スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ここに消えない会話がある】 山崎ナオコーラ

ここに消えない会話があるここに消えない会話がある
(2009/07/24)
山崎ナオコーラ

商品詳細を見る


更に面白くなっている!。最初の1ページに並んだ言葉の配列と、
小気味良いリズム感で書かれた文章を読んでそう実感した。独特の甘酸っぱさを含んだ、

これぞナオコーラ節だと思える行間。そんな作家は滅多にいないので嬉しくなってしまう。
この作家さんの一番の良さだと捉えているのが、僕たちが生きている世界の芯は決して空洞なんかじゃない!

そう信じる気持ちが、作品の推進力となっている点だ。今作でも、僕にとって、
至る所に抜き書きしたくなるような表現が散りばめられていた。例として。

『佐々木と広田は同い年なのだが、佐々木は広田に敬語を使わず、広田は佐々木に敬語を使う。』
コミュニケーションのぎこちなさ、繋がりの微妙な匙加減こそ、現代を生きる人の姿や、

関係性を端的に象徴している様に感じるし、何よりリアルな質感を持った表現ではないか!?。
敬語を使う関係か、タメ口にまで近づいた関係なのか、同じ年齢でも距離感が物を言う場面は多々あるのだし、

一つ二つの年齢差がある場合、それは尚更なのだから。舞台となっているのが新聞のラテ欄担当班で、
全員が二十代なのも『敬語』や『距離』を微妙に意識してしまう年代だよなぁ、等と頷きながら読み進めた。

それにしても、登場する各キャラクターの性格や人物造詣が優れているので、
ラテ欄の仕事(十文字で番組の内容が伝わる様な文字列を組んだり)も興味深く読めたし、

ある面で青春小説を読んでいるかの様な良い意味での爽やかさが感じられた。
一応の主人公的なポジションの広田くんのキャラの惚けっぷりが良い!

食事は何時も生の食パンにバターやジャムを塗った物で『栄養っていうのは幻想ですからね』
と広言して憚らないし、新聞の勧誘も断り切れずに、うちには洗剤がたくさんだと言う…。

かなりダメな感じも漂う変人な言動には、ついつい噴き出してしまう様な魅力と、
同じ位純粋な人間味が詰まっていた。彼と同じくらい魅力的なキャラクターなのが岸さん。

彼女の存在は作品のテーマである『会話』に幅と奥行きをもたらしている様に思う。
彼女は常に何か考えている人で、そこら辺が仕事中に等身大の自意識として表れてくる。

そんな風に意識した物事の積み重ねが会話を生み出し、日常へと繋がっているのだなと、
読みながらそう実感出来る会話の力があった。ラテ欄担当の仕事柄、普段の情報は何処から得ているか、

についての広田くんと岸さんの会話に、グッと胸に迫ってくる物があった。
表も裏も含めた情報が直に手に入る場所として、ネットを、2ちゃんねるを見ると言う広田くん。

『知っている人と知らない人、二つの種類の人間がこの世にいるんだったら、
知っている人になりたいじゃないですか』その考えに対して岸さんが口にする

『鬱屈した不満があるから、「自分は大事なことを知らないんじゃないか」って考えちゃうんじゃないですか?
人を傷つけるような、恐ろしい言葉を見ないと世界とつながっている実感がないっていうのは、

セックスでしか愛を感じることができない人と同じで、本質をさけている気がします。
なんとなく不安で、無法地帯を覗きたくなっちゃっているだけなんじゃないですか?』という言葉には、

しばしページを捲る手を止め、自分にとってネットってなんだろう?考え込みました。
広田くんも同じく問い返します。『岸さんは、何で情報を手に入れているんですか?』と。彼女は答えます、

『私は、本<中略>真新しい情報なんて、私の人生では必要ないですよ』
ネットに書評をアップしてる自分のような人間には、確かに2人の会話は消えない物になりそうです。

何故読むか?、何故書くか?、それらのコミュニケーションを取る事で何が得られるか?
これ以外にも、ずっと考えて行きたい会話のやり取りが多く強く印象に残る作品でした。

併録の短編小説『ああ、懐かしの肌色クレヨン』も、世界が体裁を整える為、
肌色とは言ってはいけませんって風になった等の例を挙げながら、

人と人とが分かりあう為のヒントを全身で考える女の子が登場してきて素晴らしかったです!
装丁もキュートだし、大・大・オススメ致します!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【長い終わりが始まる】 山崎ナオコーラ

