スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【道徳という名の少年】 桜庭一樹

道徳という名の少年道徳という名の少年
(2010/05/11)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


熱烈に好きな作家桜庭一樹さんの2010年度作品。
1作品、20ページ程度の連作短編5つから成立する、合計でも120ページ余りの作品集。

だけれども、この濃密極まりない世界観といったら何だろう!?まずコトの始まりからして濃密だ。
【1、2、3、悠久】町で一番の美女が父親不明の女児を産み落とす。その女児は、1と名付けられた。

町の人々は、父親の面影を女児に見出だそうとするが、母親に生き写しの女児からは、何の推測も出来ない。
恐る恐る、美女に父親を尋ねるが、『死んだわ!』と呟かれるだけで、

人々は最近の内に死去した亡者探しに奔走するのだが。一番手近な葬式は善人だった
町長が百歳で大往生を遂げたのみ。彼が果たして不道徳な営みに関わったか?

町中で、なにかの間違いだろうと言い聞かせている間にも再び美女は女児を授かる。
2と命名された赤子へも、インディオの召使から父について聞かれるが、美女は黒い巻き毛を揺らして

『あんまり若くて、言えないわ!』言い放つのみ。今度は町の学校が恐慌状態となる。
罪深い不道徳な少年を探して噂が駆けめぐった。だが。町民たちの疑心暗鬼の念など関係なく、

美女はまた腹を膨らませ、女児3を産み落とし、やはり、この児も母親瓜二つだった。
此処まで至ると、最早誰も、父親について聞いてくれとは頼まなかった。

秩序が壊れ始めていたから。倫理観などとは別次元に生きた美女は懲りずに末娘を産み、
こんどは、悠久と名付けた。挙げ句、美女は娘たちを棄てて、旅の商人と手を取り合って町から消えた。

なんとドラマチックな展開を思い付くのだろう!?冒頭に過ぎないページ数を読むだけで幾度となく嘆息した。
そんな気持ちも束の間。襲いかかる様に次なる衝撃的筋書きが!!

悠久が母親と同じ因果な原因(父親違いの弟との間に授かった)を背負い、
薔薇の如く美しい男の児を出産したのだ。彼女が、姉たちと4人して血縁に抗うべき名前として選んだのが、

『道徳・ジャングリン』シニカルな描写だなあ、と興奮しつつ次の章へ、次の章へと、
ページを捲ったのだった。数奇なる運命に生きるジャングリンの名前とは正反対の、不道徳な、

薔薇のような日々の描かれ方には、上質な海外文学を読んでいる様な極上の読書時間を、体験させてもらった。
印象的な言葉として『孤独な人間というものは、得てして、道徳を軽視するものだ』という一文が

深く胸に刻まれた。桜庭さんの大傑作【赤朽葉家の伝説】とも違う味わいの、
一族の物語を是非、御堪能下さいませ!!あ、それ物語に迫力を増加させてる挿画も素晴らしいですよ!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS
↑ご希望の方は『新規登録はこちら』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【製鉄天使】 桜庭一樹

製鉄天使製鉄天使
(2009/10/29)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


大傑作【赤朽葉家の伝説】第二部【巨と虚の時代】に登場した赤朽葉毛毬が在籍し、
中国地方を制圧した製鉄天使(アイアンエンジェル)。彼女達の戦いは【赤朽葉家の伝説】

本編ページ数の辻褄が合わなくなるからと、泣く泣く百ページに渡って割愛されたそうだが、
ここにスピンオフ作品として新たな誕生を果たしたのが本作【製鉄天使】である。

スピンオフだけあって、設定や人名など変わっているだろう、とは思っていたが。
のっけからバリバリのヤンキー口調で語られ始めて、かなりびっくりした!主役を命懸けで張るのは、

赤緑豆小豆。赤朽葉毛毬が心血を注いで描いた少女漫画が爆発的な人気を誇ったのも頷ける、
全身全霊でえいえんの国を目指し暴走する汚れなき『少女』だ。と言うより、小豆が少女である事が、

少女に拘る理由が、物語に深みをもたらす事に成功させているのでは、とまで思っても過言ではないだろう。
そして作品の流れでいっても【赤朽葉】に存在したファンタジーやロマンは、

この【製鉄天使】にも脈々と受け継がれている。まず小豆の特殊能力、
『鉄を自由自在に操る』は彼女の生家が製鉄所だからだし、作者の桜庭さんがこだわっている

丙午生まれの猛女軍団を束ね活躍する、って辺りもとことん漫画チックで良いと思う。
中国地方の端っこ、鳥取県から中国地方という『せかい』を目指して暴走し始める、と、

様々な仲間達や出来事が集まってくる。暴走した後ハイウェイにファイヤー・クラッカーの花を咲かせる
特攻隊長『花火』牛糞を器用に操り路面に詩を書く親衛隊長ストリートダンサー。

更に、輝く程の美貌を持った天使達のマスコット『菫』。彼女達は各々自分等が
『少女』のまま過ごせる年齢の限界と『大人』になる時期を肌で知っている。だからこそ

『菫』が巻き起こした事件は小豆の身に否応なしの変化を強要するし、変化を受け入れつつも、
抗うように、えいえんの国を探して生きようとする小豆は聖なる大馬鹿野郎だと思うのだ。

追伸:この本の関連記事を探していたら赤い特効服でキメてる桜庭一樹女史を発見しニンマリしてしまった。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【赤朽葉家の伝説】 桜庭一樹

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
(2010/09/18)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


頁を繰る、とそこには『赤朽葉万葉(まんよう)が空を飛ぶ男を見たのは、十歳になったある夏のことだった』
冒頭の一文が、ピタリ決まっている。そういった作品に駄作なし!と信じている僕にとっては、

