ栞子さんが入院をする羽目になったのか、
が最終章の太宰治【晩年】の初版本を巡り、明らかに。そして、そこには人間の業について

深く考えさせられる事件が発生していたのだった。古書が放つ人を虜にせずには置かない底知れない魔力。
ラストに近づくに連れての圧倒的な描写には身震いを覚えずにはいられなかった!

続編を読むのも楽しみだ。本好きで読書好きなあなたにこそ読んで欲しい一冊です!!


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS
↑ご希望の方は『新規登録はこちら』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。