長い終わりが始まる長い終わりが始まる
(2008/06/26)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る


ナオコーラさんは空気を読む事の上手な作家だと思う。
それも本来的な意味合いでの【空気の読み方】に長けている。

一般的な言われ方の空気を読むって、場の雰囲気。
語られている会話の流れ、を読む事を要求される事が多い。

空気は必然的に話の中心に居る人々の周囲へ集められ、全員に行き渡るのは稀だ。
空気と言うよりノリ。つかみ損なうと即座に使えない奴扱い決定。

口下手タイプ、社交性の薄いタイプは空気を奪われ隅に追われる始末。
ナオコーラさんの視線は、そんな貧乏くじを引いてばかりの人間が纏っている空気、

言葉を探し沈黙する気配を決して見逃さず描き出す。
大多数から漏れてしまいがちな、つい少数に行きがちな人の内面を、特に美化するでもなく冷静に。

主人公小笠原さんが、単に楽器の上手さだけが取り柄の自信過剰での嫌な奴だったとしたら、
幾ら小さなマンドリンサークルでも4年までは居座れなかっただろうし。

冒頭、普通に飲み会に参加。後輩相手にガールズトークしたりもしてる。
後半、サークルでの立ち位置に固執するのが災いし、

周囲に暴言吐いたり自ら追い詰められる様な行動ばかり目立ち始めるけれど。
実際そこまでダメな女の子ではないと思う。

田中くんへの不器用過ぎる恋心。思春期ならではの、純情や憧れ、お互いの狡さやすれ違い。
帯にも書いてある通りで、【サークルとは世界のことだ!】

外の世界があるのは重々承知の上、サークルの輪の範囲内だけが
息をして良い場所と必死に信じてる頃。そんな季節が長い時間を掛けて終わる。

ラスト辺り、小笠原が密かに捨てたDSに田中が未だ拘っている所。
あぁ!恋の熱が冷める時って、潮が引く時みたいに静かだよなぁ。

余りにも的確な描写に鳥肌立ちました。青春の放つ鋭い光、初めて手にする儚い優しさ。
何かが始まる前の長い終わり。登場する人物の息づかいや体温まで感じられる作品です。

人恋しくなる寒い季節にこそ如何でしょうか!?

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【後編】西加奈子&山崎ナオコーラ朗読会に行ってきました!

西加奈子さん

【前編】西加奈子&山崎ナオコーラ朗読会に行ってきました!←こちらから読まれてくださいね♪

朗読の時には、わざわざ立ち上がり、自分たちでマイクの高さや調整までしてから、
声を出されていて、言葉に対する真摯な姿勢とても素晴らしいと感じました。

自作の朗読は勿論非常に良かったし、影響を受けた作品で、
アフリカ小説【椰子酒飲み】の面白さ、大胆なイマジネーションを伝えようとする西さん。

詩人金子光晴の文章を訥々と、1音、1語を慈しむ様に語るナオコーラさん。
2人の持ち味のコントラストを堪能しました。

質問コーナーでは、名前の事がテーマに上がり興味深い話しが聞けました。

『加奈子と言う名前はカナート、井戸を意味する言葉から付けたんやで。と父親は言いますが。
おばあちゃんの名前がカナエだったからに違いない!』と笑わせた後。

『名前やペンネームって、最終的には、その人にあった名前で、
その人にあった作品になっていくと思う。だからこそ、本名・西加奈子として作品を書きたい』

西さんの決意。

『授賞が決まった時に、電話があって、高橋源一郎さん初め、
角田光代さんや審査員の方々全員が代わる代わる電話口に出て、本当にナオコーラで良いの?

40才、50才になった時にも名乗れる!?と言われたんです。で、私、(きっぱりと)ハイ!と答えたんですね。私がナオコーラを作って行けば良いと思う。』ナオコーラさんの静かな宣言。

本当に行けて良かったし、これからも、2人の作品に注目したいと強く感じました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ジーナ一言!!

