スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西原理恵子先生のトークショー&サイン会に行ってきました!

西原先生、鴨ちゃんを描く

昨日、18日の土曜日。行ってきました、西原理恵子せんせいのトークショー&サイン会!!

ずっとずっと長い間、実際に生でお会いしたかった憧れのサイバラさんは、
とっても優しく柔らかな笑顔を浮かべた自然体な物腰がチャーミングかつパワフルな人でした。

開始時間を15分ほど過ぎた頃、慌てた様子で登場。第一声が
『すいません、豚骨ラーメン食べたくて一蘭(博多の有名店)に行ってました…。』

会場大爆笑!!さすがです、母さん。

トークショーの内容も、僕たちから寄せられた質問に丁寧に答えてくれ、
『税務署との攻防は過去5年分の追徴金が、40万で決着したので喜んで払いました!!』とか

『肌がツヤツヤしてるのは、高須クリニックの教えに従い、化粧品などは使ってないからです。
だって、ある程度太ってる人の方が自然に肌ピカピカになるでしょ!?って高須先生言ってるし』

とか。サービス精神旺盛で。そんな中で、やっぱりジーンと来たのは鴨ちゃんについての話。

『真っ先に見せてくれた詩が、よくもまぁ!って思えるほどに陳腐な言葉ばかりで
書かれてたんで、徹底的にダメ出しちゃったら、それからは見せてくれなくなった…。

でも、戦場カメラマンの唄。

自分の言葉を探してたんだな、やっぱり彼の人生はロックンロールだったんだな!って。
この次の人生も、鴨ちゃんと結婚するだろうって思うし。再度アル中にさせちゃうだろうけど、

今回の人生のノウハウを活かして、 少しは早く快復するのに協力出来ると思うんです…。
それから、幸せに暮らします!!』

鴨ちゃんへの深い愛と絆を感じ、言葉の一つ、一つが胸に響きました。

サイン会でも、西原せんせいは優しく、子ども達が待ちくたびれれて愚図り出したりしないよう、
まず家族連れのお客さんへのサインから始められてました。子どもやお母さん。

1人、1人と話をしながら、リクエストされたらアンパンマンでもピカチュウでも描いてました。

(途中『プ、プリキュアかぁ…。次までに描けるようになりますね!』って、
やり取りにはプロ意識の高さと真心を感じました。)そして、遂に、自分たちの順番です。

ジーナが『現在、病気療養中(バセドウ氏病)なんですけど、西原せんせいとお会いしたくて、
気力を出して来ました!!』と伝えた所、おもむろに描き出してくれたのが、

なんと!!この日初めてとなる鴨ちゃんのイラスト!!感動の余り泣き出したジーナ。

すると西原せんせいの方から立ち上がって、すっと両手を差し出され、握手会でもないのに!!
ジーナの手を包み込む感じの握手をして下さったのです。その時耳元で

『まぁまぁ、これからもぼちぼちと元気にやって行って下さいね。』エールまで贈ってくれたとの事。
夫婦ともに大感激したのでした、西原理恵子せんせい本当にありがとうございました。

これからも精一杯応援させて頂こうと思います!!。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ジーナ一言!!

本当に、本当に優しい笑顔で私に向き合ってサインを書いて下さった西原先生。
お会いしただけで、ぼぉっとしてしまい、人徳のある方だなぁと思いました。

鴨ちゃんが『お家大好き』になるわけが分かりました。
あんなに素敵な女性のいる家に帰りたくない男の方がいるだろうか??

個人的な体験のコリまでもをほぐしてくれた先生の笑顔は私にとってのマリア様になりました。
先生になれるなんて思わないけれど、私も女、磨きます!!終始、鴨ちゃんを立てる姿は立派で。

私に描いてくださった鴨ちゃんは『お~い。どうよ』と言ってくれています。
天国から私のことも見てくれているのかな?なんて素敵な想像をプレゼントして下さいました。

本当に、本当に、素晴らしい方でした。大好きです。

【鴨志田穣・西原理恵子ラストコラボレーション・戦場カメラマンの唄】

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 本ブログへ 
読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。
スポンサーサイト

