スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【それからはスープのことばかり考えて暮らした】 吉田篤弘 ~人生という名のスープ~

それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)
(2009/09)
吉田 篤弘

商品詳細を見る


食べ物の描写が真に迫っている作品に、駄作は少ないように思う。
何しろ「衣・食・住」という位なもんで、「食」は人の暮らしの真ん中に位置しているんだから。

その点、吉田さんの作品に出てくる料理の美味しそうなことと言ったら!
温かい湯気や匂いまで、伝わって来そうにリアルだし、

美味しい物を食べる時の幸せの実感がページから漂って来るのだ。
この幸せの実感が作品全体に行き届いているのは、吉田さんが丁寧に、丁寧に、それこそ、

スープの灰汁を掬う要領で、日々の暮らしから濁りを取り除ける腕の持ち主だからじゃないだろうかと思う。
物語の登場人物達が、皆、澄んだ心と明るく優しい精神の持ち主で、

人生を大いに楽しみながら毎日を過ごしているので、読んでいると、気持ちがスッキリ浄化されていくのだ。
大好きな映画館に「通いたいから」と言う訳で、わざわざ映画館のある月舟町の隣の町、

「桜川」に住み始めた、主人公のオーリィくんこと大里青年からして、なんとも悠然としているというか、
飄々としているというか…。読んでるこちらの胸にも、「ほっこり」とした時間が流れ始めるのだ。

オーリィくんの周囲の人たちの人物造詣が、これまた抜群に良い。
オーリィの名着け親、大屋さんという名前の大家さんは素敵なマダムだ。

彼女が発した「なかなか美味しいわよ」の一言がきっかけになって、物語の舞台となるサンドイッチ店、
「3」(トロワと読む、店名の由来は是非とも読んで確認されたい。

きっとアナタは微笑むだろう。)の描写が始まるのも粋な演出だ。
だって、このサンドイッチ、オーリィくんの人生観をも変える力のある逸品だったのだから!

人生観が変わる味って、一体どれ程の美味しさなんだろう?
自由に想像する面白さも、この本を魅力的にしている要素の1つだと思う。

話を戻して。世にも美味しいサンドイッチを作るトロワの店主が、不器用極まりない職人さんで、
常に、妥協のない仕事を己に課している点や、彼の唯一人の家族である息子が一見、

父親にはクールな素振りを見せている反面、誰よりも父親の不器用さを
心配している点にも好印象を持った。良い人間が良い味を醸し出すから、

この本に綴られる様々な人生には、幅と奥行きがあるのだろう。オーリィくんが足繁く通う、
<月舟シネマ>のポップコーン売り青年の孤軍奮闘振りしかり、緑色の帽子をかぶった謎の老婦人しかり。

さて、肝腎要のスープについてだが、読んでいて、一手間加える、と言うのは、
人が手間暇加えるという事なのだと、しみじみ思った。料理の最後の隠し味が真心だと、

結構頻繁に耳にするけれども、実際の所、その通りなようだ。それにしても、スープ美味しそうだなぁ…!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【圏外へ】 吉田篤弘

圏外へ圏外へ
(2009/09/16)
吉田 篤弘

商品詳細を見る


何しろ、とてつもなく素晴らしい物語なのである。面白い事、比類なしなのである。
これ程までに面白い小説は、1人でも多くの読者に読まれて然るべきだと考えるのである。

「で、ある」からして、俄然、「のである」にも、力が入ろうと言うものである。
ダアレも知らない突き当たり、<内藤写真機店>、それでも、いつ何時、

誰かが壊れた写真機を持ち込むかも知れず、夜の夜中でも店を閉めたりしない。
中古というよりチュウブル・レンズと読ませたくなる逸品が持ち込まれるやも判らないからである。

写真機店の主の名は、キミとアキ。両性具有の親が、両性具有の子を産んだ。
が、今キミは、日々酒ばかりのみ、娘にして息子のアキが二人暮らしの生活を賄うべく

チュウブル写真機店を営んでいるのだ。と、ここまでを設定した所で、小説の語り手は、
自分が、カタリテである事に悩み出し、迂闊にも、

作品の中に作者が顔を覗かせ立ち止まってしまうのだ…。
話の「序の口」を探し始めたは良いものの、早くもカタリを放棄してしまう、カタリテ。

そればかりか、語り手=作家である所の日々の葛藤を、娘の音や、

将棋の仲間ツブラダ君相手に、『何であれ僕はスラスラ書こうと思ったことは一度もなかった。
そもそも自分の中にスラスラしていないものがあって、どうにもソイツがもどかしくて、

