スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【なずな】 堀江敏幸

なずななずな
(2011/05/02)
堀江 敏幸

商品詳細を見る


上質のスピリッツを飲る時みたいに、ちびり、ちびり。舐めるようにして味わいたい。
日常を続ける間に滲み出した灰汁を、丁寧に、丁寧に、掬い取ったかのような、柔らかで、穏やかな文体。

純文学とはこのような小説を指す言葉だと思う。極上の小説である。
旨みのたっぷり備わった、愛すべき物語でもある。本来であるなら、主人公は語り手である菱山なんだろうが、

彼自身も認めているように、赤ん坊のなずなが菱山の所に、よんどころない理由で預けられてからの、
菱山の周辺にいる人々との日々が、この小説の中核をなしていると言っても、決して過言ではないだろう。

いや、更に言及するのならば、物言わぬ、生後2ヶ月過ぎの赤ん坊なずなこそ、全体を通じ、
主人公的な存在だと確定する事が可能だろう。小さな地方都市の、これまた小さな地方新聞の記者をしている、

菱山の関わる人たちが皆、人間味豊かで、魅力的なのも、なずなを育てる菱山にとって、
心の栄養剤となるのに力添えをする役割を果たしていると思う。普段は飄々として、

頻繁に酔っぱらっているが、腕は確かで患者の子供らから慕われている小児科医、ジンゴロ先生の人物造詣、
時々語る含蓄のある言葉が素晴らしく良い。『世の中はなんでも悪と善に分けたがる』

『白黒半々くらいが、ちょうどいいんだ。』菱山の住み暮らすマンションの、
一階に並んでいる数軒の店舗のひとつ、《美津保》のママについての記述も、

その人となりが絶妙に伝わって来る。『新聞記者の取材ってどうなのかわからないけど、
あたしに言わせれば、誰かと誰かを結ぶ距離って、まっすぐなのが最短なわけじゃないのよ』どうであろうか?

日常から当たり前過ぎて、ついつい見過ごされたり、聞き流されたりする、何気ないけれど、
人が、生きていく上で大切にしたい何かを、作者堀江敏幸さんは、徹頭徹尾、真摯な姿勢で書いている。

純文学、何とも素敵ではないか!?。なずなの小さな生命。慈しむとは、こういう心の働きを指すのだろうな、
と感じる。なずなが来てから私の身に起きた大きな変化のひとつは、

周りがそれまでとちがった顔を見せるようになったことだと、語り手菱山は実感している。
『人が人と接するときは、知り合ってからの時間や関係の深い浅いだけではない、タイミングというものがあるのだ。』

『間近にいる人間と、心から真っ直ぐに言葉を交わし、「いま」を見定める、その繰り返し以外にないのだ。
人恋しいときは、誰と話をしても楽しいように。そして、まだ言葉も知らない赤ん坊に話しかけているだけで、幸せになれるように。』

読むと、穏やかで幸せな気持ちになれる事受け合いです。
単純に素敵な小説なので大オススメを致します!!。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS
↑ご希望の方は『新規登録はこちら』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【めぐらし屋】 堀江敏幸 二度目レビュー

