スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フウガ日記 【HEART GRAFFITIについて 現在思っていること】

1月の末に、ブログランキングを止めて、ふた月と少しの間、ブログライターを始めたり、
テンプレートを変えたり、と何やかや慌ただしく動いた当ブログ【HEART GRAFFITI】

その間、わたくしフウガはと言いますと、季節変わりの溝にハマりこんでは鬱ら鬱ら、
皆様との交流処か、自らの日記UPさえ四苦八苦シャッター半壊開店休業状態で御座いました。
(その間タフに動き回ってはブログを運営していたジーナには全く頭が上がりません、ハイ・・・。)

正直、ランキングを止めてからの、アレヤコレやのショックは想像以上に心身に堪えていたようです。
数少ない趣味の1つ。読書。その中の印象に残った本からオススメのみを選びレビューを発表する。

ただそれだけ。単純明快に楽しいはずの作業が、ある日突然ちっとも楽しくなくなってしまった。
気が付くとランキングの順位を気にしてばかり、この作家の作品を取り上げれば文句なしだろう。

ん~。詰まんないわけだ!最初はワクワクする時間をくれた本への感謝を込めて紹介していたのが、
作品に対する敬意も愛情もない、やっつけ仕事に変わっちゃんだから!新鮮さガタ落ちは当然だ。

オススメするなら、全力でオススメしなきゃ、嘘だよなぁ。『好きなもんくらい伝わるようにしないと。】
詩人にせよ何にせよ自分で肩書きを名乗りさえすれば、ある程度OKな世界ってのが確かにあって。

だからこそ自分は、一介のアマチュアの書いた批評と言う逃げ口上も打ちたくないし、プロの仕事に
一々難癖付けて自己陶酔する気はサラサラない。自分がそこまでの読み手とも思えないから。

これまで、数人の方から、『嫌いな作家さん立ったり、嫌いな作品については書かないんですか?』
質問された時は、答えが定まっていない時期でしっかりと返答することができませんでしたが。

自分にも苦手なジャンルの小説や、何作品か読んだけれど相性の悪かった作家さん、
等も確かに存在します。が、わざわざネット上に書く位なら、次の面白い1冊を探したいのです。

今回の日記で返答とさせて頂きます。今後寄せられるであろう同様の質問に付いても同じです。
これはあくまでも僕フウガ個人の私見で、元々本の読み方は十人十色。違いが無い方が変だから。

本についての文章だけでかなりの長さになってしまいました・・・。え~っと、だから。
初心に戻ろうと強く思ったわけです、ブログを始めた頃のジャンル関係なしのドキドキする気持ちに。

ランキングを始めた結果、『本とイラスト』メインのブログと思われる時が増えましたが、
映画も音楽も好きだし、日がな1日猫さんたちとベランダで日向ぼっこしてたら日が暮れていた。

なんて風な時を過ごしたりもするジーナフウガの2人です。『つれづれ』な日々を楽しんで、
五感や第六感を総動員させて記事を書き、面白不思議なコンテンツ(出し物)を店頭に!

これを目指します。でも体も心も貧弱なので、時々怠けたりズル休みもモチロンありです。
ブログの人付き合いの合間に、『あ!あの店ご無沙汰だな!?まったりしに行くか☆』

なぁんて、時々思い出してね。そうなったらうれしい、しあわせ♪ 読んでくれてありがとう!!

                                                       フウガ拝


スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

≪エッセイ≫ これでいいのだ。を読んで

ちいさい頃にテレビで赤塚不二夫先生の存在を初めて目にした時の衝撃は忘れられない。
『これでいいのだ。』バカボン・パパの格好で満面の笑み言い放つオヂサン。

アニメの世界から本物が飛び出て来たんだと思った…。それ程ビックリした。
当たり前だがパパではなく原作者だそうだ。

『ズルイなぁ、この人大人のくせに好き放題!でも、カッコいいよなぁ!なんだか…。』
きちんとしてない大人、ダメな感じ丸出しの風体、なのに凄そう。

ふざけてじゃなく本気でバカバカしい自分を楽しんでるようにしか見えない…。しびれた!。
以来、ドラえもんが流行りクラスメートの尊敬が、藤子不二雄先生に注がれた時も。

表面上は藤子派を演じ、内心で1番に憧れていたのは。コロコロ・コミックなのに!
平気で酔っぱらいヘベレケ顔のまま愛猫菊千代を撫でてる写真掲載させてる、赤塚不二夫先生だった。

三つ子の魂、でもないが、齢重ねた現在も自分の内には、
『これでいいのだ。』の精神が根付いている風に感じられる。

では、余りにも有名な言葉『これでいいのだ。』とは、いったい何か?。
この謎を読み解く鍵が、生前最後の対談集で語られている。是非触れて震えて頂きたい!!

(「これでいいのだ。」のレビューは下に↓ございます)

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

SNS「本カフェ」参加中!

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 小説ブログ エッセイスト志望へ

プロフィール

花房雨

Author:花房雨
藤長聖子です。

皆様、お友達になって下さいね。お声かけてくれたら嬉しいです。
初めてこのブログを読まれる方は、こちらから読まれてくださいね。

【ラブ&シェアについて】親愛なる皆様へ

【藤長聖子のプロフィール】

≪O型・おひつじ座≫≪1979・3・26生まれ≫≪持病・バセドウ氏病≫

≪好きな人たち↓≫

作家:よしもとばなな・吉本隆明・田口ランディ・西原理恵子・角田光代・山崎ナオコーラ 音楽:THE BLUE HEARTS・大貫妙子・松任谷由実・池田綾子・S.E.N.S 画家:デナリ・ダリ・シャガール・バスキア 映画:アマデウス・サイダーハウス・ルール・ハリーとトント・めがね・ビリー・ワイルダー 落語:立川談春

福岡県在住・紅茶と猫と読書・イラスト描くこと・文章・詩を書くのが好きです☆

◎このブログ・私たちは著作権を放棄しておりません◎

イラスト等を使用されたい場合はメールにてご連絡下さいませ♪

love_heartgraffiti★yahoo.co.jp ★を@に変えてご連絡下さい。

※あきらかに当ブログと関係のないと思われるコメント・TBや『これはひどいなぁ』と行き過ぎを感じさせるコメント・TBは削除させて頂く場合があります。ご了承下さいませ。

メールお待ちしています☆

名前:
メール:
件名:
本文:

HEARTGRAFFITIのすべて

ご訪問ありがとう!

☆検索☆

ジーナフウガの一冊入魂レビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。