スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【膝のうえのともだち】 町田康

膝のうえのともだち膝のうえのともだち
(2010/03/26)
町田 康

商品詳細を見る


タイトルの素晴らしさに惹かれて手に取った本。沢山の猫写真に、
随所に散りばめられた猫随筆、更に贅沢にも書き下ろし猫小説まで盛り込まれた、

猫好きにとって堪らない内容の一冊になっております。登場してくる町田家の猫は合計で十三匹。
それぞれの猫たちが実に猫らしく洗面所で寛いでいたり、セミの脱け殻を玩んだり、

同居人町田さんのレコーディングしている傍らにジーッと寄り添っていたりで、
町田さんの言葉を借りるならば、『そこはやはり猫は猫らしく横着にしていて貰いたいものである。』

通りの有り様である。かと思えば猫は超然としていて、
『自分ら人間のくだらない見栄や煩悩がいかに無意味かということを身を以て教えてくれる。』

と教師の様な役目も果たしてくれるのである。まぁ、なんにしろ猫は偉大だなぁ、
そんな風な思いで猫と暮らして町田さん夫妻の猫写真からは、同じく猫さん達と暮らす者として、

大いに学ばせてもらう所がありました。特にラストとして添えられた言葉
『一緒に生きたことを記憶のなかで美化するのではなく、すべてのことをなまなまと覚えていたいから。』

は、強く胸に響いて来ました。書き下ろし小説の『ココア』この作品からも
猫文学者・町田康さんならではの世界観が感じられます。猫と人間の主従関係の在り方に疑問を呈し尚、

猫と人間に平らかで新たな地平はないかと踏み込んで考える、
そんな作家としての器の大きさと、限りない博愛精神に触れて興奮しました。

是非あなたも体感されてほしい、そんな魅力が詰まったオススメの一冊です!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【東京飄然】 町田康

東京飄然 (中公文庫)東京飄然 (中公文庫)
(2009/11/24)
町田 康

商品詳細を見る


タイトルの【東京飄然】と第一行目の『旅に出たくなった。』って言葉から
もう、堪らなく可笑しな世界が展開されるであろう予感が押し寄せて来る。

直接、誰に言われた訳でもないのに、歌手の友部正人の歌の文句にある
『どうして旅に出なかったんだ?坊や』なる部分を、町田氏の耳は

『どうして旅に出なかったんだ?おっさん』と翻訳して煩悶する。
『出なかった?なにをいう。過去形で語るな。俺はまだ旅に出ないと決めたわけではない。

これからだって出ることができる。』おぉ!威勢が良いぞ!!と次を読む、
と先ほどまでの威勢は何処へやら…『ただ問題があるとすれば、旅に出ている間、

仕事はできないわけで、そうすると収入というものがなくなる。
そうすると家賃や水道代が払えなくなってしまうという点である。』

既に思考が分裂気味になっている。徹底的に現実主義的な面を持った夢想家が町田康なのだと思うのだが、
氏が真剣に悩めば悩む程。現実は頓珍漢な方向に動き出す。すこぶる奇妙で笑ってしまう。

最終的に町田氏は、仕事のない午後いっぱい、旅をしてまあ夕方、遅くとも夜には家に帰ってくる。
『つまり激烈に短い旅という寸法である。』方式での旅に出ることを選択する。

(年若の友人からは、“それってでも旅じゃなくて散歩っていうんじゃないですか"、
そう揶揄されつつだが。)出発してからも、ひょ。というところがいかにも飄然旅行でいい。

『ひょ。これが僕の人生の主題だ。』とまで宣う。町田さんでなければ感じ得ないであろう、
旅の風情。だが、しかし足の向くまま、飄然と行き先を決めると

『どこが飄然だ。ぜんぜんだめじゃないか!』臍を曲げるより他ない地へと降り立ったりもするのだ。
笑っちゃいけないが、飄然と旅をゆく、町田氏の思考、言動のパターンがたまらなく可笑しいのだ。

