スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フウガの映画エッセイ【トレイン・スポッティング】に纏わるアレコレ

トレインスポッティング 特別編 [DVD]トレインスポッティング 特別編 [DVD]
(2002/02/22)
ユアン・マクレガーロバート・カーライル

商品詳細を見る


今年。『おくりびと』の外国語映画賞授賞などもあり、
2009年、アカデミー賞のニュースは、例年より少しだけ真面目に聴いていた。

気になる作品賞、ダニー・ボイル監督の【スラムドッグミリオネア】が獲得、との事。
ん!?今ダニー・ボイルって言った!?。ダニー・ボイルって、アレ監督したダニー・ボイルか!?

…同一人物だった。ダニー・ボイルのアレ…。【トレイン・スポッティング】
この映画が日本に上陸したのが、97年。

映画の設定になってる90年代初頭からの時の過ごし方なら俺たちも、レントン達と、
ほぼ似たようなものだったから。同年代で、街の寄生虫って所まで同じだったんだから。

流行に乗っかって、この映画語る奴もタンマリ居たけど。
俺たちに、とっちゃ身につまされたの何のって!!完全に痺れ参って、

生き方全てをブッ飛ばされた気分がしたんだよな、これが。後にも先にも映画見終わってから、
『オイ、お前!?この先どうやって生き延びる、生き延ばすよ!?』なる迄、

心臓に迫られた体験はないなぁ…。こんな書き出しするとメッキリ爺様になった気分。
ビートボックス並しゃっくり出ちゃうけど。

今、気付けば。デカイ台風去った時みたく跡形なくゴッソリみ~んな消えたけど。
週末の博多の夜にも、親不孝者と【聖母様】クロスオーバーする、ストリートが出現。

した時もあったんだわさ。歌唄いにダンサー、風船のパフォーマンス、パントマイム、
一輪車乗り、絵描き、詩人、道売りのアクセサリー、与太者と遊び人、

あらゆる中毒を斡旋するプッシャー。奇妙なサーカス団誰でも出入り自由だったからね、
楽しかったのかって?そりゃもう素晴らしく!?宵の口から、深夜、真夜中。

日が昇り始発が動いても、誰かしら何かしら。通りに火種振り蒔いて歩くだけ。
人恋しさと人肌恋しさ微妙な距離。本能の温度と純度でつるんだり離れたり出来たもんさ。

夜に魅せられる筈だ!そこら辺トレイン・スポッティング同様。退屈しのぎの為なら、って。
へんてこな興奮と優しい時間の共有を。♪い~けないんだ、イケナイんだ。

秘密のの共犯、悪ふざけ同盟。スリルとリスクを。シーソーの揺れには耳ふさいで。
バブルガム、いつ弾けるの?分かんない!けど知っては居たんだ。

彼女たちにしろ、俺らにしたって、そこまで馬鹿じゃない(だろ!?)過激な空気を膨らまし過ぎると、
頭沸いた奴シャシャリ出て来る。瞬きする間に全ては最悪。

街の自警団気取りVS俺の庭気取りの喧嘩中毒王者決定戦やり合った所で、
夜の祭りは白茶け賑わいは遠くなるばかりなのに…。その頃から。剥き出しの神経を壊す奴。

行方不明になる奴が増えた。一番酷くて悲しいのになると。
結局、何が原因だったか解らずじまいだけど。その場、全員がしゃべるの止めちゃう程、

ヤバい事になってるなって、気配バレバレに漂ってんのに、何も告げず、何時も通り
『じゃ、ね、また!』と背中向けてから、ひょいっと片手挙げて、それっきり行方不明になった奴さえ。

(数年後、人伝に死体が上がったとニュース報道されたと聞いた)
元々、このサーカス団には団長なんぞ要らなかったんだから、

当然の、似合いの幕切れっちゃあ、そうかも知れんのだけど。
今でも、日々のヒビ割れが詩や言葉求めたがるのは、

自分の影を延ばすのを楽しむ様な生活してた頃に喧嘩別れした
数人の顔ちらつく気分の夜だったりする訳で…。あ、自分の事ばっかり書いちゃった、反省。

ともかく人間の全部が善くも悪くも出てる傑作!!喧嘩屋ベクビー、ドジばっかのスパッド。
そしてレントンの決断。役者も最高だし、音楽もイギー・ポップにブラー、

ルー・リードなどゴキゲンな面々♪。絲山秋子さんの小説や、
西原理恵子さんのマンガに通ずる物がありますよ。

未見の方は是非!!ちなみに、俺これ観て『生きてても良いんだ!』と思えました。
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。