テーマ : 日々の想い・思い
ジャンル : 小説・文学

西原理恵子の初期の傑作【はれた日は学校をやすんで】西原理恵子

最近では毎日かあさんでお馴染みのサイバラさんが、小・中学生の日常を描いた
初期の短編等を集めた作品集。で、大傑作。

サイバラさんの漫画は正直だ。身も蓋もない程。そのマンマ。
表現の規制もへったくれもなく、ガキ、とか、バカ。ジジイって単語なんかがバンバン登場する。

なのに読んでいて不快にならず、堪らなく胸に沁みて来るのはきっと。

この怪物漫画家が、それこそガキの頃から。ずーっと経験した事や、その時体感した思い、丸ごと。
を現在に至るまで 、これっぽっちも欠けることなく、変わることなく持ち続けてるからなんだと思う。

サイバラさんの漫画からは書いてる内容への覚悟や凄みが、面白さや優しさと、
同じ配分で伝わって来る。真っ正面から。

何度も唸らされる箇所があった。幾度となく、「そうそう!こんなだった、こんなだったガキの頃!!」
とジーンと震えが来た。
(「ようじがあるからあそべん!」「そしたらようじのあとはだめ?・・・まつよぼく」とか。)

夏休みの、この時期だからこそ読んで欲しい一冊。


はれた日は学校をやすんで (双葉文庫)はれた日は学校をやすんで (双葉文庫)
(2006/03)
西原 理恵子

商品詳細を見る

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 読んで気に入って頂けたら応援宜しくお願い致します!励みにして書き続けます。

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

NHK教育TV福祉ネットワーク「この人と福祉を語ろう 西原理恵子さん」を観て。

「子供を傷つけずにすんだ 人として死ねるのが嬉しい」
こう言って漫画家・西原理恵子さんの夫・鴨志田穣さんは亡くなった。

この言葉を聞くだけで涙が出る。そこには壮絶さと辛さが詰まっていると思うから。

アルコール依存症が病気であるとは知らずに彼を「怠け者!嘘つき!」と責め続けたと
告白する西原さんはどれだけ立派な人なのだろうと心底泣けました。

誰だってそんな社会的弱者をいじめると言った恥ずかしい経験を話したくない。
私だったら出来ない。

どこまで正直に生きれば神様は許してくれるのだろうそんな気持ちを持って
西原さんは話しているようだった。

アルコール依存症だけではなくDV・精神障害これを彼女は「家族だから受け入れる」
「家族だから離さないでいるのでしょう?」と問い掛ける。

また、病気が発症していると分からないことの方が多い。
そして、そういう家族を抱えていると人は「なんで別れないの?」「やめなよ!」と平気で言うという。

確かに彼の病気は離婚をキッカケとして変わったが、
私達は家族であるために日々「こらえている」でしょうとも話してくださる。

だから、私も「なんでやめないの?」とはこれから自分にも人にも二度と言うまいと思った。
みんな必死なのだ。病気じゃなくてもみんなこらえてるのだ。

西原さん、本当にありがとうございます。

私も自分の精神病やバセドウ氏病にしっかり立ち向かおう、そう思った夜でした。


毎日かあさん4 出戻り編毎日かあさん4 出戻り編
(2007/07/20)
西原理恵子

商品詳細を見る

テーマ : 日々の想い・思い
ジャンル : 小説・文学

【パーマネント野ばら】 西原理恵子

30歳を手前にした私は、西原さんが言うように楽になれるのか心配だった。

「早く、こっちにおいでよ」と言う作品の中のおばちゃんにものすごく優しさを感じ
そして、本当に歳を重ねることは大丈夫なような気がした。

おばちゃんたちの、下世話で生活にあふれていてダメな男にめっぽう弱いのにパワフル。
その全てに「それでいいんだよ」と言ってもらえたような気がして、おいおい泣いてしまいました。

嘘つきの女の子をなんで責めてしまったのか、悩む作者の人間愛の深さにも感動してしまいます。

縁起でもないことかもしれないけれど、私が死んだ時には、一緒に棺おけに入れてもらいたい。
私にとってピタッと寄り添ってくれて心から離れない磁石のような作品です。

西原さん、あなたのお陰で救われました。ありがとうございます。



パーマネント野ばらパーマネント野ばら
(2006/09/28)
西原 理恵子

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。