めぐらし屋めぐらし屋
(2007/04)
堀江 敏幸

商品詳細を見る


※今回一度目のレビューを書きなおしてお届けします。

いっしょに暮らしていた時間よりも離れていた時間のほうが
ずっとながくなっていた父親が亡くなった為、遺品の整理をしに訪れたアパート。

片付けの最後まで手をつけずに残して置いた文机の上、何冊かの大学ノート。見つけた、
その中から、たまたま手に取った一冊を蕗子さんが開いてみた所から、

【めぐらし屋】のお話は動き始めます。ノートの中に貼り付けてあったのは、黄色い傘の絵。
小学生の頃、たった一度だけ借りられた、憧れの『黄色い置き傘』の絵。傘の絵、

一つ一つ、すべての絵の、感想を聞かせてくれたっけ、父さん。
もう三十年以上も前の話。ぼんやりしながら、思い巡らせていると、

いきなり文机の上の電話がなった。『…めぐらし屋さん、ですか?』。
言われてみれば表紙に【めぐらし屋】の文字…。

ためらいが伝わったのか、電話を切ろうとする相手。

思わず呼び止めていた蕗子さん。めぐらし屋を、父の仕事を、父を、必要としているらしいから。
ほとんど知らない父親について聞きたいのはこちらの方…。

生前の父親と交流のあった人たち、(中でも造り酒屋の大旦那さんが捉えた
父親の人間像には含蓄があります。)の存在や、 様々なエピソード。

めぐらし屋にまつわる、人と人とを結ぶ御縁の不思議を知る度、
ゆっくりしたペースですが、蕗子さんの周囲の人間関係にも変化が起きて。

心の底から、応援したい気持ちが沸き上がる、人間味溢れる名作です。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本が好きな人と、カフェでまったりしたい人が交差する場所
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【めぐらし屋】 堀江敏幸

めぐらし屋

めぐらし屋
(2007/04)
堀江 敏幸

商品詳細を見る



堀江さんの書く文章は自然で優しい。余計な力みや、技巧的な臭みといったものがまるでない。
小説ってフィクション、作り話な訳で、『そんな奴おらんやろぉ~!?』と

ツッコミ入れたくなるような登場人物が、ありえないような出来事に巻き込まれて
ドンガラガッシャンな展開が続いていく…。タイプの本も、当節巷には溢れかえっている。

けれど、この作品からは全然嘘っぽさが感じられない。そこが一番の魅力だと思う。
主人公の蕗子さんを初め、本の中に出てくる人間1人1人、様々なタイプの人間の姿や言動からは

日常を大切に生活している気配がリアルさを伴って、こちら側に伝わって来る。
温かく穏やかで愛すべき物語だと感じた。

いっしょに暮らしていた時間よりも離れていた時間のほうがずっとながくなっていた父親が
亡くなった為、遺品の整理をしに訪れたアパート。

最後まで手をつけずに残して置いた文机の上に、何冊かの大学ノートを見つけその中から
たまたま手に取った一冊を蕗子さんが開いてみた所から【めぐらし屋】のお話は動き始めます。

ノートに貼り付けてあったのは黄色い傘の絵。
小学生の頃、たった一度だけ借りた憧れの『黄色い置き傘』の絵。

父親の助けも借りて完成させる事が出来た絵。父の誕生日にプレゼントしたら、ひどく喜んで、
ぜんぶの傘について感想を聞かせてくれたっけ、もう三十年以上も前の話。

ぼんやりしながら、思いを巡らせていると、いきなり文机の上の電話がなった。
『…めぐらし屋さん、ですか?』。言われてみれば大学ノートの表紙には、たしかにそうかいてあるけれど。

『…丸山さんのお宅で、よろしいでしょうか?』
相手の方はどうやら父親が亡くなったことは知らなかったようだが、

めぐらし屋を必要としているらしい。ほとんど知らない父親の事を聞きたいのはこちらの方で、
電話を切ろうとする相手を、思わず呼び止めていた蕗子さん。

はたして【めぐらし屋】とは何だったのか!?
自分は知る事のなかった生前の父親と交流のあった人たち

(中でも造り酒屋の大旦那さんが捉えた父親の人間像には含蓄があります。)の存在や、
様々なエピソード。めぐらし屋にまつわる人と人とを結ぶ御縁の不思議を知る度に、

ゆっくりしたペースですが、蕗子さんの周囲の人間関係にも変化が起きて。
ラスト、蕗子さんの選んだ方法、応援したいと感じました。

個人的には『天津甘栗』をありえない聞き間違いする間抜けな部分と、
いざとなったら大胆かつ繊細に行動出来る部分とが共存している

蕗子さんの穏やかな日常感覚で進む小説世界に、和みました。
カバーの裏の鮮やかな黄色も素敵です!!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。