これはただ事ならぬ傑作であるに違いないぞとの予感が全身を駆け巡りました。
女三代の孫娘である赤朽葉瞳子(とうこ)の語りによって、山陰地方の小さな山村、紅緑(べにみどり)村にて、

戦後日本を必死に生き、死んで行った祖母万葉、母毛毬(けまり)の人生と
伝説が鮮やかに描き出されて行きます。【第一部・最後の神話の時代・一九五三年~一九七五年】

万葉が山陰地方の、更に辺境に住み暮らすと伝えられている【山の人】達から
紅緑村に置き去りにされた事から伝説は始まります。村の若夫婦によって拾われ育てられた

十歳前後からの生活。それはタイトルにも在る様に、戦後の日本が、それまではまだ辛うじて残って居た、
前近代的な風習や土着思想を凪ぎ払い、急激に画一化する中で、日本人としては、

何か大切な物を無意識的に捨て去った、大変な時代だったんだなぁ、と追体験する様な不思議な感覚に
震えたです。万葉の、と言うか、物語の舞台となる紅緑村は、だんだんに区切られていて、

下から見上げると、天上界に位置している様な赤朽葉本家。そして、その力を誇示するかの様に聳え立つ製鉄所。
村では【上の赤】と呼ばれ畏れと親しみのない混ぜになった想いで見られています。

反対に戦後に勃興した造船成金【下の黒】こと、黒菱家、ここの長女である、【出目金】黒菱みどり、
普段はいじめっ子で子分を侍らせている彼女は、万葉とは常日頃から、『いじめっ子』『拾われっ子』と、

言い争っていますが、本音の深い部分で互いを認めあう関係になって行きます。
みどりは終戦から十年近くを経た今もシベリヤにて抑留中の美しい兄じゃの帰還を待ち侘びて、

ただ一人泣きじゃくっています。この兄じゃを巡っての万葉の【予見】と、痛ましい事件、結果として、
みどりの流行歌に乗せた裸の恋心の告白には、フィクションを超えた圧倒的なリアリズムを感じました。

さて、その後、赤朽葉の【恵比寿さま】と崇められている大奥さま、タツに見初められた万葉は赤朽葉の
【千里眼奥様】としての人生を過ごし、次の世代の毛毬が激烈に登場してくる

【第二部・巨と虚の時代一九七九年~一九九八年】(彼女の短い生涯に関してはスピンオフ作品が出ているので、
そこで触れます)、赤朽葉の伝説や謎が孫娘瞳子の手によって丹念に解き明かされていく

【第三部・殺人者・二〇〇〇年~未来】へ綿々と継承されて行くのですが、
最終的な謎が解けた時に瞳子の胸に去来した『せかいは、そう、すこしでも美しくなければ。』という想いに、

この本が読めて心から良かったと思いました。是非機会を見つけて読んで頂きたい、大オススメの一冊です。


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない】 桜庭一樹

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


胸がギューッと締め付けられる、切なすぎる位の物語。二百ページ余りの内容に、
これでもかと言うほどの切なさが詰まっているのだ。最初のページをめくる。

唐突に新聞記事が飛び込んで来る。しかも中二の少女、その名も奇妙な海野藻屑さんの
バラバラ遺体が発見され、それを発見したのが、同じ中学に通う同級生であることが判明する。

この驚愕の事実に、大いに刺激され、何があったのだろう?とページをめくる手が速くなった。
転校生、海野藻屑が、あたしこと、山田なぎさ、のクラスに乱入してきたのは

その年の九月の多分三日とか四日とかそれぐらいの時期。藻屑は、その町出身の歌手、
海野雅愛(まさちか)の娘であるのに、それは違うと言い張り、自分(ぼく)は人魚なんです。と宣言し、

『どんなにか人間が愚かか、生きる価値がないか、みんな死んじゃえばいいか、教えて下さい。
ではよろしくお願いします。ぺこり』なぞと宣戦布告とも取れるような挑発的文言をひねり出すのだ。

しかも、でかいペットボトルをぽちゃぽちゃ言わせながら、おかしな足の引きずり方をして歩く。
唯、山田なぎさだけが見てしまった、藻屑のスカートの中の足には、赤に緑の拳大の痣が残されていた。

見られた事に気付いた藻屑は、なぎさに向けて『死んじゃえ』と呟く。藻屑は貴族。
生きることに直接関係ない、腹の足しにならない砂糖菓子を撃ち続けていた。

なぎさは、それに反し、生き延びる為に必要な実弾ばかり探し生きて来た。
この正反対な二人が、実は互いに必要なものを補いあう様に、友情を育んで行くのが、なんとも言えず切ない。

読み返すと、藻屑はなぎさに、必死のSOSサインを出し続けているのが分かる。
その事に真っ先に気付いたのが、引きこもりを続けている、山田なぎさの兄友彦だったのも印象深く感じた。

友彦が指摘した、藻屑の『砂糖菓子の弾丸』転校して来たその日から『十年に一度の大嵐が来るまでに…』
そう言い続けた一か月の時間。山田なぎさの飼育係を手伝ったかと思えば、

なぎさを困らせるような事をしでかしたり…。その間には、何故だか父の代わりに、
ゴールドカードを使用して鉈を購入し、引きずりながら、家まで持ち帰ったりして。

しかもそれは猟奇的な精神状態に陥っている父親の、海野雅愛の手により、異常な行為が巻き起こされる、
という悲惨な結果をもたらしてしまう事となるのだ。海野藻屑が生きた証が例え『砂糖菓子の弾丸』

だったとしても、そこには全力で生き延びようとした少女、
海野藻屑の数奇な人生の全てが刻印されている。全力で受け止めて欲しいと思う。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。