例えば公園の石に刀で斬りつけたような筋があったら、
その石にまつわる仇討ちのエピソードを実に適当に拵えたりしちゃうし。

そうかと思えば、私ひとりで旅に出たのがよろしくなかったのかなと思い、
旅は道連れ世は情けと、前述の年下の友人慶西君を飄然旅行の友として選出するし。

(適当に入った蕎麦屋の般若面のエピソード。思い切り『んなことあるかい!』と突っ込んでくださいね。)
この二人旅は、内田百鬼圓先生と、弟子のヒマラヤ山系氏の阿房列車シリーズを彷彿とさせる旅です。

二人の旅の最後、慶西君が行方を消す辺りにも飄然を感じられて良いです。飄然の旅は続く。
しかも串カツに満足にありつく為への旅だったりする。日曜日の新橋へ。

休日と言うことで、大体の店のシャッターは下りている。そんな中に、
町田氏は『立喰そば ポンヌッフ』なる店名を見つけてしまい、更に悶々としたりするのだ。

結局、新橋にはお目当ての串カツ店は見つからず、銀ぶらの最中ようやく一件の店に辿り着く。
ここでも炸裂する必殺脳内妄想、町田節。腹を抱え笑い続けてしまった。

妄想や執着に踊らされる自らを恥じ、高踏な精神こそを求めて芸術に答えを見出だそうと
上野の街に繰り出して行く町田氏。だが、ここでも飄然者の精神が絵画芸術に潜む欺瞞を暴き出し、

二度、三度、真の飄然者について思いを巡らす事になるのだ。結局、帰宅してから、
遂にとでも言うべきか町田氏に一番馴染みの深い芸術、音楽、それも、ロック音楽に回帰するのである。

さぁ果して東京飄然の旅は高円寺の街でどのように帰結していくのだろうか?
町田康氏にしか描けない風景や想念が独特の日本語のリズムの中に踊ります。貴方も飄然と旅に出ませんか?

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【浄土】 町田康

浄土 (講談社文庫)浄土 (講談社文庫)
(2008/06/13)
町田 康

商品詳細を見る


町田康を読む。徹底的に考える人、身も蓋もない程、自分自身や、
周囲のありとあらゆる物について思いを巡らせ、結果、剥き出しの己について、

行く所まで行ってしまっている人。パンクが、破壊と破滅とを体現する表現方法とだとするなら、
この町田康さんほど、パンク的な書きっぷりを万人に晒す人は他にいないのではないかと思う。

表題からすると浄土の前に付くのは、『極楽』が来る筈で、作風もハッピーな物になるかと思われる、
がそう簡単に筆を運ばせない所が、町田康の、町田康たる所以でないだろうか!?。

浄土へと辿り着くまでの浮き世での紆余曲折を洒落と皮肉を程よく織り混ぜて
極上の作品へと昇華させて見せてくれる。収録されている作品は短編が七つ。

いずれも優劣着け難い品質だ。一つずつ、内容を紹介して行きたいと思う。
夏以来、ひどいことばかりがうち続いている作家の私が、神秘的な能力を持った僧侶ジョワンナ先生の所を

訪問するまでの一部始終を書いた『犬死』。町会費を滞納させたが為に、
寄ってたかってどぶさらえを押し付けられ、挙げ句の果てとして。

『ビバ!カッパ!』咲けばずには居れなくなった男の顛末『どぶさらえ』。
裏通りにて私が遭遇したのは『俺は凄い俺は凄い』繰り返す男。と、男を讃え踊り狂う女二人。

男は私に尋ねる『エケメという店を知らないか?』と。シュール過ぎる状況が加速していく『あぱぱ踊り』。
この世のいずこかに存在するらしいのは『本音街』。本音ばかり飛び交う世界の何と奇妙で冗談めいたことよ!

