スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【阪急電車】 有川浩

阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
有川 浩

商品詳細を見る


とっても素晴らしかった!久し振りに何度も繰り返し読みたい本に出逢え嬉しい!!
初っぱなから『電車に一人で乗っている人は、大抵無表情でぼんやりしている。』こう来た。

余りに的確で自然な描写。クスッと笑えて、自然に物語に入って行けた。
阪急電車の中でもローカル線で片道15分もあれば終点に着いてしまう今津線が舞台。

8つ在る駅1駅1駅で起こる乗客同士交わされる会話、そこから派生する人生模様を、
折り返しも合わせて計16駅分。ドラマを乗せて阪急電車は進んで行く。

感心したのは、作者有川浩さんの人間に向けられた暖かく前向きな眼差し、
人と人が出会い話し合う時の微かな内心の揺れ、言葉にならない部分にも耳を澄ます懐の大きさだ。

全編を満たす丁寧さが利いているから、奇跡の様な筋書きが決して荒唐無稽にはならないのだと思う。
僕は、常々小説を、絵空事でなくこの世の何処かで発生すると素敵だな、そんな作品に逢いたいな、

と願いながら選ぶ。だから、有川さんの物語を現実世界に滑り込ませる技の巧みさ、
各話の断片が相互に連結するストーリー展開の妙に触れた喜びに震えを抑える事が出来なかった。

エピソードは、いずれも甲乙付け難いのだけれど、やっぱり全ての始まりになった始発宝塚駅から、
次の南口駅までの短時間で芽生えたうぶな2人の恋心は触れておかずにいられない!

車窓から見た『生』の文字をきっかけに会話が弾み、遂には男性が女性をデートに誘う場面で話が終わる。
2人の行方は?他にお気に入りは結婚式に討ち入りに向かった翔子と、

彼女に呪いの終わらせ時を静かな口調で教え諭す老婦人時江の交流。
翔子がそれからの人生で折り返し地点を過ぎて再登場、

健気に苛めに立ち向かう小学生を駅の物陰で泣かせてあげたシーン。女子は強いなあと清々しい気分に。
パンクな青年と、ちょっぴり天然なゴン(美帆)ちゃんとのボーイミーツガールも微笑まずに居れなかった。

読後の清涼感満点です!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS
↑ご希望の方は『新規登録はこちら』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【シアター!】 有川浩 ~崖っぷち劇団に開幕のベルが鳴るまで~

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る


いやはや、お見逸れ致しました有川浩先生!実に面白かったです!!
【シアターフラッグ】と言う名の小劇団が、趣味のサークル的活動から一歩を踏み出して、

自分たちの造り出す芝居でお金を稼げる位になろう!と方向転換した時に起きたのは、
劇団員の半分が脱退する騒ぎと、それまでの制作から突き付けられた、

『立て替えていた赤字・300万円返却して下さい、
でないと訴えても良いですよ』的な最終通告の2つ。「劇団潰れちゃうよ…」

弱り果てた主宰者巧が泣きついたのは、兄の司。兄は『いっそ潰したらどうだ?』等と、
弟及び演劇界に蔓延る社会常識の無さ、甘さについて糾弾した後、

『期限2年、その間に劇団が上げる収益だけで300万円返済してみせろ!』要求します。
騒然とする劇団員達。それもそのはずで、2年の間に、

自分達を値段の付く商品にしろと命令されたと同じ様な訳ですから。
改めて自分達にとっての劇団【シアターフラッグ】とは何か?

これからの劇団はどうなるのか?について思いを巡らせるメンバー達。
そもそも、今回主宰である巧が劇団の方針転換を決意したのは、プロの声優である羽田千歳が、

自分達の舞台に感動し入団して来たから。とは言うものの、
団員の全員が方針の転換に心から賛成していた訳ではなく、内心、

千歳が入団したばっかりに巧が下手な野望を持ち始めた、自分は楽しく芝居が出来れば、
それで良かったのに…。と思っている人間もいて。あぁ、そういう風に後先の事を考えずに、

青春の延長戦みたいな日々を過ごしていたいって気持ちわかるなぁ、なんて大いに共感しました。
でも、現実を生きる上で、社会の中夢を見るって事は時として、シビアな現実と化したりもする訳で。

なので最初、巧の兄司が違和感を覚える演劇界の常識こそ、
世間では非常識であることが厳しくチェックされる箇所は読んでいて少々辛かった。

けれど、司が1番の巧ファンであることが透けて見える描写が続き、俄然この【鉄血宰相】
の仇名で呼ばれる男の存在が、頼もしく心強い物へと変わった。

美しい兄弟愛、だからこそ、胸に秘め自ら悪役を買う。中々やれるもんじゃないと思います。
それに同調するかの如く進化と深化をしていく劇団【シアターフラッグ】の面々。

メンバー各人のキャラクターの描き分け方も適材適所って感じで、その関係には隠し味として、
互いに対する恋心もまぶされていて…。いつの間にか、読んでいる自分が、

気付かない内に劇団の裏方として、公演に向けて活気付く劇団の様子を
応援している様な熱い想いまで沸いて来ます!!

さぁ、貴方も【シアターフラッグ】の素敵な面々と一緒に
ハラハラ・ドキドキ、してみませんか?もうすぐ、幕が開きますよ!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。