スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【闇の守り人】 上橋菜穂子

闇の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)闇の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)
(2006/10/31)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


『守り人シリーズ』第2弾は女用心棒バルサが25年の歳月を経て、
生まれ故郷であるカンバル王国に戻ろうとする場面から始まる。バルサは養父ジグロがある理由から、

自分を連れ逃げ延びた時に使った、洞窟内の闇の中を手探りで進んでいた。
それと言うのも洞窟には火を嫌う『ヒョウル(闇の守り人)』が暮らしていて、

松明を持った侵入者は命を狙われると伝えられていたからだ。
けれども、単独で洞窟内に入ったジナと、彼女を救う為松明を持ち込んだ兄カッサとの兄妹が、

まさにヒョウルに襲われる所を、間一髪助けようとして、バルサは早速ヒョウルと手合わせをする事となる。
が、お互い凄い使い手の様で、技がからみあい、ひとつの流れになってしまう

『槍舞い』を舞うことで手合わせは終わる。お礼をしたい様子の兄妹に、訳ありのバルサは
『わたしは〈償い行〉つぐないぎょうの最中なんだ。』と話し納得させる。

償い行とは、なにか重い罪をおかし、その罪を償う前に死んでしまった肉親や、
恋人の罪を償う為に行う苦行をいう。バルサは養父ジグロの為に、償い行をしているようなものだ。

しかし、せっかく言い聞かせたバルサを秘密扱いにしてくれという約束も、
ジナが偶然、洞窟から持ち帰った、カンバル国の秘宝であるルイシャ〈青光石〉の存在がばれて、

洞窟内で起こった一部始終を話さねばならない羽目に陥ってしまう。
そして25年の年月の間に、ジグロがした事になっている悪行の噂の影に

ジグロの弟ユグロの存在が絡んでいる事に気がついたバルサ。全体を通じ、
人の心に巣くう怨みや憎しみの闇の感情に光が当てられていて、

特に自分の権力の座を守るために嘘に更なる嘘の上塗りを繰り返すユグロのエゴイスト振りが目立つ。
バルサを確実に仕留める為、射っ手(うって)の槍にトガルという毒を塗らせてまで執拗に追い詰める。

反面、バルサの誇り高く潔癖な振るまいには微塵の嘘・偽りもない。
次第にあらゆる人たちを味方に引き入れていく様に凛とした美しさを感じた。

カンバル王国の地下に住む〈山の王〉の領民たちの意外な素顔と、
私たち読者の想像を遥かに超えたヒョウル〈闇の守り人〉の正体とは果たして?

バルサは無事にカンバルの〈王の槍〉たちから大切な存在を無事に守り抜いて、
〈ルイシャ(青光石)〉贈りの儀式を見届ける事が出来るのだろうか?

等々、物語りが後半を迎えるに連れて予想外の展開が目白押しだが、
バルサの持っている揺るぎない成熟した人間力が物語りの幅を広げるのに役立っていると思う。

素晴らしく深みのある作品です。オススメ致します!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【精霊の守り人】 上橋菜穂子

精霊の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)精霊の守り人 (軽装版偕成社ポッシュ)
(2006/10/31)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


感動した。物語が深い。主人公の女用心棒バルサが、めちゃくちゃカッコいい。
世界観を構成している自然観からして独特で興味深く読ませるし、面白い。登場人物が皆、

それぞれに味わい深いキャラクターをしている。敵でさえも、
プロの意識がひしひしと伝わって来て物語の展開にスリリングさを増している。

と、ほめ言葉をいくら列べても足りない位に引き込まれた。もう、あらゆる人にオススメしたい。
良い小説ですよぉ!!読んで、読んでみて!?と、言うわけで。前置きがかなり長くなってしまいましたが、

この飛びっきりに素晴らしいファンタジーのオススメ内容を記したいと思います。
舞台となるのは神話が今に息づいている国『新ヨゴ皇国(おうこく)』冒頭、いきなり事件は起こります。

突然牛車の牛が暴れだした事で山あいの峡谷から谷底の川へと墜落したのは第二皇子チャグム。
皇国では、帝は神の子孫とされている為、皇子の身に起きた事は国を揺るがしかねない重大事です。

皇子の命を救ったのは、短槍の使い手凄腕用心棒のバルサ。
彼女は褒美として皇子の母である二ノ妃に招かれます。

が、妃から告げられたのは『息子は命を狙われている。どうか用心棒として、息子を救ってほしい。』
と言う宣告。そこからバルサと皇子チャグムの逃避行が始まるのです。

ここで何故チャグムが命を狙われなくてはいけなくなったかですが、
そこには皇国建国時に開国の祖トルガル帝が退治したとされている水の妖怪伝説が介在してきます。

な、なんと建国から二百年の時を経てあってはならない事態、
チャグムの体内を巣に水妖が卵を産み付けたのではないか、と言う疑惑が囁かれ始めたのです。

噂が拡がれば皇国の治世の基盤を揺るがしかねなくなる訳で…。
その為に事故に見せかけチャグムの命を奪おうとする勢力が出現します。

帝の下で天空の星の動きを読み、国政にも意見出来る『星読み』の最高権力者である聖導師ヒビ・トナン。
彼からの密命を受け、野に放たれたプロの暗殺者集団『狩人』四人衆。

お頭モンの指示を受け、バルサ追跡を開始するのですが、蛇のような執着力で、包囲網を張り、
逃亡者を追い詰める頭の冴えは実にスリリングでした。こうしていよいよ対決となります。

バルサは一人で多数と戦うのですが傷付くのを少しも恐れない豪胆さに加え、神業の短槍さばき、
めちゃくちゃ強くて痺れました。死闘の果てに傷ついたバルサは、

幼なじみの薬草師タンダの所に落ちのびます。経緯を話していくうちに、
チャグムの体内に何がいるか分かった様子のタンダ。新ヨゴ皇国が出来る前、

先住民としてヤクー達だけが住んでいた。彼らは普通の世、サグの他に、この世には、
同時にふだんは目に見えない、もうひとつの別の世界ナユグがあると知っていました。

ナユグの、ある生き物が、百年に一度サグのものに卵を産む。卵が産まれた次の年は、
なぜか大干ばつが襲ってくる。卵を産む生き物こそ、ニュンガ・ロ・イム【水の守り手】。

ニュンガ・ロ・チャガこそ、卵を産みつけられた子【精霊の守り人】と言われ敬われたのです。
精霊を果して何から守るべきなのか?ここから怒濤の展開が押し寄せます。

タンダの師匠大呪術師のトロガイの圧倒的存在感、聖導師の後継を託された、
星読みシュガが読み解く事となる隠された建国の真相等、読み応えバッチリです。

個人的には皇子チャグムがただの少年として暮らしている自分を受け入れていく心理描写、
言葉遣いも貴族言葉から、少年のそれに変貌していく様がとても自然にかつ丁寧に描かれている辺り

好感が持てました。壮大なるスケールの物語り世界、大・大オススメです!! ビバ、バルサ!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。