落語の中に暮らしている様な愉快さを感じるなぁ。中野区に突如出現した怪鳥、名前をギャオス。
この厄介かつ珍妙な鳥が巻き起こす騒ぎのせいで日本は…。奇想天外な筋書きが驚きの連続『ギャオスの話』。

一声発する度新たな物質を産み落とす力を持っている古代の神様と、気に入られた天皇のドタバタ劇を描いた
『一言主の神』。意外と天地創造って、笑いの要素があるんだなぁ、うん。

そして最後の七作品目、巻末にデン!と収められているのが、これはもう町田康の町田康である所以、
不条理過ぎる世界に、涙ながらに笑う外ない人間心理の内側暴き、これぞ町田節と言える『自分の群像』である。

飛び切りのボンクラ社員、玉出温夫が持つ不条理極まりない自分本位に分裂した精神を、
これでもか!と言う位に細密に描き出す筆が冴えに冴えまくる。以上で七つの作品全てに言及して来た訳だが、

この七という作品数にも『浄土』へ近付く為のヒントが、刺激的にブラックな比喩と共にまぶされている気がする。
本当に言葉一つが決めゼリフばかりだから読書中心地好く、

文章のリズムに酔える、至極の一冊と呼ぶに相応しいでしょう!。自信を持ってオススメ致します。

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

【人生を歩け!】 町田康 いしいしんじ ~ユルさ。時として、鋭さ~

人生を歩け!人生を歩け!
(2006/03/15)
町田 康いしい しんじ

商品詳細を見る


前作【人生を救え】に続く第2段散歩対談。基本的に2人ともに、ユル~くボケていて、
ボケの輪唱の様に冗長な世界が展開される。そして2人はともに、抜群の観察眼の持ち主だから、

ツッコミ所とみるや、間髪を入れず的確に鋭いツッコミで物事に切り込みを入れていく。
まるで居合い抜きの達人同士が悠然と散歩を楽しんでいる、そんな風情さえ感じられる本なのである。

何気ない会話のやり取りが、いつしか、互いの文学の持つ語り口調に変わっていくのが、
読んでいて抜群に面白い。例えばいしいさん。トイレットペーパーの事を

『ケツ拭き紙』とか『しり拭き紙』等と言っては町田さんに
『わざわざそんなむずかしい言い方せんでも。ははは』と苦笑されている始末だし。

町田さんにしてもぼそぼそと上京後、最初に暮らした街、成増のトーンについて、
『ようするに山なんです』と語り、いしいさんも『うーん、なるほどね。』的な相槌を打っている。

たまらない2人の絶妙の呼吸と間合い、他のどの組み合わせでも、中々こうはならなかったろうと思うと、
ついつい、口許から笑いが漏れる。街の他愛ない悪戯のラクガキすらも2人の舌鋒にかかると

『俺はこの街に傷を残したい!ははは。そんなら穴掘っておけって』ボロッカス、
見事なまでに糞味噌に言われてしまっている。文学を操る猛獣使いは自身もやはり猛獣だった。

定住しても決して一つ所に収まらないタイプのヤバい人間だけが持ち得る毒性と野性味を街に振り撒いて歩く。
だから、と言う訳でもなかろうに、町田さんが昔住んでいたはずのアパートがあった場所が、

まさに取り壊しの真っ最中だったのには爆笑してしまいました。強い引きを持ってる人生を、
グイグイ歩きのめして来たんだろうなぁ町田さんは、と。そうじゃなきゃ、二十年ぶりにを訪れてみたら、

前に住んでた家が削られてる現場に辿り着きゃしないだろうし。成増での暮らしに、
人格が変わるくらい、シリアスな違和感を感じていたと当時を述懐する町田さん。生活費というよりも、

その場、その場を生き抜く為に、時速二十キロしか出ないスーパーカブに跨がって、
浦和の部品工場まで出掛けていき、延々気が狂いそうになる作業に従事してたという話。

嫌々だったんだけど、アパートの住人との原始的ワーク・シェアリングの法則が成り立っていた為に
自分だけサボる訳にも行かなかったって点に生々しい町田康イズムを感じました。