ソイツを叩き出してしまいたかったんです』だらり喋りながら日々過ごしている。
ところが、それでも尚、この作品が凄いのは、作家の発想が柔軟で

「書いてるつもりが書かれていた」のが当の自分なのかも、と考えられる点だ。
更に娘も、「わたしはいつでも、自分はどこかの誰かが書いていると子供の時から思ってた。

そう考えた方が楽しいし」あっけらかんとしているし、円田くんにしても
「最後に福を迎えたい。そうですよね。だからたしかに書き始めの入り口は

笑う門じゃないと駄目なんです」かなりの楽天的な思考の持ち主なのだ。
しかし、こんなに悠長な考え方、やり方で、設定されたままの登場人物は

溜まった物じゃないんでしょうね…。カタリテに警告に来る主要人物キミ。
「次のセリフも貰えぬままココでこうして路地に閉じ込められて何ひとつ進展しない。

カタリテ、これはどういうことだ。お前さんがナントカしてくれないと、
われわれはココでこうして途方にくれるばかり。早くこの先を書いてくれないと―」「ないと」

「こっちからそっちへ出てゆく」次第、次第に薄れゆくカタリテの意識から脱出するキミ…。
空気、天気、空間、時間、人物、と呼ばれる全ての制約の「圏外」へと、易々と解放され、

より変幻自在に語られる物語。唯一の共通点は円田くんや音ちゃんも、
自由に飛翔を続けるキミも、そしてカタリテにも、それぞれの「役割」と「詩」がある点と、

各自「南」を目指していること。果たして「南」には何があるというのか!?
先がまるで読めない展開と、各章に名付けられた余りにも美しい詩的なタイトル

(「夕方の飛行の果てに電線から逆さにぶら下がって」や、
「観覧車に乗って遠くの景色を見渡すように」)に惹き込まれます。

登場する各人物の言葉も詩的で『走り書きはいかん。ついでに殴り書きもいかんぞ。
人を殴るようなヤツは人間の屑だ。小走りで行くのだ。小走りで書き続けるのだ』とか、

『「聴」の一字には、ひとつの耳と十四の心が隠されている。十四の心である。
俺は幸いにもそいつを手にした。持っている。所持している。所有している。十四である。

この数を不吉なる十三を乗り越えた次のナンバーとして記憶し、
俺は自分の心の臓を切り刻んで、十四のハートに分離させた。』などの言葉を目にした時に、

作者・吉田篤弘さんは文字通り、全身と全霊で体感した言葉を、
肚の底から満足出来るようになるまで吟味している人なんだろうと思いました。

カタリテからヨミテに極自然に発せられた質問について考えるのも、読み応えがありました。
特に、『遠くで泣いている仲間のためにいまここで』に書かれてある神話的な世界は、

1人でも多くの人に読んで貰いたいって感じました。500ページ超の、厚みある小説ですけれど、
これぞ小説!という醍醐味を感じられますし、自信を持ってオススメいたします!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【つむじ風食堂の夜】 吉田篤弘

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)
(2005/11)
吉田 篤弘

商品詳細を見る


『あなたはまだ この面白い小説を知らない』。帯に自信満々の言葉!
これには心底ヤられちゃいました、青山ブックセンター六本木店の間室さん…。

全国の書店員さんが選んだ文庫本フェア。
最初に目が行き、速攻レジに、ええ、向かいました、ましたけど、何か!?読書開始。頁をめくります。

ほ、ほぅ…!。『その食堂の皿は本当に美しかった。』冒頭の一行から、そう来るんですね。
…予感が、この本は名作である、そんな予感がひしひし。

予感は的中、名作と言うよりも傑作!です、この作品。
『優れた物語は何時でも詩人の言葉で書かれている』そんな法則を打ち立てたい位、

文章や言葉に愛しさを覚えました。舞台の月舟町に出向いて、交わされる会話を、
言葉まるごと、拾い上げたい位に感じます…。「雨降りの先生」の愛称で呼ばれる主人公、私。

『そもそも都会の喧騒にうんざりし、それでも街を離れられず、
なんとかこの屋根裏の静寂を探し当てた』と言う辺り、何やら訳ありそうですね…。

でも、この人、『先生』と呼ばれるだけあって、不思議と、周囲の人たちに愛される存在です。
食堂に来てる人たちから、胡散臭げに思われてる帽子屋さんが

怪しげな名前と講釈を付けて売っていた、実に他愛もない装置を、唯1人買い求めたり。
したか、と思えば、本業のライターの仕事の為、

どうしても必要な【唐辛子千夜一夜奇譚】<空中一回転書房>なる本を手に入れたくて、
古本屋の『デ・ニーロの親方』の元を訪ね、(本当は親方の口から出任せな、嘘の値段なのに)

月舟町中を駆けずり回る始末で。どうにも憎めません。
先生に魅力を感じるのは、同じ月舟アパートメントに住んでいる、

舞台女優の奈々津さんも同じ様です…。仄かな恋心、
中を取り持つオレンジや手品の演出も粋なら、物語の最後、ササッと火を止める加減も粋で!!

読了後の余韻も、読み手の想像力を掻き立てるに充分過ぎる程。
次はあなたが、この面白い小説を体験してみませんか!?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本+カフェのSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。