スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天国の本屋】 松久淳 田中渉

天国の本屋 (新潮文庫)天国の本屋 (新潮文庫)
(2004/04)
松久 淳田中 渉

商品詳細を見る


『天国』と『本屋』の組み合わせ、タイトルからして本読みの
興味をそそるのにバッチリだと思う!!内容の方も、登場人物それぞれのハッピー、

幸せを追い掛けた物になっていて好感が持てた。主人公さとしは、
ただボンヤリとなんとなく就職の面接を受け続けてきたものの、世の中そうは甘くなく、

連戦連敗の日々を過ごしていた。しかし、そんなさとしに声を掛けてきた男がいる。
が、非常に怪しい。寒空の中、アロハシャツにバミューダパンツ、

素足にサンダル。白くなっている髭をたくわえて麦わら帽子をかぶっていた。
あれこれ頭を働かせた結果、老人を無視することに決めたさとし。

けれど嫌がるさとしには無頓着に話続ける老人。するとさとしの全身から力が抜け、
あっさり彼は失神してしまった。次に目が覚めたのは薄暗い部屋の中。

先程のアロハシャツを着た男の名はヤマキ。そしてどうやらそこは本屋であるらしい。
事態がうまく飲み込めないでいるさとしに、ヤマキは『本屋でのバイト』を頼み込む。

当然だが、さとしは説明を求める、一体この本屋は何処に存在して、
自分の身は何処に来てしまったというのか?ヤマキの語り始めた『天国』の設定が良い。

非常に合理的に造り出された空間だと思った。
人間の『天寿』を全うさせる為にある『天国』この考え方は目から鱗の思いがした。

しかも、さとしの場合は死んだ後で天国の本屋に連れて来られた訳でなく、
あくまで『短期バイト』で直ぐに又、現世に戻れるという。同僚のユイの説明によると、

さとしは店長がバカンスに行っている間の、『店長代理』を仰せつかった事になっているらしい。
天国の本屋、ヘブンズ・ブック・サービスには、普通書店のサービスの他にも、

蔵書を朗読して差し上げる大切な業務があった。困惑しながらも、
一生懸命朗読に心身を打ち込むさとし。熱意ある朗読は次第次第に人を惹き付ける力をも帯びて行って…。

子供だけでなく、大人も、老若男女の別ない彼の朗読は、
わざわざ書店に朗読スペースまで併設させる終い。人から人へ本が思いが

伝わって行くというのが分かってとても良かった。が、終始、本に無関心所か、
嫌悪感までをも漂わせるようになったユイ。彼女の過去に何があったというのか?

そんな折、店長ヤマキが店に復帰してくる。ヤマキの口から語られるユイの過去の複雑な事情。
彼女にも、天国にいなければならない理由があったのだ。さとしとユイ。

正式には天国に長居する理由のない二人は、最終的にどのような結末を迎えるのだろうか?
後半~クライマックスまで、一気に読ませ切ります。物語を存分に楽しまれて下さいませ!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。