いしいさんもいしいさんで、高一の頃、古本屋の棚をぐしゃぐしゃにして
店主のおっさんにぶん殴られたゲンコツの、その痛みによって普通の本屋と古本屋のちがいを

思い知ったという辺りにいしいさんならでは、な人生の一捻りを感じます。図書館と2人の関係にしても、
両者とも図書館に対し、妙なフィルター越しに眺めている物だから、実際に利用をし始めたのが、

大人になって上京した後なのだそうです!読書家の雰囲気を漂わせている作家なだけに、
ちょっと意外な気がしました。2人の街歩きは続きます。上石神井の居酒屋にて自動改札機は

スムーズに流れていくものだと信じている自分の愚かさを例に、人生の至るところにある、
信じることの愚かさについて熱く議論しあう2人に、赤々とした血の流れる、

生の文学の息遣いを感じました。いしいさんが現在住んでいる三崎の漁港では魚介類についての話題から、
『大阪の人はタコを多食するから、どうしても、自分の存在意義がタコと結びつきがちになる。』

大阪人の実存について真剣に語っている所に強烈に惹かれました。2人の作家が歩き下ろし、
語り下ろした『人生観』に耳を傾けて下さい。きっとあなたの生きる世界に大きな変化をもたらす事でしょう!!

◎過去書評にも気軽にコメント下さいませ。一冊の本について話が交わせる事を嬉しく思います◎

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ読んで気に入って下さったら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

【SNS 本カフェについて】親愛なる皆様へ
「本カフェ」は、本好きさんが集まるSNS読了本、お譲りします!もOPEN!!!
↑ご希望の方は『新規登録』をクリックし会員登録を行なって下さい。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

町田康 【猫にかまけて】

筆者・町田康=マチダさんと、同居している猫たちとの日常。

元々が徹底的に物事を観察しまくるマチダさん。日毎に、ずぶずぶ猫に【かまけて行く様子】を
時にユーモラスに、時にシリアスに描き切っている。町田流【猫学】とすら言える位に。

猫と人間との違いを、見詰め、愛し、受け止め。猫から様々な生き方を学び取る真摯な姿勢。
そして、「(出来ることなら)猫を1人、2人と呼びたい」。が、反論もあるだろうからと、
「1頭、2頭と呼ぶことにしよう」とする辺りからは、流石パンク侍。の心意気が感じられた!

猫好きであろうと、なかろうと、生き物としての猫を知ろうと思う全てのヒトに、
先ずは1度読んで貰いたい名作。

個人的には、ウチの4頭の猫さんたちへの愛情を再確認させてもらったです。


猫にかまけて猫にかまけて
(2004/11/16)
町田 康

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

【夫婦茶碗】 町田康

度を越して逝き過ぎる。つまりは過度の人間。「わたし」。
落伍者にならぬよう転げ堕ちる速度を遅らせようとするのだけれど・・・。

どうしても落語的になっちゃう訳で。読んでいて、何度も。

立川談志師匠の
「落語ってのはぁ、人間の、どうしようもない業の肯定なんだよ!」って考え方を思ったのです。

作者・町田康を、元パンク歌手。と、書いてる記事を目にするけれども。そもそも、PUNKBLUES
と言うのは【ある種】の精神状態を抱えたまま【生きていかざるを得ない】人間のコトを指す単語、
なのだ。

従って。パンクは、死ぬまでパンクなのである。音楽だけに限定されるような狭い物ではない。

表面だって鳴らしていようが居まいが、喧嘩の後ダンマリ決め込んでいようが。彼らの頭の中では
常にBEATが鳴っているし、【存在自体】が沸いているのだ!!!

行間から。溢れている、零れて来る。言葉。こちらへ。侵入し、浸蝕して来る!!!

一度。身に刻んだ思考パターンを、人間そんなに簡単に打ち捨てられるもんじゃぁない!!!

そう思わない???


オススメします。



夫婦茶碗 (新潮文庫)夫婦茶碗 (新潮文庫)
(2001/04)
町田 康

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。