ナオコーラさんも西加奈子さんも、とっても綺麗でした!!雑誌なんかで見るより美人で素敵!!
そして、賢くて、オーラが才能ほとばしる感じでしたo(*'o'*)o

西さんが最近、オバマ大統領が大好きだそうで、質問コーナーの時、何故、私は。
『日本のYES WE CAN!オバマ公認のノッチはどう思われますか?』と、

聞かなかったのだろうと後悔しています(-ω-;)ウーン

作家の方って、奇抜でとか、変な人とか、そんなのではなれない気がしました。
本当に当たり前の事を、当たり前の感覚でとらえることの出来る頭の良さが必要なんだなって!

思いました。帰り道は、とっても気持ちの良いしんとした夜でした!!よし、今週は◎
糸井重里さん、書評家の豊崎由美さんを見に行ってきます。レポお楽しみに\(*^∇^*)/♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

≪サイン・記事は西加奈子さんの許可を得て掲載しています≫

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【前編】西加奈子&山崎ナオコーラ朗読会に行ってきました!

ナオコーラさん

連休初日、22日の土曜日。
作家、西加奈子さんと、山崎ナオコーラさんの2人による朗読会に行って参りました。

18時からと20時30分の回の二部。
小さなcafeで限定30人ずつに別れて行われるという事だったので、時間遅い方の回を予約。

会場に着き、ドアを開けると…!!すっかり寛いでリラックスモードの2人が飲んでました!!。
うれしくなり早速ナオコーラさんに話しかけるフウガ。

『実は梅佳代さんの写真展に行った時。メッセージノートにナオコーラさんから
梅佳代さんへの気さくな挨拶が書かれてあったのを発見したんですよね!!

そんで、普段から飾り気のない気さくな人なんだなぁって思って読みたくなったんです。
そしたらナオコーラさんのサイン本に、福岡生まれですって書いてあって…』

ナオコーラさん、きょとん。としながらも、隣の西さんに向かい

『前に仕事で福岡に来た時にね、調度梅佳代ちゃんの写真展もあってたのね、
あの写真展良かったですよね~!?メッセージノートを書いた直後位に、見られたって事ですね…』

西さんも、『へぇ~、そうなんや~、梅佳代ちゃんのぉ~』とニコニコ。

こんなに普通に会話が交わせるとは思っても見なかったので、内心ビビりまくりでしたが、
朗読会前から貴重な体験させてもらいました。

そうこうしてる内に、イベント開始。一緒にサンフランシスコや上海まで旅行に行く仲である事。
サンフランシスコでは、夜中『小人が窓に居る!』と発見した友人に

夜通し付き合ってあげるナオコーラさん。朝、西さんが起きて来て窓を見た所、
小人に見えていたのは、実は窓際に止まった鷲の足だった…。

って微笑ましいエピソード等も挟まれつつ、和やかな空気の下進んで行きました。

後編へ続く!≪サイン・記事はナオコーラさんの許可を得て掲載しています≫

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【人のセックスを笑うな】 山崎ナオコーラ

前回の日記で梅佳代さんの個展に行った時に、

山崎ナオコーラさんも福岡での仕事が終わって偶然個展を観に来られていたらしく、

梅佳代さんの感想ノートにさりげなく感謝の言葉が書いてあり

「なんて!律儀な方なのだろう」と感激していました。

その名前は聞いたことがあったのですが本を読んだことがなくて

今日早速、買いに行きました。すっごく良かったです◎

永作博美さんと松山ケンイチさん主演の映画になってるみたいで

そちらもチェックしようと思いました。レビューを書きましたので見て頂けると嬉しいです。

-----------------------------------------------------------------------------

「人のセックスを笑うな」と言うタイトルに少し驚きビックリして

「どんな内容だろう?」とものすごく興味がわきました。
そして、読み始めた瞬間からその言葉の柔らかさや読みやすさに目が離せなくなりました。

セックスを美化する訳でも、汚くもせず、純潔でもなく、そこに音もなく。

ただ、ただそこに、ある。恋がセックスが切なさが心が、ある。ストーリーもしっかりある。
ストンと肩の力が抜ける小説だったです。

センスが良いのは間違いないです。だって、名前が「山崎ナオコーラ」だもの。

文中で好きだった言葉は

「もし神様がベットを覗くことがあって・・・(中略)きっと真剣にやっていることだろうから、
笑わないでやってほしい」

そうか、そうだよな。神様は許してくれるだろうと心底思いました。

-----------------------------------------------------------------------------

今日も読んで下さってありがとうございます!感謝です。


人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな (河出文庫)
(2006/10/05)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。