スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【罪と罰】 ドストエフスキー

罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)
(2008/10/09)
フョードル・ミハイロヴィチ ドストエフスキー

商品詳細を見る


憎みきれないロクデナシ。主人公ラスコーリニコフに対する感慨である。と同時に、
『この時代のロシアに現代の精神科医療があったなら

(こんな事件も起きずラスコーリニコフの熱病も無事解決、全ては円満に肩が着いたのでは?)
とまで考えてしまう。』絶望的な貧困を前に、学費を滞納し、遂には、

法律科の学生という輝かしい立場から転落してしまったラスコーリニコフ。
以来、友人ラズミーヒンからの家庭教師の仕事の斡旋も断り続け、

日がな1日アパートの屋根裏部屋にある薄暗い自室に籠って寝てばかりいる。
加えて、自暴自棄になっているもんだから、考えから正気は失われがちで、

絶えず荒んだ精神の中に身を置き、玉に意識が明瞭な状態に戻ったかと思えば、
自己嫌悪の念にきつく縛られているのだ。そんな風に自身も喰うや喰わずの日々を過ごしてると言うのに、

場末の酒場で知り合ったアル中の元役人マルメラードフ一家の自分よりも困窮している
有り様を目の当たりにすると、なけなしの小銭(金貸し老婆に買い叩かれた質草の代金、勿論生活資金)

を置いてきてやったりするのだ。他の誰よりも世界を呪ってる男が、
実は小心者で優しい心も持ち合わせ損ばっかりしてるのも妙な話だと思う。

肝心の金貸し老婆アリョーナを殺す計画も、街中で、
たまたま耳にした先進派学生の会話が引き金となったに過ぎない

『どう思う、ひとつのちっぽけな犯罪は、何千という立派な行いでもって償えないもんかね。
たったひとつの命とひきかえに、何千という命を腐敗や崩壊から救えるんだぜ。ひとつの死と、

百の命をとりかえっこするんだ。』この考え方には大変な衝撃を受けた!
殺人を堂々と正当化する思想がまかり通っていた帝政ロシア末期の世論。

それをハッキリと言語化してみせるドストエフスキーの筆の冴えを、自分の言葉を持たない、
現代日本の評論家やコメンテーターに、少しで良いから学習して欲しいもんだな、と感じた。


◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【貧しき人びと】 ドストエフスキー ~魔法の呪文『あなただけが頼りなんです』~

貧しき人びと (新潮文庫)貧しき人びと (新潮文庫)
(1969/06)
ドストエフスキー

商品詳細を見る


いつか読んでみたいと思っていた、遠い憧れだったドストエフスキー作品が、
亀山郁夫氏の新訳を得て、売上げ累計百万部を突破したと聞くに及んで、

これはもう読むべき時期が来たとしか思えなくなった!それで、まずは最初に何を読もうか?と思い、
色々と、ドストエフスキーに関する資料を読み、入門書に相応しそうな一冊を探した所、

作家の処女作である『貧しき人々』を推す方々が多かった為、俄然興味を持った次第である。
最下級の官吏であるマカール・ジェーヴシキンと隣家に住む

ワーレンカことワルワーラ・ドブロショーロワとの間でやり取りされる
54通もの手紙のみで成立している作品なのだが、冒頭のマカールの手紙からして物凄い!!。

愛するワーレンカに贈る、花やお菓子を買う費用を捻出する為、マカール自身は、
安アパートのどんなに酷い部屋より悪い環境にある、台所の片隅を仕切った

一角を居住スペースに当てているのだから。その驚愕の事実を、
最大限相手に気取られない様に工夫を凝らした手紙を書くマカールと、彼の窮状を慮りながらも、

自分の置かれている運命の悲惨さもあって、
ついついマカールに援助を求める様な内容を手紙に綴るより他に為す術を知らないワーレンカ。

ある意味で、究極の古典的なラブ・コメディ、愛の喜劇の王道の様相を呈しながら、
それで尚且つ読者の心を捉えて離さないから、いやはや、凄い物語だ。人間の一喜一憂する様を、

ここまではっきりと描写してみせる巧さ、百年以上の時を経て支持されているのが判る。
十七歳の頃に役所勤務を始め、以来、約三十年の長きに渡り、書類の清書係としての業務内容に、

黙々と従事してきた、九等官吏のマカール。良く言えば実直、悪く言えば愚鈍な人物の為、
結果的に、貧乏くじを引き当ててしまう男だ。対してワーレンカは、この地に辿り着く迄に、

父母を相次いで喪い、天涯孤独の身の上であるから生き延びる為に必要不可欠な処世術を、
自然と覚えて行くより他になかったのであろう、思いの外したたかで逞しいのだ。

あぁ、恋は盲目とはいうけども男女問わず『あなただけが頼りなんです』って言葉は、
どうしてこうも魔法の呪文と化すのだろうか?このマカールも然り。自分の燕尾服を売り払って、

シャツ一枚で往来を歩くことになっても、決してきみには不自由をさせません。
と、極貧な自分を相手に同情されているとはこれっぽっちも考えずに、

手紙ではもし自分が詩人として成功したなら…と絶対に叶うはずも無いような大見得を切り、
文学少女でもあるワーレンカに心底落胆をさせてしまう有り様なのだから。彼女が囲われた籠の中から、

マカールの一方的で偏愛的な保護の鎖から解き放たれようと思い始めるのは
当然の成り行きと言っても過言ではないだろう。しかし現実は、貧乏の連鎖は、

すんなり2人の関係を精算させたりはしてくれない。かなり長期に渡り、事態は悪い方へ、
悪い方へと転がり続けていき、2人とも虫の息となった時に、運命の神様は、

予想の範囲を遥かに越えた展開を用意していたのである。
さぁ、マカールとワーレンカは如何なる結末を迎えるのだろうか?

最後の頁を読み終えた時は、身震いがしました!ドストエフスキー恐るべしです!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。