スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中に広がるぬくもりと言う名のけもの道。

 


僕らの音楽で商店街の中、おっちゃんに怒られていた小太りのあんちゃんがステージでは

あんなにもカッコいいだなんて。いつも僕らだけいつも損してる。いつも騙されてる、そんな気がしていたの。

この歌詞には久しぶりに心臓を打ち抜かれた。日本語ロックの弾丸。進めサンボマスター!!!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへジーナ、30歳になりましたのでランキングに戻ってきました。
スポンサーサイト

テーマ : この人の音楽が好き♪
ジャンル : 音楽

【叱り叱られ】 山口隆(サンボマスター)

叱り叱られ叱り叱られ
(2008/02/07)
山口隆(サンボマスター)

商品詳細を見る


【新しき日本語ロックの道と光】。2000年。
デビューアルバムのタイトルとしてこれ以上のシンプルさはない、と言い切っても過言ではない程、

ストレートで分かりやすい決意表明を持って音楽シーンに現れたバンド【サンボマスター】。
この本はサンボのフロントマン山口隆が、長年日本の音楽シーンを、

否、日本語のロックを支えて来た偉大な先輩ミュージシャン6人
(山下達郎・大瀧詠一・岡林信康・ムッシュかまやつ・佐野元春・奥田民生) と、

対談という形で真っ正面からぶつかりあい時には相手が先輩であろうとも生意気に
挑発発言したりする為、文字通り叱り叱られている様子が、

そっくりそのまま一冊にまとめられている。それにしても山口隆、過剰な男だなぁ。
対談前の前書き部分からして、『対談と僕』だし。

のっけからイキナリ、『断絶をなくしてみようって思っているんです。』アジって、
続く言葉が『その断絶というのは、世代の断絶であって文化の断絶であってコミュニティの断絶。

僕はなんだかそれが全部つながって、とても深い断絶になっている気がするんだ。』だもの!!
どれだけ周囲の空気に敏感なんだろうか!?

皮膚感覚や直感のみで時代状況を把握し言語化する山口と、
知性と野生をミックスして新たなロックンロールを模索し続けているサンボマスター。

個人とバンドをバランスよく両立させている彼だからこそ、成し得た白熱の音楽談義。
名曲【クリスマス・イブ】を初め数々のタイアップ・ヒット曲を持っている山下達郎からは、

『心は売っても魂は売らない』の名言と、音楽と自分のスタンスの取り方を
どういう具合に取るかという会話の流れから

『自分にとって音楽とはどういうものなのかを問い直していくことによってブレるのを防げる。』
二つの名言を引き出している。

特に後者は音楽の所を、様々な言葉に置き換え
自分の現在地を知る指針にも成りうる言葉だなぁ、と感じた。

他にも、大瀧詠一との出身地東北をテーマに音楽そっちのけの与太ばなしに花を咲かせた挙げ句、
『今まであったことのないタイプの人間だね君は。』と半ば呆れられながら

誉められ不思議と意気投合していたり。勝手に日本フォークの神様へと祭り上げられたのを嫌い、
様々なスタイルの音楽を渡り歩いてきた岡林信康が、決して過去の伝説へは戻ろうとせず、

現役に拘っているからこそ『今だからこそ、みんなに響くような気がしますね。』呟く一言の重さ。
山口隆も、自分のロックンロールを追求して止まない人だからこそ、

ガシッと受けるのが可能なのだと思う。僕自身、後追いで聞いていたフォークの岡林も好きだけれど、
最近の岡林を聞いてみたいと思った。様々な断絶を埋める可能性が見えて来そうな気がする。

後半の対談も名言目白押しなんだけれど、そこは本編に触れてもらうとして。
6人との対談を終えた後山口隆の書いた、書きなぐった様子の後書き。最高に素敵だ。

魂の源風景まで意識をふっ飛ばしたかと思えば、覚醒すると、直ちに、
僕が日陰の石だってかまいやしないよ!<今から>再び取り戻すんだと勇気を奮い立たせる。

最後の1行まで、グルーヴしてるご機嫌な一冊です♪

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへジーナ、30歳になりましたのでランキングに戻ってきました。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。